川本皓嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川本 皓嗣(かわもと こうじ、1939年10月28日 - )は、日本の比較文学者。東京大学大手前大学名誉教授日本学士院会員。前大手前大学学長。元日本比較文学会会長。博士学術)(東京大学、1992年)。

略歴[編集]

大阪府大阪市生まれ。大阪府立住吉高等学校卒、東大教養学科フランス科卒業、イギリス科に学士入学し、1965年中退、同大学院比較文学比較文化専攻進学、博士課程中退、パリ大学に留学、のちトロント大学客員教授、インディアナ大学高等研究所フェロー。1971年東大教養学部フランス語助手、1973年同英語科講師、1977年助教授、のち教授。1992年博士論文『日本詩歌の伝統』で小泉八雲賞サントリー学芸賞受賞。1994年比較文学比較文化専攻主任、99年より日本比較文学会および国際比較文学会会長、2000年東大を定年退官し帝塚山学院大学国際文化学部教授、のち大手前大学副学長を経て、学長。2009年学士院会員。2012年学長を退任。2013年秋、瑞宝重光章受勲。2014年9月、『俳句-十七字の世界-』のMOOC 提供。

フランスアメリカの詩の研究に始まり、日本の詩歌について研究し、七五調や俳句の構成についての説がある。

著書[編集]

  • 『日本詩歌の伝統』岩波書店 1991 (英訳 "The Poetics of Japanese Verse - Imagery, Structure, Meter", University of Tokyo Press, 2000)
  • 『アメリカの詩を読む』岩波書店・セミナーブックス 1998

共編著[編集]

  • 『ジュニア エヴリデイ英和辞典』上田明子,隈部直光,メアリ・アルトハウス共編 中教出版、1993 
  • 『歌と詩の系譜』(叢書比較文学比較文化 5) 中央公論社 1994
  • 『美女の図像学』思文閣出版 1994
  • 『文学の方法』小林康夫共編 東京大学出版会 1996
  • 『翻訳の方法』井上健共編 東京大学出版会 1997
  • 『近代日本における外国文学の受容』山内久明共編 放送大学教育振興会 2003
  • 『力か対話か 異文化交流は「文明の衝突」を防ぎ得るか』中央公論事業出版 2004
  • 『ヴィクトリア朝英国と東アジア』松村昌家共編 思文閣出版 2006
  • 『阪神文化論』松村昌家共編 思文閣出版、2008 
  • 『一九二〇年代東アジアの文化交流 大手前大学比較文化研究叢書』上垣外憲一共編 思文閣出版 2011
  • 『比較詩学と文化の翻訳』上垣外憲一共編 思文閣出版、2012 

翻訳[編集]

関連項目[編集]

参考[編集]

  • 駒場1991