中国鉄建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
China Railway Construction Corporation Limited
中国铁建股份有限公司
企業形態 公開会社
取引所 SEHK1186
SSE: 601186
業種 建設
設立 1948
1990 (持株会社)[1]
2007 (上場会社)[1]
本社 中華人民共和国北京市
事業地域 全世界
主要人物 会長: 孟鳳朝
製品 鉄道
サービス 鉄道のインフラストラクチャー
売上高 5920億人民元 (2014)[2]
営業利益 140人民元 (2014)[2]
120人民元 (2014) [2]
所有者 中国政府
従業員数 249,624 (2014) [2]
親会社 中国鉄道建築総公司 (61.3%)
子会社 中国土木工程集団英語版 (100%)
ウェブサイト China Railway Construction Corporation Ltd.
テンプレートを表示
中国鉄建
簡体字 中国铁建股份有限公司
繁体字 中國鐵建股份有限公司

中国鉄建(China Railway Construction Corporation Limited, 略称CRCC)は2014年時点で収入世界第2位の建設会社[1]。親会社は中国鉄道建築総公司(簡体字: 中国铁道建筑总公司; 繁体字: 中國鐵道建築總公司, China Railway Construction Corporation, CRCCG)。2007年に上海と香港で株式公開して株式会社となった。

社の構成[編集]

中国鉄建は国務院国有資産監督管理委員会[3]監督下にある。2008年3月から、上海証券取引所A株香港証券取引所H株として株式上場された[3]。中国鉄道建築総公司が株式の61.33%を保有している。

子会社[編集]

  • 中鉄十一局から中鉄二十五局。(なお、中鉄一局から中鉄十局までは別会社中国中鉄の子会社。)
    • 中国鉄建大橋工程局集団有限公司 - 中鉄十三局が改組された。
  • 中国土木工程集団英語版 (CCECC)
  • 中鉄建設集団
  • 中国鉄建電気化局集団
  • 中国土木工程集団
  • 昆明中鉄大型養路機械集団
  • 中国鉄建高新装備 2015年12月に上場[4]

歴史[編集]

設立[編集]

元は、1948年設立の中国人民解放軍の鉄道部、1982年からは中華人民共和国鉄道部の一部署だった。1989年、中国中鉄と共に会社化されたが、2000年までは鉄道部の傘下にあった。

2003年、国務院国有資産監督管理委員会が発足すると、中国鉄建は中国中鉄と共にその傘下となった。

株式公開[編集]

2007年には、株式会社化に備えて、親会社から大部分の資産を譲りうけた[5]。ただし、5つのBOT方式英語版プロジェクト、重慶鉄発遂渝高速公路、 南京長江隧道英語版、北京通達京承高速公路、鹹陽中鉄路橋、広東潮掲高速公路は含まれず、別会社となった。

2008年に上海証券取引所香港証券取引所に上場することで、202億香港ドルを調達[6][6]、この年で2番目に大きい株式公開となった。

2009年には、アフリカを中心とした世界35カ国で209のプロジェクトを持っていると報じられた[7]

2012年5月、中国鉄建の接待費は8.37億元で、中国の上場企業として最大であることが報じられた[8]。これは同社の純利益の10%に当たる[9]

2012年8月、中国鉄建がイタリアのサッカークラブ、インテルナツィオナーレ・ミラノの株を15%取得したと報じられたが[10][11]、3日に中国鉄建はこれを否定した[12]

2013年3月29日のタンザニアのダルエスサラームビル倒壊事故において、早くも翌30日にタンザニア軍に合流して救助活動に参加[13]

2015年の後半、中国鉄建は親会社から重慶鉄発遂渝高速公路有限公司の株の80%を取得した[14]

2015年11月20日、マリの首都バマコでイスラーム武装勢力によるホテル襲撃事件が発生し、子会社中国鉄建国際集団の総経理ら3人が死亡[15]

取り組んだプロジェクト[編集]

中国国内[編集]

中国鉄建は中国国内の多くの高速鉄道、地下鉄、高速道路を建設している。

アジア[編集]

中東、北アフリカ[編集]

アフリカ[編集]

中南米[編集]

  • メキシコの旗 メキシコ 2014年11月3日、中国鉄建を含むグループがメキシコシティケレタロを結ぶ高速鉄道工事を落札したが、12月2日にメキシコはこれをキャンセル、賠償金1600万ドルを支払った[39]

その他[編集]

中国鉄建の主な事業は建設とエンジニアリング業であるが、中国での不動産業、銅採掘にも従事している。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 中国铁建股份有限公司概况” (中国語). 2015年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c d 2014 annual report
  3. ^ a b 人民日報社. “中国鉄建股フェン有限公司”. 2016年1月14日閲覧。
  4. ^ “「一帯一路」銘柄の中国鉄建がIPO公募”. 香港ポスト. (2015年12月4日). http://www.hkpost.com.hk/index2.php?id=13452#.VpoQWCqLSVM 2016年1月16日閲覧。 
  5. ^ 與中鐵建總公司的關係RELATIONSHIP WITH CRCCG Filing in Hong Kong Stock Exchange (中国語) (英語)
  6. ^ a b トランスリンク・レポート” (2009年1月13日). 2016年1月16日閲覧。
  7. ^ “CRCC contributes to capital construction in Africa”. Xinhua. (2009年11月22日). http://news.xinhuanet.com/english/2009-11/22/content_12521079.htm 
  8. ^ “年間139億円の接待費でも経営が成り立つ中国企業”. 日経ビジネスONLINE. (2013年5月24日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20130522/248469/?rt=nocnt 2016年1月17日閲覧。 
  9. ^ 危険水域に入った中国経済. CCCメディアハウス. (2013). 
  10. ^ Press release: Internazionale Holding S.r.l”. F.C. Internazaionale Milano (2012年8月1日). 2015年6月5日閲覧。
  11. ^ F.C. Internazionale Milano S.p.A. bilancio (financial report and accounts) on 30 June 2013, PDF purchased from Italian C.C.I.A.A.
  12. ^ “中国鉄建:インテルナツィオナーレ・ミラノ買収を否定”. China Press. (2012年8月3日). http://news.livedoor.com/article/detail/6820470/ 2016年1月16日閲覧。 
  13. ^ Mtulya, Athuman (2013年3月30日). “As death toll from gruesome Friday tower tumble hits 22, experts warn more Dar buildings will fall”. The Citizen Reporter. http://muslimnews.co.uk/news/africa/as-death-toll-from-gruesome-tower-tumble-hits-25-experts-warn-more-dar-buildings-will-fall/ 2016年1月16日閲覧。 
  14. ^ Connected Transaction Acquisition of Equity Interest in Chongqing Tiefa Suiyu
  15. ^ “中国鉄建、マリのホテル襲撃で子会社幹部3人が犠牲に”. exciteニュース. (2015年11月23日). http://www.excite.co.jp/News/market/20151123/Fisco_00093300_20151123_004.html 2016年1月16日閲覧。 
  16. ^ “Now Chinese firm on the scene”. Daily Star. (2014年8月26日). http://www.thedailystar.net/now-chinese-firm-on-the-scene-38757 
  17. ^ “中国鉄建がインドネシアで水力発電所建設を受注、契約額2055億円”. newsclip.be. (2015年12月30日). http://www.newsclip.be/article/2015/12/30/27916.html 2016年7月24日閲覧。 
  18. ^ “CRCC reports booming overseas contracts”. China Daily. (2007年10月20日). http://www.chinadaily.com.cn/business/2007-10/20/content_6193101.htm 
  19. ^ “中国鉄建、リビアでのプロジェクトを全面的に中止”. ダウ・ジョーンズ. (2011年3月2日). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-190545.html 2016年1月16日閲覧。 
  20. ^ “World rail market March 2009”. Railway Gazette International. (2009年3月8日). オリジナル2011年6月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110616034919/http://www.railwaygazette.com/news/single-view/view/world-rail-market-march-2009.html 2010年3月3日閲覧。 
  21. ^ a b “中国鉄建株式有限公司、メッカライトレールプロジェクトをサウジアラビアに正式に引き渡す”. 新華網. (2015年7月3日). http://jp.xinhuanet.com/2015-07/03/c_134379467.htm 2016年1月17日閲覧。 
  22. ^ Connected Transaction: Signing of the Agreement on the Arrangement of Matters in Relation to the Mecca Light Rail Project and Resumption of Trading CRCC c/o hkexnews.hk
  23. ^ “大赤字の中国鉄建のサウジ鉄道プロジェクト、ようやく運行開始”. 毎日経済新聞網. (2013年11月21日). http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/366457/ 2016年1月16日閲覧。 
  24. ^ “Turkey’s new high-speed rail: victory for Erdogan – and China”. Global Construction Review. (2014年7月29日). http://www.globalconstructionreview.com/news/turkeys-new-high-speed-rail-victory-erdogan0938346/ 
  25. ^ “中国鉄建がエジプト鉄道の改修で枠組み合意、受注額720億円”. 亜州IR. (2015年4月15日). http://www.newsclip.be/article/2015/04/15/25389.html 2016年1月16日閲覧。 
  26. ^ “Chinese company wins Egyptian track upgrading contract”. International Railway Journal. (2015年4月15日). http://www.railjournal.com/index.php/track/chinese-company-wins-egyptian-track-upgrading-contract.html 
  27. ^ “CRCC-built Benguela Railway in Angola inaugurated”. Want China Times. (2015年2月18日). http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20150218000071&cid=1201 [リンク切れ]
  28. ^ a b “中国鉄建、南アフリカの鉄道ネットワーク一体化に貢献”. 中国網. (2015年6月15日). http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-06/15/content_35826805.htm 2016年1月16日閲覧。 
  29. ^ “中国鉄建敷設のアンゴラ鉄道、正式運行を開始”. newsclip.be. (2015年2月17日). http://www.newsclip.be/article/2015/02/17/24774.html 2016年1月16日閲覧。 
  30. ^ “COMMUTER AND LIGHT RAIL IN ABUJA”. Railway News. (2010年11月19日). http://www.railwaysafrica.com/news/commuter-and-light-rail-in-abuja?p=blog/2010/11/commuter-and-light-rail-in-abuja/ 2016年1月17日閲覧。 
  31. ^ “中国鉄建、アフリカ最大の都市間鉄道を受注”. 人民日報. (2015年5月5日). http://www.infochina.jp/jp/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=9&id=7676 2016年1月17日閲覧。 
  32. ^ “中国鉄建がナイジェリアで鉄道建設を受注”. ロイター. (2014年11月20日). http://jp.reuters.com/article/idJPL3N0TA2MV20141120 2016年1月16日閲覧。 
  33. ^ “中国鉄建、ナイジェリアで鉄道建設”. 日本経済新聞. (2015年5月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO86334400Q5A430C1FFE000/ 2016年1月16日閲覧。 
  34. ^ 国土交通省 (2014年1月). “建設産業情報(最近の動向)”. 2016年1月17日閲覧。
  35. ^ “中国鉄建:ナイジェリア、ジンバブエで大型工事受注”. 済龍. (2015年4月30日). http://www.chinapress.jp/pd/46214/ 2016年1月16日閲覧。 
  36. ^ “Mali signs $1.5 bln rail deal with China Railway Construction”. Reuters. (2015年12月26日). http://www.reuters.com/article/mali-china-cn-railway-const-idUSL8N14F06320151226 
  37. ^ “Senegal - Mali railway modernisation agreements signed”. Railway Gazette. (2016年1月5日). http://www.railwaygazette.com/news/infrastructure/single-view/view/senegal-mali-railway-modernisation-agreements-signed.html 
  38. ^ “中鉄建とアフリカ2国 鉄道改修プロジェクトに調印”. 人民網. (2015年12月29日). http://j.people.com.cn/n/2015/1229/c94476-8996880.html 2016年1月16日閲覧。 
  39. ^ “メキシコが中国鉄建に賠償金1600万ドル支払い”. FOCUS-ASIS. (2014年12月4日). http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/403348/ 2016年1月16日閲覧。 

外部リンク[編集]