カート・シオドマク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カート・シオドマク(Curt Siodmak、1902年8月10日2000年9月2日)は、アメリカ合衆国SF作家脚本家。本名、ボーン・カート・シオドマク(Born Kurt Siodmak)。シオドマーク、シオドマックの表記もある。

経歴[編集]

ドイツドレスデンに生まれた。両親はユダヤ系。兄は映画監督ロバート・シオドマク

ナチスの迫害から逃れるためにロンドンに渡り脚本家として生計を立て、1937年にアメリカに移住した。1941年、脚本を書いた『狼男』がヒット。

日本ではSF小説『ドノヴァンの脳髄 (Donovan's Brain)』、『ハウザーの記憶 (Hauser's Memory)』の作者として知られる。

原作・脚本などを担当した映画[編集]

  • 狼男 The Wolf Man (1941) :脚本
  • 透明スパイ Invisible Agent (1942) :脚本
  • フランケンシュタインと狼男 Frankenstein Meets The Wolfman (1943):脚本
  • ブードゥリアン/生と死の間/私はゾンビと歩いた! I Walked with a Zombie (1943):脚本
  • 五本指の野獣 The Beast with 5 Fingers (1946):脚本
  • 宇宙への挑戦 Riders to the Stars (1954):脚本
  • 死神の使者 The Devil's Messenger(1961) :脚本
  • ジャングルの恋 Her Jungle Love (1938) :原案。冒険ロマンス
  • フランケンシュタインの館 House of Frankenstein (1944):原案
  • ベルリン特急 Berlin Express (1948):原案。サスペンスもの
  • ターザン魔法の泉 Tarzan's Magic Fountain (1949) :脚色。ターザンもの

翻訳された著書[編集]

ノバ爆発の恐怖 (「深淵」または「超能力部隊」、ロバート・A.ハインライン、原題 Gulf)との合本
  • ハウザーの記憶 (1968年、早川書房、ハヤカワ・SF・シリーズ) 訳:矢野徹

関連項目[編集]

  • ドウエル教授の首 Glova Professora Douelya(1925):アレクサンドル・ベリャーエフのSF小説。「ドノヴァンの脳髄」(1943)に先立つこと18年前に書かれたもの。死者の頭部のみを生命維持装置に繋いで生存させることを目論む内容の作品。こちらも1984年に映画化されている。