A株

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

A株(エーかぶ)とは、中華人民共和国(中国)の上海深圳の株式市場に上場している同国企業を対象とした市場の種別で人民元で取引される。

概要[編集]

上海証券取引所に上場しているA株は上海A株深圳証券取引所に上場しているA株は深圳A株(深センA株)と通称されている。上海・深圳とも取引通貨は人民元である。海外投資家向けの株式は「B株」として区別されているが、双方に権利の違いはなく、B株を発行する企業の多くはA株も上場している[1]。A株はもともと中国本土の国内投資家専用であったが、2002年に適格外国機関投資家制度が導入され、海外機関投資家による限定的な投資が認められている[2]。A株市場に上場する企業数は上海・深圳とも800を超えており、深圳A株は1日の売買代金で、上海A株は1日の売買代金と株式時価総額で香港証券取引所を上回る規模となっている(2010年3月末時点[3])。

上海証券取引所または深圳証券取引所に上場するA株の中から時価総額流動性の高さを考慮して選ばれた300銘柄からCSI300指数が算出されている。これは中国本土市場全体の株価変動を反映する代表的な指数である[4]。この指数に連動することを目的としたETFも組成されており、香港証券取引所や東京証券取引所に上場されている。

脚注[編集]

  1. ^ よくある質問 中国株式について - 内藤証券
  2. ^ 本土の株式市場-A株、B株とは? - T&C FINANCIAL RESEARCH
  3. ^ 市場規模”. ユナイテッドワールド証券株式会社. 2010年4月21日閲覧。 に基づく
  4. ^ CSI300指数とは? - 日興アセットマネジメント

関連項目[編集]