ジョイス・キャロル・オーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョイス・キャロル・オーツ
Joyce Carol Oates
JoyceCarolOates.jpg
ペンネーム ロザモンド・スミス (Rosamond Smith)
ローレン・ケリー (Lauren Kelly)
誕生 1938年6月16日(78歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
職業 作家編集者
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 小説戯曲エッセイ
文学活動  
代表作 『生ける屍』
主な受賞歴 オー・ヘンリー賞(1967, 1973)
全米図書賞(1970)
フェミナ賞外国小説賞(2005)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョイス・キャロル・オーツ(Joyce Carol Oates, 1938年6月16日 - )は、アメリカ合衆国作家プリンストン大学教授 (Roger S. Berlind '52 Professor in the Humanities)。夫のレイモンド・スミスと共に文芸誌「オンタリオ・レビュー」を編集・発行している。

小説戯曲エッセイなど数多くの著作があり、ロザモンド・スミス (Rosamond Smith) またはローレン・ケリー (Lauren Kelly) という筆名でも数冊のミステリー小説を執筆している。近年ではノーベル文学賞候補として報道されることも多い。

経歴[編集]

ニューヨーク州ロックポートに生まれ、子供時代は母と同じワンルーム・スクールに通いながらニューヨーク郊外で過ごした。14歳のときに祖母からタイプライターをもらったことをきっかけに小説を書きはじめる。学校ではとびぬけた成績を示し、奨学金を得てシラキューズ大学に入学。19 歳のときにマドモアゼル誌主催の学生短編小説コンテストで入賞。1960年に卒業生総代としてシラキューズ大学を卒業、1961年にウィスコンシン大学から文学修士号を得る。

デトロイト大学(en:University of Detroit Mercy)で教員をしながら、1966年に最初の長編小説 With Shuddering Fall を発表。1970年に『かれら』 them全米図書賞を受賞。1978年にプリンストン大学に移る。

1996年に 『生ける屍』Zombieブラム・ストーカー賞を受賞。2001年1月にはオプラ・ウィンフリーのトークショーで We Were the Mulvaneys が推薦図書として取り上げられてベストセラーとなり、翌年にはブライス・ダナー主演でドラマ化される。2005年に The Fallsフェミナ賞を受賞。

1993年『ブラックウォーター』 black water 、1995年 What I Lived For、2001年『ブロンド』 blonde で3度ピューリッツァー賞にノミネートされた。2011年、短編 Fossil-Figures で世界幻想文学大賞を受賞。

人物[編集]

ほとんど本の無い環境で育った少女時代に『不思議の国のアリス』に出会い、深く影響されたことをしばしば語っている。また、オーツ自身によって、影響を受けた作家としてシルヴィア・プラスボブ・ディランウィリアム・フォークナーヘンリー・デイヴィッド・ソローヘンリー・ジェイムズらの名が挙げられている。ボブ・ディランに対しては1966年の短編作品「あなたはどこへ行くのどこから来たの」 Where Are You Going, Where Have You Been? を奉げている。

著作[編集]

小説[編集]

  • With Shuddering Fall (1964)
  • A Garden of Earthly Delights (1967)
  • Expensive People (1968)
  • them (1969)
  • Wonderland (1971)
  • Do With Me What You Will (1973)
  • The Assassins (1975)
  • Childwold (1976)
  • Son of the Morning (1978)
  • Cybele (1979)
  • Unholy Loves (1979)
  • Bellefleur (1980)
  • Angel of Light (1981)
  • A Bloodsmoor Romance (1982)
  • Mysteries of Winterthurn (1984)
  • Solstice (1985)
  • Marya: A Life (1986)
  • You Must Remember This (1987)
  • American Appetites (1989)
  • Because It Is Bitter, and Because It Is My Heart (1990)
  • 1996 film Foxfire (1996 film)
  • What I Lived For (1994)
  • Zombie (1995)
  • We Were the Mulvaneys (1996)
  • Man Crazy (1997)
  • My Heart Laid Bare (1998)
  • Broke Heart Blues (1999)
  • Blonde (2000)
  • Middle Age: A Romance (2001)
  • I'll Take You There (2002)
  • The Tattooed Girl (2003)
  • The Falls (2004)
  • Missing Mom (2005)
  • Black Girl / White Girl (2006)
  • The Gravedigger's Daughter (2007)
  • My Sister, My Love (2008)
  • Little Bird of Heaven (2009)
  • Mudwoman (2012)</ref>
  • Daddy Love (2013)
  • The Accursed (2013)
  • Carthage (2014)
  • The Sacrifice (2015)
  • Jack of Spades (2015)
  • The Man Without a Shadow (2016)

戯曲[編集]

  • Miracle Play (1974)
  • Three Plays (1980)
  • Tone Clusters (1990)
  • In Darkest America (1991)
  • I Stand Before You Naked (1991)
  • Twelve Plays (1991) (including Black)
  • The Perfectionist and Other Plays (1995)
  • New Plays (1998)
  • Dr. Magic: Six One Act Plays (2004)

日本語訳[編集]

  • 『オン・ボクシング』北代美和子訳、中央公論社、1988年
  • 『ブラックウォーター』中野恵津子訳、講談社、1992年
  • 『エデン郡物語―ジョイス・キャロル・オーツ初期短編選集』 中村一夫訳、文化書房博文社、1994年
  • 『フォックスファイア』井伊順彦訳、DHC、2002年
  • 『アグリーガール』神戸万知訳、理論社、2004年
  • 『生ける屍 』井伊順彦訳、扶桑社 、2004年
  • 『フリーキー・グリーンアイ』大嶌双恵訳、ソニー・マガジンズ、2005年
  • 『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』栩木玲子訳、河出書房新社、2013年
  • 『二つ、三ついいわすれたこと』神戸万知訳、岩波書店、2014年

外部リンク[編集]