クレディ・スイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレディ・スイス・グループAG
Credit Suisse Group AG
種類 Aktiengesellschaft
市場情報
NYSE CS
SWX CSGN
本社所在地 スイスの旗 スイス
チューリッヒ、パラデプラッツ8番地
北緯47度22分11.7秒 東経8度32分19.1秒 / 北緯47.369917度 東経8.538639度 / 47.369917; 8.538639
設立 1856年
業種 銀行業
事業内容 持株会社
代表者 ブレイディ・ドゥーガン
(最高経営責任者)
従業員数 約47,400人(2009年9月末日現在)
決算期 12月31日
外部リンク www.credit-suisse.com(英語)
jp.credit-suisse.com(日本語)
テンプレートを表示

クレディ・スイス銀行はスイスのチューリッヒに本社を置く銀行(ユニバーサル・バンク)。プライベート・バンキング、インベストメント・バンキング、アセット・マネジメントの3部門から成り立ち、証券・投資銀行業務、富裕層向け資産管理業務、資産運用業務などを行う。一般個人向け銀行業務はスイス国内のみ。親会社クレディ・スイス・グループAGは金融持ち株会社で、スイスとニューヨークで上場。

沿革[編集]

  • 1856年 - クレディ・スイスがチューリッヒで設立される。
  • 1932年 - ザ・ファースト・ナショナル・バンク・オブ・ボストンの子会社としてザ・ファースト・ボストン・コーポレーションを設立。
  • 1940年 - 初の国外支店をニューヨークに設置。
  • 1972年 - ファースト・ボストン東京駐在員事務所開設。
  • 1977年 - クレディ・スイス銀行東京支店を設置。
  • 1978年 - ザ・ファースト・ボストン・コーポレーションとの提携開始。
  • 1985年 - ファースト・ボストン証券会社東京支店を設置。
  • 1988年 - ザ・ファースト・ボストン・コーポレーションを買収。
  • 2000年 - ドナルドソン・ラフキン&ジェンレット(DLJ)を買収。
  • 2006年 - グループ内の銀行部門の完全統合により、新生クレディ・スイスが発足。

日本での事業[編集]

クレディ・スイスは早くから日本に参入した金融機関として知られ、戦後間もなくから国債引受業務など、機関投資家や事業法人向けの証券・投資銀行業務や、オルタナティブ投資などのアセット・マネジメント業務を行なってきた。2009年にはプライベート・バンキング事業を開始し、クレディ・スイスの三つの中核事業が日本ですべて整うこととなった。現在泉ガーデンタワーに入居している。

  • 1999年
    • 7月 - 金融庁はクレディ・スイス・ファイナンシャル・プロダクツ銀行東京支店に対し、組織的に検査を妨害したとして銀行免許取消の行政処分を行った[1]
    • 11月 - 日本債券信用銀行の不良債権飛ばしに荷担したとし、支店長が銀行法違反(検査忌避)で逮捕。
  • 2005年4月 - 金融庁はクレディ・スイス信託銀行に対し、コンプライアンス違反があったとして1ヶ月の新規信託業務停止処分を行った[2]
  • 2008年11月 - 国税局はクレディ・スイス証券職員・元職員約300人を対象に一斉税務調査を行った。税務調査対象者のほとんどにおいて、海外給与として取得した株式の税務に不備が指摘され、約100人が申告漏れとなったクレディ・スイス証券集団申告漏れ事件が起こった。その約100人のうち、ただ一人元外国債券部部長だけが、査察部強制調査後、所得税法違反で刑事告発されている。その刑事告発時の報道で、会社は「税務指導はしていた」と弁明しているが、その指導が不十分であったと疑問視する声もある。この事件は、田中周紀著「国税記者 実録マルサの世界」[3]に詳細が収録されている。
  • 2012年6月11日 - 香港上海銀行の日本国内のプライベートバンキング事業をクレディスイス銀行・証券両社で譲受した[4][5]

関連項目[編集]

  • 佐藤ゆかり - 元クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券チーフエコノミスト。

脚注[編集]

  1. ^ “クレディ・スイス・グループ等に対する行政処分に関連する検査結果について”. 金融監督庁. (1999年7月29日). http://www.fsa.go.jp/p_fsa/news/newsj/f-19990729-1-b.html 2014年2月20日閲覧。 
  2. ^ “クレディ・スイス信託銀行株式会社に対する行政処分について”. 金融庁. (2005年4月8日). http://www.fsa.go.jp/news/newsj/16/ginkou/f-20050408-1.html 2014年2月20日閲覧。 
  3. ^ 田中周紀 『国税記者 : 実録マルサの世界』 講談社、2011年ISBN 9784062174367 
  4. ^ クレディ・スイス HSBCの日本におけるプライベート・バンキング事業を買収 (PDF)”. クレディ・スイスAG (2011年12月21日). 2014年2月20日閲覧。
  5. ^ クレディ・スイス HSBCの日本におけるプライベート・バンキング事業の買収を完了 (PDF)”. クレディ・スイスAG (2012年6月11日). 2014年2月20日閲覧。

外部リンク[編集]