クリントン財団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリントン財団
正式名称 Clinton Foundation
日本語名称 クリントン財団
組織形態 財団法人(非営利)
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク
人数 2,000人(2015年)
活動領域 世界中
設立年月日 2001年
ウェブサイト https://www.clintonfoundation.org
テンプレートを表示

クリントン財団(クリントンざいだん、英語: Clinton Foundation)は、アメリカ合衆国慈善団体ビル・クリントンヒラリー・クリントンチェルシー・クリントンらクリントン一家が主宰している。

概要[編集]

ビルは2012年5月16日のニューヨーク・タイムズで寄付者のリストを公開した。この中にはスエズ・エンバイロメントもあり、求心力の高さが窺える[1]。クリントン財団はHSBCの顧客から8100万ドルを受け取ったり[2]、HSBC本体とバークレイズクレディ・スイスドイツ銀行GEキャピタルJPモルガンスタンダード・チャータード銀行UBSからも金をもらったりしている[3]。リストを調べればこの他の、R3でブロックチェーンを開発していたり、世界金融危機の後にFRBから資金注入を受けていたりするようなメガバンクが、シティグループをはじめとして相当数出てくるのである。

外国からの巨額寄付問題[編集]

クリントン財団に献金した外国政府や企業が、ヒラリーが国務長官を務めていた時期に国務省から有利な取り計らいを受けていたとの疑惑が持ち上がり問題となった[4]

ビル・クリントンは米国が2022 FIFAワールドカップの開催地をカタールと争った際に米国のW杯招致委員会名誉委員長だったが、クリントン財団がカタールのW杯主管団体から巨額の寄付金を受けていたことが判明し批判を浴びた[5]ロシア国営企業によるウラン開発会社ウラニウム・ワンの買収[6]についても財団への寄付が問題となっている。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]