メロン財閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メロン財閥(メロンざいばつ)は、ピッツバーグに本部を置くアメリカの財閥。電力事業をJPモルガントーマス・エジソンらと独占しロックフェラーと競った。

概要[編集]

トーマス・メロン英語: Thomas Alexander Mellon)(1813年2月3日 - 1908年2月3日)が、不動産事業による利益を元に1870年に設立したメロン商会を起源とする。南北戦争後の混乱時に規模を拡大して銀行を買収し、ウェスティングハウス・エレクトリックPPGインダストリーズの金融を手がけ、リゴニア・バレー鉄道英語版の施工を監督した。

沿革[編集]

金融恐慌1907年に創立したガルフ・オイルで7割を支配し、息子のアンドリュー・メロンを社長に就ける。1909年アルコアを設立してアルミニウム業界を差配し、石油市場でロックフェラーと競い電力事業も差配する。

1931年ベスレヘム・スチールと事業交換し、株式社債の合計7000万ドルを譲受する。

1945年、トーマス・メロンの利権であったピッツバーグ石炭会社英語版がロックフェラーのコンソル・エナジー英語版に買収される。

1965年アンドリュー・カーネギーが設立したカーネギー工科大学がメロン工業研究所を吸収合併し、カーネギーメロン大学となった。

1993年、自社株式250万株と13億ドルでサンフォード・ワイルのスミス・バーニー・シェアソンからボストン・カンパニーを買収する。

1994年メロン・フィナンシャルは、1947年ジャック・ドレフュス英語版が設立して1951年ミューチュアル・ファンドを開発した、ドレフュス商会英語版と合併した。


2006年、日本の新生銀行について、主要株主であるリップルウッド系ファンドのニューLTCBパートナーズが保有する株式の大半を肩代わりし、実質的な経営権をロックフェラーと分け合った。


関連項目[編集]