白銀号事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白銀号事件
著者 コナン・ドイル
発表年 1892年
出典 シャーロック・ホームズの思い出
依頼者 グレゴリー警部
発生年 不明
事件 白銀号失踪事件、ジョン・ストレイカー殺人事件
テンプレートを表示

白銀号事件」(しろがねごうじけん、はくぎんごうじけん、Silver Blaze)は、イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルによる短編小説。シャーロック・ホームズシリーズの一つで、56ある短編小説のうち13番目に発表された作品である。イギリスの「ストランド・マガジン」1892年12月号、アメリカの「ハーパーズ・ウィークリー」1893年2月25日号に発表。1893年発行の第2短編集『シャーロック・ホームズの思い出』(The Memoirs of Sherlock Holmes) に収録された[1]

銀星号事件」、「名馬シルヴァー・ブレイズ」の訳題も用いられる。

あらすじ[編集]

ウェセックス・カップ(ウェセックス・プレート)の本命馬である白銀号(シルヴァーブレイズ)が突然失踪する。さらに調教師のストレイカーが死体で発見され、殺人事件として捜査が進められる。

白銀号が失踪した晩、予想屋と思われる怪しい男が白銀号の厩舎にやってきた。馬丁のハンターがその男に犬をけしかけようとするが、すでに逃げ出していなくなっていた。その夜中の1時に、調教師のストレイカーが馬の様子を見にいったまま戻らず、翌朝厩舎にストレイカーの妻が行ったところ、見張り当番のハンターが薬で眠らされており、白銀号もストレイカーもいなくなっていた。ストレイカーは厩舎から4分の1マイルほど離れた茂みの中で、頭を鈍器のようなもので殴られ、腿を刃物で切られた死体で発見された。死体の右手には血の付いた外科用のメス、左手には昨晩厩舎にやってきた男がつけていたスカーフタイを持っており、警察は殺人事件の容疑者としてスカーフタイの持ち主、フィッツロイ・シンプソンを逮捕した。

シャーロック・ホームズが調査を進め、近くの窪地に馬の足跡を見つける。ワトスンとともにその足跡を追うと、馬の足跡に並んで人間の足跡が認められ、ライバル厩舎の前まで来ていた。ホームズがそこの調教師に、彼が白銀号をどうやって隠したのかを事細かに話すと、調教師は観念し、ホームズの指示通り行動すると約束する。ストレイカー殺しについても、ホームズは真犯人と、その晩何が起こったのかを推理し、レース当日に明らかにする。

備考[編集]

  • ドイルは競馬についてあまり詳しくなかったと、後に自伝で述懐している。調教師が管理馬に傷を付けて走れなくなるようにしたなら、関係者はみな処罰されてしまうものであり、また実際にそのような批評もあったという。
  • 白銀号(シルヴァーブレイズ)は「大流星」(blaze、眉間から鼻先にかけて白い斑があること)を持つ。馬名はこの大流星に由来する。大流星は遠くから眺めても個体を識別できる目立った特徴であり、これが事件のトリックの一端を担っている。
  • 白銀号は実在の名馬アイソノミーの子孫とされ、ホームズは「偉大な先祖に劣らぬ輝かしい記録を持つ」と白銀号を評している。なお過去の版で発生した誤植のため、先祖の名が「アイソノミー」(Isonomy)ではなく「ソモミー」(Somomy、このような名前の馬は実在しない)となっている場合もある。
  • 「吠えなかった犬の推理」で有名な事件。「一見すると不自然ではないことが、状況を踏まえて考えると極めて奇妙であること」にホームズは気づき、犯人を特定した。平常時に番犬が吠えずにいるのは普通のことだが、白銀号が厩舎から連れ去られた日に犬が吠えなかったのは極めて不自然で、外部侵入者ではなく厩舎内の人間が馬を連れ出したことを示している。

脚注[編集]

  1. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、166頁