ボストン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボストン大学
Marsh Chapel
Marsh Chapel
大学設置 1839年
創立 1839年(1869年)
学校種別 私立
本部所在地 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン
キャンパス

Charles River

Medical
ウェブサイト ボストン大学公式サイト
テンプレートを表示

ボストン大学英語: Boston University)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンに本部を置く米国私立大学である。1839年に設置された。

Boston University wordmark.svg

全米で4番目の規模を誇り、古くから有色人種、女性や留学生の受け入れを積極的に行っていることで有名。2017年の学生数は約30,000人(学部生16,239、大学院生13,954)で、世界130カ国から5,000人にも及ぶ留学生が学ぶ。学期は、セメスター制を採用している。略称はBU(ビー・ユー)。

アイザック・アシモフエリ・ヴィーゼル下村脩等のノーベル賞受賞者を含む教授陣、充実した施設、多彩なプログラム等がその人気の要因とされる。2018年の合格率は22%。[1]

どの様な世界大学ランキングでも常に100位入りする、学術都市ボストンの代表的な名門私立大学である。

キャンパス[編集]

  • 総面積:133エーカー
  • 建物:320棟
  • 教室:487室
  • 実験室:2,022室
  • 寮:10,617人収容可能
  • 図書室:23個
    • 本:280万冊
    • 定期刊行物:56,113冊
    • マイクロフィルム:470万枚

Charles River Campus[編集]

  • College of Arts & Sciences(大学)
  • Graduate School of Arts & Sciences(大学院)
  • College of Communication(大学・大学院)
  • School of Education(大学・大学院)
  • College of Engineering(大学・大学院)
  • Division of Extended Education
  • College of Fine Arts(大学・大学院)
    • School of Music
    • School of Theatre Arts
    • School of Visual Arts
  • College of General Studies
  • Sargent College of Health and Rehabilitation Sciences(大学・大学院)
  • School of Hospitality Administration(大学)
  • ボストン大学ロースクール - School of Law(大学院)
  • School of Management(大学・大学院)
  • Metropolitan College (Continuing Education)
  • School of Social Work(大学院)
  • School of Theology(大学院)
  • University Professors Program(大学・大学院)

Medical Campus[編集]

  • Goldman School of Dental Medicine(大学院)
  • School of Medicine(大学院)
  • Graduate Medical Sciences(大学院)
  • School of Public Health(大学院)

学部のバラエティー豊かさはアメリカ合衆国内の大学の中でも有数である。中でも特質なのが、University Professor's Programである。このプログラムでは自分の好きな専攻をデザインでき、その学部を卒業するためのカリキュラムもアドバイザーの教授陣と一緒に決めることができる。

11の単科大学と15の単科大学院で成り立っており、ロー・スクールメディカル・スクールデンタル・スクール等を始め、各分野で高く評価される。

世界的な英語教育の高まりを受けて、英語コミュニケーションにも力を入れている。特に、MBAへの編入を目的とした英語教育や短期英語コミュニケーションプログラムの設置がユニークである。

歴史[編集]

ボストンのメソジスト派の牧師、ラロイ・サンダーランドらによって1839年にバーモント州ニューベリーにNewbury Biblical Instituteとして設立。現在は非宗教系の組織となっているが、元々は神学校としてスタート。

1847年ニューハンプシャー州コンコルドに移動し、学校名をMethodist Biblical Instituteに改名、一般にはConcord Biblical Instituteとして知られた。

1867年にボストンへ移動し、学校名をBoston Theological Instituteに改名。

1869年5月26日にマサチューセッツ州によりチャーターされ、現在のBoston Universityに改名する。School of Theologyを除いた全学部で性別・人種・宗教に関係なく教員と学生を受け入れ始める。

1920年から1967年にかけて、Charles River Campusが建設される。大学面積は3倍になり、新たに68の建物を建設した。

組織[編集]

歴代学長
William Fairfield Warren 1873-1903
William E. Huntington 1904-1911
Lemuel H. Murlin 1911-1924
Edwin Holt Hughes 5月-9月 1923
William F. Anderson 1925-1926
Daniel L. Marsh 1926-1950
Harold C. Case 1950-1967
Arland Christ-Janer 1967-1970
Calvin B.T. Lee 1970
John Silber 1971-1996
Jon Westling 1996-2003
John Silber 2003-2004
Aram Chobanian 2004-2006
Robert A. Brown 2006 - 現在
  • 基金:19.6億ドル(2017)
  • 学費:52,816ドル(2018)

教員[編集]

  • 教員:2,585人[2]
  • 教員-生徒比率:1:10[3]

ランキング[編集]

主要世界大学ランキング[編集]

U.S.News & World Report大学ランキング[編集]

  • 世界大学ランキング: 第39位(2018年度)[8]
  • 全米大学総合ランキング:第37位(2018年度)[9]

US NEWS主要研究課程ランキング(2019)[10]

  • 工学部: 第35位(医用生体(12), 計算機(36), 電気(39), 機械(43), IE(50), 材料(58))
  • 計算機科学部: 第49位
  • 物理学部: 第37位
  • 化学部: 第59位
  • 生物学部: 第85位
  • 数学部: 第47位
  • 統計学部: 第50位
  • 経済学部: 第23位
  • 政治学部: 第56位
  • 英語学部: 第42位
  • 歴史学部: 第44位
  • 心理学部: 第39位
  • 社会学部: 第47位
  • 地球科学部: 第78位

専門大学院[編集]

  • 経営学大学院(MBA): 第42位
  • 医科大学院: 第29位(研究部門)/ 第26位(一次医療部門)
  • 法科大学院: 第22位
  • 教育学大学院: 第34位

スポーツ・サークル・伝統[編集]

スポーツ

ボストン大学は全米大学体育協会(NCAA)の最高レベルであるディビジョンIに属しており、男女のアイスホッケー、バスケットボール、クロスカントリーなどがある。中でも最も有名なのは男子アイスホッケーであり、USCHO.comが公表する2017年のシーズン前の全米ランキングは2位[11]だった。

アイスホッケー

全米大学体育協会のカンファレンスは、ホッケー・イースト・カンファレンス(Hockey East)に所属している。前述のようにボストン大学は男子アイスホッケーの強豪であり、全米選手権の優勝を5回、準優勝を6回果たしている。また、ホッケー・イースト・カンファレンスへの移籍以降、カンファレンス大会は9回の優勝、レギュラーシーズンの首位には10回輝いている。加えて、ボストン周辺にある4大学(ボストン大学、ボストンカレッジハーバード大学ノースイースタン大学)が毎年争うビーンポット大会については、1952-1953から2017-2018シーズンまでに計66回開催されており、その中でボストン大学は53回もの決勝進出を果たし、最多の30回もの優勝を果たしている。

同じボストンにあり、ホッケー・イースト・カンファレンスに所属するボストンカレッジとは1918年に初めて対戦したときからのライバル関係にあり、両校ともマサチューセッツ湾交通局(MBTA)が運営する地下鉄のグリーンライン沿いにあることから、このライバル関係はGreen Line Rivalryと呼ばれている。これまでに277回の試合を行い、ボストン大学が135勝124敗18分けでリード[12]している。

卒業生であるジョーダン・グリーンウェイは黒人初の冬季オリンピック男子アイスホッケー米国代表[13]であり、在学中に2018年平昌オリンピックに出場している。また、同一シーズンに全米大学選手権(NCAAトーナメント)、冬季オリンピック、スタンレー・カップ・プレーオフ(NHLプレーオフ)に出場した史上初めての選手にもなった[14]

男子アイスホッケーのホームアリーナは、6,150人を収容するアガニスアリーナである。

マスコット

ボストンテリアのレット(Rhett)がマスコット。誕生日は1922年12月15日。名前はスクールカラーがスカーレットなのにちなんで、名前はマーガレット・ミッチェル風と共に去りぬの主人公スカーレット・オハラに恋した登場人物レット・バトラーから来ている。

主な出身者[編集]

主な教員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://www.bu.edu/admissions/about-bu/profile/
  2. ^ https://www.bu.edu/admissions/about-bu/
  3. ^ https://www.bu.edu/admissions/about-bu/
  4. ^ https://www.timeshighereducation.com/world-university-rankings/boston-university
  5. ^ https://www.topuniversities.com/universities/boston-university
  6. ^ http://www.shanghairanking.com/World-University-Rankings/Boston-University.html
  7. ^ http://cwur.org/2017/Boston-University.php
  8. ^ https://www.usnews.com/education/best-global-universities/boston-university-164988
  9. ^ https://www.usnews.com/best-colleges/boston-university-2130
  10. ^ https://www.usnews.com/education/best-global-universities/boston-university-164988/overall-rankings
  11. ^ “2017–18 NCAA Division I men's ice hockey rankings” (英語). Wikipedia. (2018年5月14日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=2017%E2%80%9318_NCAA_Division_I_men%27s_ice_hockey_rankings&oldid=841175379. 
  12. ^ “Green Line Rivalry” (英語). Wikipedia. (2018年8月1日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Green_Line_Rivalry&oldid=853018215. 
  13. ^ “BU’s Jordan Greenway is first black player to compete on the US Olympic hockey team - The Boston Globe”. BostonGlobe.com. https://www.bostonglobe.com/metro/2018/02/14/jordan-greenway-first-black-player-compete-olympic-hockey-team/AVNzmvaahE23Vs4YpSRhsN/story.html 2018年8月29日閲覧。 
  14. ^ BU HockeyさんはInstagramを利用しています:「Never in the history of hockey has someone played in the @olympics, the @ncaaicehockey tournament and the @NHL Stanley Cup Playoffs in the…」” (日本語). Instagram. 2018年8月29日閲覧。

外部リンク[編集]