Eni

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エニ
Eni S.p.A.
Torre Eni.jpg
ローマの本社
種類 株式会社
市場情報 BITENI
NYSEE
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
ローマ
設立 1953年2月10日
業種 石油・石炭製品
事業内容 石油ガス
代表者 ロベルト・ポーリ(取締役会長)、パオロ・スカローニ(最高経営責任者)
資本金 40.05億ユーロ(2008[1]
売上高 1081億ユーロ(2008))[1]
営業利益 186.4億ユーロ(2008)[1]
純利益 88.25億ユーロ(2008)[1]
総資産 1165億ユーロ(2008)[1]
従業員数 7万8880人(2008)[1]
決算期 12月末[1]
主要株主 イタリア政府 30%
主要子会社 Agip
関係する人物 エンリコ・マッテイ
外部リンク http://www.eni.it/
テンプレートを表示

Eniエニ: Eni S.p.A.)は、イタリアの半国有石油ガス会社である。イタリア最大の工業会社であり、70ヶ国に展開する。イタリア証券取引所ニューヨーク証券取引所上場企業(BITENINYSEE)。

社名は炭化水素公社 (Ente Nazionale Idrocarburi) の略である。

株式[編集]

設立以来、イタリア政府が100%株式を保有していたが、1995年以降、段階的に株式を売却し、現在の政府保有率は30%である。ただしそれに加え、重要な決定に拒否権を有する黄金株が20%、Cassa depositi e prestiti を通じ間接的に保有する株が10%ある。

沿革[編集]

1926年ムッソリーニ政権下で、イタリア政府が60%出資して設立したアジップ(イタリア石油公団)が母体である。

1953年、アジップと他の石油ガス関連企業を統合し、誕生した。なお、1957年に設立されミラノに拠点を持つ石油・ガス会社のサイペム(Saipem S.p.A.)は、エニのグループ企業であるが、エニに先立ち1984年に単独で株式公開を行っている。

シチリア島南部のジェーラに石油・ガス精製拠点を持つ[2]1959年からイタリアの旧植民地であるリビアでの事業を展開し、2004年10月よりリビアの国営石油会社National Oil Company(NOC)と合弁で、リビアとジェーラをパイプラインで結ぶガス輸送を開始した[3]

アジップのブランド名は2010年にエニと統合され、日本でも2011年4月から、輸入されるエンジンオイルのブランド名がエニに変更された[4]

2013年より、中部電力が韓国ガス公社と共同で、エニからのLNG共同購入を行っている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Annual Report 2008”. Eni. 2010年1月10日閲覧。
  2. ^ A new development plan for Gela” (英語). Eni. 2017年1月3日閲覧。
  3. ^ エニ、リビアからガス輸送開始”. NNA Europe (2004年10月11日). 2017年1月3日閲覧。
  4. ^ 昭和貿易、「アジップ」ブランドを「エニ」に変更”. Car Watch (2011年4月1日). 2017年1月3日閲覧。
  5. ^ 当社と韓国ガス公社(KOGAS)によるイタリア炭化水素公社(ENI)からのLNG共同購入~アジア初のLNG買主同士による国際間共同購入~”. 中部電力 (2013年1月11日). 2017年1月3日閲覧。

外部リンク[編集]