ジョイス・キャロル・オーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョイス・キャロル・オーツ
Joyce Carol Oates
JoyceCarolOates.jpg
ペンネーム ロザモンド・スミス (Rosamond Smith)
ローレン・ケリー (Lauren Kelly)
誕生 (1938-06-16) 1938年6月16日(78歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
職業 作家編集者
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 小説戯曲エッセイ
文学活動  
代表作 『生ける屍』
主な受賞歴 オー・ヘンリー賞(1967, 1973)
全米図書賞(1970)
フェミナ賞外国小説賞(2005)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョイス・キャロル・オーツ(Joyce Carol Oates, 1938年6月16日 - )は、アメリカ合衆国作家プリンストン大学教授 (Roger S. Berlind '52 Professor in the Humanities)。夫のレイモンド・スミスと共に文芸誌「オンタリオ・レビュー」を編集・発行している。

小説戯曲エッセイなど数多くの著作があり、ロザモンド・スミス (Rosamond Smith) またはローレン・ケリー (Lauren Kelly) という筆名でも数冊のミステリー小説を執筆している。近年ではノーベル文学賞候補として報道されることも多い。

経歴[編集]

ニューヨーク州ロックポートに生まれ、子供時代は母と同じワンルーム・スクールに通いながらニューヨーク郊外で過ごした。14歳のときに祖母からタイプライターをもらったことをきっかけに小説を書きはじめる。学校ではとびぬけた成績を示し、奨学金を得てシラキューズ大学に入学。19 歳のときにマドモアゼル誌主催の学生短編小説コンテストで入賞。1960年に卒業生総代としてシラキューズ大学を卒業、1961年にウィスコンシン大学から文学修士号を得る。

デトロイト大学(en:University of Detroit Mercy)で教員をしながら、1966年に最初の長編小説 With Shuddering Fall を発表。1970年に『かれら』 them全米図書賞を受賞。1978年にプリンストン大学に移る。

1996年に 『生ける屍』Zombieブラム・ストーカー賞を受賞。2001年1月にはオプラ・ウィンフリーのトークショーで We Were the Mulvaneys が推薦図書として取り上げられてベストセラーとなり、翌年にはブライス・ダナー主演でドラマ化される。2005年に The Fallsフェミナ賞を受賞。

1993年『ブラックウォーター』 black water 、1995年 What I Lived For、2001年『ブロンド』 blonde で3度ピューリッツァー賞にノミネートされた。2011年、短編 Fossil-Figures で世界幻想文学大賞を受賞。

人物[編集]

ほとんど本の無い環境で育った少女時代に『不思議の国のアリス』に出会い、深く影響されたことをしばしば語っている。また、オーツ自身によって、影響を受けた作家としてシルヴィア・プラスボブ・ディランウィリアム・フォークナーヘンリー・デイヴィッド・ソローヘンリー・ジェイムズらの名が挙げられている。ボブ・ディランに対しては1966年の短編作品「あなたはどこへ行くのどこから来たの」 Where Are You Going, Where Have You Been? を奉げている。

著作[編集]

小説[編集]

  • With Shuddering Fall (1964)
  • A Garden of Earthly Delights (1967)
  • Expensive People (1968)
  • them (1969)
  • Wonderland (1971)
  • Do With Me What You Will (1973)
  • The Assassins (1975)
  • Childwold (1976)
  • Son of the Morning (1978)
  • Cybele (1979)
  • Unholy Loves (1979)
  • Bellefleur (1980)
  • Angel of Light (1981)
  • A Bloodsmoor Romance (1982)
  • Mysteries of Winterthurn (1984)
  • Solstice (1985)
  • Marya: A Life (1986)
  • You Must Remember This (1987)
  • American Appetites (1989)
  • Because It Is Bitter, and Because It Is My Heart (1990)
  • 1996 film Foxfire (1996 film)
  • What I Lived For (1994)
  • Zombie (1995)
  • We Were the Mulvaneys (1996)
  • Man Crazy (1997)
  • My Heart Laid Bare (1998)
  • Broke Heart Blues (1999)
  • Blonde (2000)
  • Middle Age: A Romance (2001)
  • I'll Take You There (2002)
  • The Tattooed Girl (2003)
  • The Falls (2004)
  • Missing Mom (2005)
  • Black Girl / White Girl (2006)
  • The Gravedigger's Daughter (2007)
  • My Sister, My Love (2008)
  • Little Bird of Heaven (2009)
  • Mudwoman (2012)</ref>
  • Daddy Love (2013)
  • The Accursed (2013)
  • Carthage (2014)
  • The Sacrifice (2015)
  • Jack of Spades (2015)
  • The Man Without a Shadow (2016)

戯曲[編集]

  • Miracle Play (1974)
  • Three Plays (1980)
  • Tone Clusters (1990)
  • In Darkest America (1991)
  • I Stand Before You Naked (1991)
  • Twelve Plays (1991) (including Black)
  • The Perfectionist and Other Plays (1995)
  • New Plays (1998)
  • Dr. Magic: Six One Act Plays (2004)

日本語訳[編集]

  • 『オン・ボクシング』北代美和子訳、中央公論社、1988年
  • 『ブラックウォーター』中野恵津子訳、講談社、1992年
  • 『エデン郡物語―ジョイス・キャロル・オーツ初期短編選集』 中村一夫訳、文化書房博文社、1994年
  • 『フォックスファイア』井伊順彦訳、DHC、2002年
  • 『アグリーガール』神戸万知訳、理論社、2004年
  • 『生ける屍 』井伊順彦訳、扶桑社 、2004年
  • 『フリーキー・グリーンアイ』大嶌双恵訳、ソニー・マガジンズ、2005年
  • 『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』栩木玲子訳、河出書房新社、2013年
  • 『二つ、三ついいわすれたこと』神戸万知訳、岩波書店、2014年

外部リンク[編集]