ブラックロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラックロック
BlackRock Inc.
BlackRock wordmark.svg
種類 Public company
市場情報
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク
設立 1988年(1992年から現社名)
事業内容 資産運用業務
代表者 Laurence D. Fink(Chaiaman & CEO)
資本金 米国:$6.6 billion
日本:4億8千5百万円
売上高 125億ドル
総資産 2,200億ドル
従業員数 日本:約370名 グローバル:約8,629 名
外部リンク www.blackrock.com(英語)
www.blackrock.co.jp(日本語)
テンプレートを表示

ブラックロックBlackRock Inc.NYSEBLK)は、世界最大の、資産運用会社であり、シャドー・バンキング・システムである。2014年末、政府系基金協会(Sovereign Wealth Fund Institute)が、ブラックロックの運用下にある資産の65%は機関投資家由来であると報告した。

概要[編集]

アメリカ、ヨーロッパアジアオーストラリア中近東を含む世界24カ国にて拠点を構え11,400名超の社員を擁している(2011年現在)。ブラックロックのリーダーは2018年3月現在もローレンス・フィンクであるが、ブラックロックの創業者は主要株主の地位を世界金融危機までに交代している。世界不況と関係なくブラックロックの業績は伸び続けた。ブラックロックジャパンは2015年から会長として井澤吉幸(元三井物産代表取締役、元ゆうちょ銀行社長)が、2017年から社長として有田浩之がそれぞれ就任している。

運用資産は株式、債券、キャッシュ、オルタナティブ、不動産、アドバイザリー戦略と多岐にわたる。その運用資産総額は世界のGDP合計(75兆ドル)の約6%(4.6兆ドル、日本円で約500兆円)にのぼる(2015年時点)。独立ユニットであるブラックロック・ソリューションズ®︎を通じ、リスクマネジメント・テクノロジー(Aladdin®︎) 及びアドバイザリーを機関投資家へ提供する。2017年時点での運用資産は6.29兆ドルである。

主要株主の支配率は2007年時点で、メリルリンチバンク・オブ・アメリカの子会社)が34.1%、PNC第二合衆国銀行の後身)が24.6%、バークレイズが19.9%である。数値は2011年スイス連邦工科大学が行った調査により明らかとなった[1]。そこではオービス(Orbis)というデータバンクが保有する2007年のデータが利用された[2]。大手多国籍企業43000社を調査の対象とし、うちブラックロックをふくむ1318社が全対象企業の80%を支配していることが判明した。総体として株式の持ち合いが行われているという。スチュワードシップ・コードの実効性に大きな疑問を投げかける結果となった。

歴史[編集]

  • 1988年 ローレンス・フィンク(Laurence D. Fink)らが、ブラックストーン・グループ債券運用部門のブラックストーン・フィナンシャル・マネジメントとして設立した。創立者のうち4人がファースト・ボストン(現クレディ・スイス)出身者であった。フィンクが仕掛けたことで、不動産担保証券取引がファースト・ボストンモーゲージ部門でブームとなっていた[3]。ブラックストーン時代のフィンクは同社のパートナーとして、年金基金等の資産運用を受託していた(上述の債券運用部門)[3]

オービス2007まで[編集]

バークレイズの世界決済[編集]

  • 2009年12月 バークレイズPLCより100%子会社のバークレイズ・グローバル・インベスターズ(当時の業界1位)を現金(借入を含む)と自社株式(19.9%)の合計135億ドルにて買収した[3]。バークレイズ・グローバル・インベスターズが提供していた指数連動型上場投資信託(ETF/Exchange Traded Funds)の、全世界におけるトップブランドである「Iシェアーズ(iShares)」を、ブラックロック証券が承継した。さらに、ブラックロック・ジャパンとバークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社が経営統合した(ブラックロック・ジャパン株式会社)[6]
  • 2010年11月 バンク・オブ・アメリカによる株式売却を受け、みずほフィナンシャルグループが2%相当のブラックロック・ジャパン株式を取得した。2010年PNCもかなりの規模でブラックロック株を売却している(支配率21%に低下)[3]
  • 2011年 バンク・オブ・アメリカが、自社で保有するブラックロック株を全て売却した[3]
  • 2012年 バークレイズによる株式売却を受け、ブラックロックが自社株を買い戻したり、ブラックロックの資金を融通した者が買収したりしたが、その結果翌年にかけて、40人いたファンド・マネージャーの半分以上がリストラされた[3]
  • 2015年11月12日 ユーロクリアおよびクリアストリームと共同で20のIシェアーズを国際決済網へ移管することになった[7]。上場投資信託市場は先のリストラがなされてから世界規模で一層めざましく発展していた。

脚注[編集]

  1. ^ Stefania Vitali, James B. Glattfelder, Stefano Battiston, "The Network of Global Corporate Control", PLos one, October 26, 2011.
  2. ^ オービスの提供元は2017年5月にムーディーズが買収した(Bureau van Dijk)。
  3. ^ a b c d e f g h i j International Directory of Company Histories, Vol.159.
  4. ^ International Directory of Company Histories, Vol.79.
  5. ^ 2004年に郵便貯金簡易生命保険投資顧問会社となっている。
  6. ^ 資産運用業務を展開している他、傘下のブラックロック証券も展開している。
  7. ^ ユーロクリアがホームページ上で発表。

外部リンク[編集]