内田庶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 庶(うちだ ちかし、1928年11月6日 - 2019年3月14日)は、日本の児童文学作家翻訳家著作権コンサルタント、実業家。日本ユニ著作権センター代表理事理事兼顧問著作権相談員。本名は宮田 昇(みやた のぼる)。1953年、明治大学文学部文学科中退。

経歴[編集]

戦後、近代文学社、南雲堂などに勤務ののち、1952年から早川書房の編集者となり、ハヤカワ・ポケット・ミステリの創刊を企画する。のち1955年に退社し、チャールズ・イー・タトル商会で翻訳エージェントとなる。1967年、独立して矢野浩三郎と「矢野著作権事務所」を興す。1970年、日本ユニ・エージェンシーと改称して社長に。1991年、日本ユニ著作権センターを設立して代表。1992年、日本ユニ・エージェンシー会長。

ペンネームの内田名義で児童向け作品の執筆、翻訳を多数行った他、本名の宮田名義で翻訳出版史の著作がある。また、みすず書房のPR誌「みすず」に22年にわたり「朱筆」という出版コラムを「出版太郎」名義で連載した[1]

妻は「S-Fマガジン」初代編集長の福島正実の妹。

福島が創設した「少年文芸作家クラブ」にも参加した。福島の没後に内田の提案により、「少年文芸作家クラブ」と岩崎書店の共催で福島正実記念SF童話賞が創設された。

2019年3月14日、病気のため神奈川県内の病院で死去。90歳没[2]

受賞歴[編集]

  • 1979年 『朱筆』(出版太郎名義)で第1回日本出版学会賞佳作
  • 1999年 『翻訳権の戦後史』(宮田昇名義)で第21回日本出版学会賞[3]
  • 2001年 第23回著作権功労賞(日本著作権協議会)
  • 2018年 『昭和の翻訳出版事件簿』(宮田昇名義)で第71回日本推理作家協会賞(評論・研究部門)[4]

著作[編集]

宮田昇名義[編集]

  • 『東は東、西は西 戦後翻訳出版の変遷』(早川書房 1968年)
  • 『翻訳出版の実務 海外著作物の利用のしかた』(出版同人 1976年)
  • 『東アジアの版権市場の実情 版権売買の将来性と問題点』(全国出版協会出版科学研究所 1993年)
  • 『新・翻訳出版事情 著作権の周辺』(日本エディタースクール出版部 1995年)
  • 『翻訳権の戦後史』(みすず書房 1999年)
  • 『戦後「翻訳」風雲録-翻訳者が神々だった時代』(本の雑誌社 2000年)
    • 新編 戦後翻訳風雲録』(みすず書房〈大人の本棚〉 2007年)
  • 学術論文のための著作権Q&A 著作権法に則った「論文作法」』(東海大学出版会 2003年)
  • 『敗戦三十三回忌 予科練の過去を歩く』(みすず書房 2011年)
  • 『図書館に通う 当世「公立無料貸本屋」事情』(みすず書房 2013年)
  • 小尾俊人の戦後 みすず書房出発の頃』(みすず書房 2016年)
  • 『出版の境界に生きる 私の歩んだ戦後と出版の七〇年史』(太田出版〈出版人・知的所有権叢書〉 2017年)
  • 『昭和の翻訳出版事件簿』(創元社 2017年)

出版太郎名義[編集]

  • 『朱筆―出版月誌 1968-1978』 (みすず書房、1979年)
  • 『朱筆 II 出版月誌 1979‐1990』(みすず書房、1990年)

内田庶名義[編集]

  • 『人類のあけぼの号』(盛光社(ジュニアSF) 1967年 のち秋元文庫)
  • 『ペンの英雄、カメラの戦士』(偕成社(少年少女世界のノンフィクション) 1968年)
  • 『宇宙飛行士ものがたり』(岩崎書店(おはなしノンフィクション) 1968年)
  • 『きえたみずうみ』(川崎書店(おはなしノンフィクション) 1968年)
  • 『宇宙人スサノオ』(岩崎書店 1969年)
  • 『幻の特攻機』(三省堂(三省堂らいぶらりいSF傑作短編集) 1977年)
  • 『ねじれた時間』文化出版局(ポケットメイツ) 1981年)
  • 『ペンギンブックスものがたり 本の世界を変えた本』(岩崎書店 1990年)
  • 『時空大明神さま』(ペップ出版 1990年)
  • 『自由と平等をもとめた人 リンカーン』(岩崎書店 1992年)
  • 『タイムトラベル さまよえる少年兵』(岩崎書店 1995年)

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/794
  2. ^ “宮田昇氏死去/元編集者”. 四国新聞社. (2019年3月25日). http://www.shikoku-np.co.jp/bl/news/national/okuyami-detail.aspx?kid=20190325000341 2019年3月25日閲覧。 
  3. ^ 出版学会賞21回(1999年)”. 日本出版学会. 2004年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月26日閲覧。
  4. ^ “日本推理作家協会賞に古処誠二さんら”. 産経ニュース (産経デジタル). (2018年4月26日). https://www.sankei.com/life/news/180426/lif1804260028-n1.html 2018年4月26日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ人物情報
  • 朝日新聞人物データベース
  • 読売人物データベース