CVSヘルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
企業ロゴ

CVSヘルス・コーポレーション: CVS Health Corporation)は、アメリカ合衆国ロードアイランド州ウーンソケットに本拠を置き、ドラッグストア運営と薬剤給付管理(PBM)を中心に、ヘルスケア事業を展開する株式会社ニューヨーク証券取引所上場企業(NYSECVS)。

沿革[編集]

アメリカ各地に展開するドラッグストア「CVS/ファーマシー」は、1996年までMelville Corporationにより保有されていたが、同社の事業再構築に伴い、CVS Corporationが同ドラッグストアを保有する独立の新会社として設立された[1]。翌1997年、同業のRevco, D.S., Inc.を買収し一挙に2,500以上の店舗を獲得、1998年Arbor Drugsを買収、1999年にオンライン薬局に進出、2004年Eckerd Corporationから1,268の店舗を買収、2006年に簡易クリニック運営のMinuteClinicを子会社化した[1]2007年3月、薬剤給付管理事業者のケアマーク(Caremark Rx, Inc.)との経営統合に伴い、新たにCVSケアマーク(CVS Caremark Corporation)が設立された[2]

買収による店舗の拡大はその後も続き、翌2008年Longs Drugsを買収し子会社化[3]2014年Navarro Discount Pharmacies, Inc.,を買収し子会社化[4]、また同時期に、総合ヘルスケア企業への発展を目指す意味で、CVSケアマークから現在のCVSヘルスへと社名を変更した[5]

2015年Omnicare, Inc.を買収し子会社化[6]、また同年ターゲット・コーポレーションから1,600以上の薬局およびクリニックを買収した[7]2018年に医療保険会社大手のエトナを買収した[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b Company History” (英語). CVS Health Corporation. 2019年6月2日閲覧。
  2. ^ CVS/Caremark Merger Closes” (英語). Seeking Alpha (2007年3月22日). 2019年6月2日閲覧。
  3. ^ CVS Caremark to Buy Longs for $2.9 Billion” (英語). ニューヨーク・タイムズ (2008年8月12日). 2019年6月2日閲覧。
  4. ^ Acquisition Of Navarro To Expand CVS' Hispanic Customer Base & Specialty Drugs Share” (英語). フォーブス (2014年9月16日). 2019年6月2日閲覧。
  5. ^ CVS Caremark Announces Corporate Name Change to CVS Health to Reflect Broader Health Care Commitmen” (英語). CVS Health Corporation (2014年9月3日). 2019年6月2日閲覧。
  6. ^ CVS buys Omnicare for $12.7B to expand senior care business” (英語). USA Today (2015年3月21日). 2019年6月2日閲覧。
  7. ^ Target selling its pharmacies to CVS Health for $1.9 billion” (英語). フォーチュン (2015年6月15日). 2019年6月2日閲覧。
  8. ^ 米司法省、CVSによるエトナ買収を承認-巨大ヘルスケア企業誕生へ”. ブルームバーグ (2018年10月11日). 2019年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]