クリフォード・アーヴィング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリフォード・アーヴィング
Clifford Michael Irving
誕生 (1930-11-05) 1930年11月5日(86歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨークマンハッタン[1]
職業 作家[1]
公式サイト http://cliffordirving.com/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

クリフォード・マイケル・アーヴィング英語: Clifford Michael Irving1930年11月5日 - )は、アメリカ合衆国作家である[1]

経歴[編集]

ニューヨーク生まれ。1956年、作家デビュー。小説ノンフィクションテレビドラマ脚本などを執筆した[1]

1969年贋作画家エルミア・デ・ホーリー伝記を出版、1973年映画オーソン・ウェルズのフェイク』に出演している。

1970年代初頭、大富豪ハワード・ヒューズ自伝を捏造して金をだまし取ったことから、起訴され1年5か月間服役した。この詐欺事件は、2006年映画化された。

出所後作家活動を再開し[1]、多くの作品を発表している。別名ジョン・ラックレス(英語: John Luckless[2]

著作[編集]

  • 『贋作』 関口英男訳、早川書房、1970年、(原題Fake: the story of Elmyr de Hory: the greatest art forger of our time、1969年)
  • ジョン・ラックレス著『殺人よさらば』田中融二訳、集英社、1981年、(原題The Death Freak、1978年)
  • 『警部ナチ・キャンプに行く』中山善之訳、文春文庫、1986年、(原題The Angel of Zin、1983年)
  • 『トライアル』小西敦子訳、角川文庫、1992年、(原題Trial、1987年)
  • 『ザ・ホークス(上・下)―世界を騙した世紀の詐欺事件』三角和代訳、ハヤカワ文庫、2007年、(原題The hoax、1981年)

脚注[編集]

[ヘルプ]