モルガン・スタンレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モルガン・スタンレー
Morgan Stanley
Morgan Stanley Logo 1.svg
種類 Public company
市場情報
NYSE MS
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市ブロードウェイ1585
北緯40度45分36.2秒 西経73度59分8.3秒 / 北緯40.760056度 西経73.985639度 / 40.760056; -73.985639
設立 1924年
(ディーン・ウィッター・アンド・カンパニー)
業種 証券業
事業内容 法人・機関投資家向け証券業務
グローバル・ウェルス・マネジメント業務
資産運用業務
代表者 ジェームス・P・ゴーマン
(取締役会長兼最高経営責任者)
資本金 466億8800万ドル
(2009年12月31日現在)
発行済株式総数 14億8785万163株(普通株式)
840万3091株(優先株式)
(2009年12月31日時点)
売上高 853億28百万ドル(2007年度)
純利益 連結: 13億4600万ドル
(2009年12月期)
総資産 連結: 7714億6200万ドル
(2009年12月31日時点)
従業員数 連結: 61,388人
(2009年12月31日時点)
決算期 12月末日
主要株主 三菱UFJフィナンシャル・グループ 22.00%
ステート・ストリート 7.53%
(普通株式、2014年12月31日時点)
主要子会社 モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インコーポレーテッド
モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピー・エル・シー
外部リンク morganstanley.com(英語)
morganstanley.co.jp(日本語)
特記事項:2008年に決算期を11月末日から12月末日へ変更。商号変更に関しては#沿革を参照。
テンプレートを表示
モルガン・スタンレーの本社ビル(画像中央、ニューヨーク)
タイムズスクエアのオフィス。

モルガン・スタンレーMorgan Stanley, NYSEMS)は、アメリカニューヨークに本拠を置く世界的な金融機関グループである。JPモルガンゴールドマン・サックスメリルリンチ等とともに、投資銀行業務の幅広い分野においてリーグテーブル上位に位置する名門投資銀行と言われている。

沿革[編集]

モルガン・スタンレー・グループ・インク[編集]

1933年に成立したグラス・スティーガル法により、旧JPモルガン(現在のJPモルガン・チェース)の投資銀行部門がモルガン・スタンレーとして1935年ニューヨーク州法人として分離独立。なお、商号の「モルガン」とは、分離の際にモルガン・スタンレー側へ移り同社の共同創設者の1人となった従業員 ヘンリー・スタージス・モルガンに由来する。この従業員は、旧JPモルガンの創設者であるジョン・ピアポント・モルガンの孫でもある。

一度精算した後、1941年パートナーシップとして、モルガン・スタンレー・アンド・カンパニーを設立する。

1969年に、デラウェア州法人として、モルガン・スタンレー・アンド・カンパニーを設立し、数年をかけてパートナーシップの全事業を継承する。

1975年に、デラウェア州法人として、モルガン・スタンレー・ホールディングズ・インコーポレレーテッドを設立し、モルガン・スタンレー・アンド・カンパニーおよび関連事業体の全株式を保有し、1978年モルガン・スタンレー・インクへ商号変更し、1985年モルガン・スタンレー・グループ・インクへ商号変更する。

ディーン・ウィッター・ディスカバー[編集]

1924年ディーン・ウィッター・アンド・カンパニーとして設立する。1978年にその継承会社である、ディーン・ウィッター・アンド・カンパニー・インコーポレーテッドが、レイノルズ・セキュリティー・インクと合併して、ディーン・ウィッター・レイノルズ・オーガニゼーション・インクとなり、1981年シアーズ・ローバック・アンド・カンパニーに買収された。

モルガン・スタンレー[編集]

1997年5月31日にモルガン・スタンレー・グループ・インクは、ディーン・ウィッター・ディスカバーと合併し、ディーン・ウィッター・ディスカバーはモルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・ディスカバー・アンド・カンパニーへ商号を変更した。

1998年3月24日モルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・アンド・カンパニーへ商号を変更し、2002年6月20日から現在の商号となった。

2007年からの世界金融危機の影響を受け、リーマンブラザーズ倒産直後には商用不動産およびレベル3資産を抱える同行に対し、ヘッジファンドを中心とした投資家が連想的な投げ売りを実施した結果、株価が大幅に下落するなど一時的にその余波を大きく受けるも、2008年9月21日連邦準備制度理事会から金融持株会社への移行が承認され、また翌週には三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)と資本提携し、MUFG宛に90億ドル分の優先株を発行するなど、矢継ぎ早の対応が功を奏し辛うじて復活を遂げる。2015年2月25日、サブプライムローン証券の不正販売をめぐり、26億ドルの支払いで米司法省と和解したことが分かった[1]

2013年にポーランドやブルガリア、チェコの電力・ガス市場から撤退したが、2015年、欧州の電力・天然ガストレーディング事業を縮小する見通しであることを関係筋が明らかにした[2]

日本での活動[編集]

日本法人[編集]

日本国内においては、日本における持株会社モルガン・スタンレー・ホールディングスの傘下子会社として、主に以下の3社が営業している。

  • モルガン・スタンレーMUFG証券:機関投資家や法人向けの金融商品取引業務。現在は、当グループ中間持株会社と三菱UFJ傘下の中間持株会社三菱UFJ証券ホールディングスとの合弁となっている。
  • モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信:機関投資家や個人投資家向けの資産運用業務
  • モルガン・スタンレー・キャピタル(旧モルガン・スタンレー・プロパティーズ・ジャパン):不動産投資関連業務およびPE業務

日本での歴史[編集]

  • 1924年大正13年):前身にあたるモルガン商会が、関東大震災の発生を受けて日本政府が発行した総額1億5,000万ドルの震災善後処理公債を引受
  • 1970年昭和45年):東京駐在員事務所を設置
  • 1984年(昭和59年)3月6日モルガン・スタンレー・インターナショナル・リミテッド東京支店を設立して証券業免許を取得
  • 1986年(昭和61年):東京証券取引所へ加入
  • 1987年(昭和62年):大阪証券取引所へ加入、モルガン・スタンレー投資顧問株式会社設立
  • 1988年(昭和63年):商号をモルガン・スタンレー・インターナショナル・リミテッドからモルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッドに変更
  • 1989年平成元年):モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッド、東京金融先物取引所 会員権取得、

名古屋証券取引所 特別参加者資格取得

  • 1995年(平成 7年):証券投資信託委託業務の免許取得に伴い、モルガン・スタンレー投資顧問株式会社からモルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信株式会社に商号変更
  • 1996年(平成 8年):大手町から恵比寿に移転
  • 1998年(平成10年):日本にて不動産投資を開始
  • 1999年(平成11年):モルガン・スタンレー・ジャパン・リミテッドからモルガン・スタンレー・ディーン・ウィッター・ジャパン・リミテッド営業譲渡
  • 2001年(平成13年):商号をモルガン・スタンレー証券に変更
  • 2001年(平成13年):日本での個人投資家向け業務を扱う「モルガン・スタンレー日本証券」を設立。しかし同年11月に個人投資家向け業務からの撤退を表明し同社を清算
  • 2002年(平成14年):5月29日付けで報道。傘下の不動産ファンド、日本の不良債権売買で脱税。日本に課税権のないオランダ法人をダミーに利益を出していた。2000年までの2年間で180億円の申告漏れ。東京国税局による追徴額は約70億円。
  • 2004年(平成16年):モルガン・スタンレー証券会社、ジャスダック証券取引所 取引参加資格取得
  • 2005年(平成17年):モルガン・スタンレー証券会社、東京工業品取引所 受託会員資格取得
  • 2006年(平成18年)4月1日モルガン・スタンレー証券株式会社に営業譲渡
  • 2007年(平成19年)10月9日:日本における持株会社として、モルガン・スタンレー・ホールディングス株式会社を設立
  • 2008年(平成20年)9月三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)より90億ドルの出資(議決権21%)を受ける[3]
  • 2010年(平成22年):モルガン・スタンレー及び三菱UFJフィナンシャル・グループによる日本における証券合弁事業の開始に伴い、モルガン・スタンレー証券株式会社からモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社に社名を変更
  • 2012年(平成24年):モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信株式会社からモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社に商号変更
    • 提携を受け、日本法人は、MUFG(実際は中間持株会社の三菱UFJ証券ホールディングス)から出資を受けてモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社となった。
    • 2010年(平成22年)5月1日:日本におけるインベストメントバンキング部門は三菱UFJ証券(現・三菱UFJ証券ホールディングス)との統合の末、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社となった。

出資[編集]

  • 2004年(平成16年)2月ダイエーから新神戸オリエンタルシティ神戸市)を買収。オリエンタルホテルについてはモルガン・スタンレーのアジア地区におけるホテル運営会社パノラマ・ホスピタリティ(PH)の運営となり、インターコンチネンタルホテルズグループのブランドに改められた。2009年にホテル部分はタイ企業へ売却され、パソラマ・ホテルズ・ワン(PHO)が運営している。
  • 2006年(平成18年)7月12日日本航空の発行済み株式の5.78%を取得し、筆頭株主になったが、2006年8月31日に、2.34%まで保有割合は減少した。
  • 2007年(平成19年)2月、東京ドームが所有・運営していた6箇所のリゾートを「六本木ホールディング特定目的会社」を介して買収。モルガン・スタンレーが設立した「セントレジャー・マネジメント」へ売却の上、営業されている。
  • 2007年、全日本空輸が不動産を所有するANAインターコンチネンタルホテル東京をはじめとした国内13ホテル(運営はIHG-ANA)を、特定目的会社である「有限会社城山プロパティーズ」を介し、2813億円で買収(1件の不動産売買としては国内最高額)。パノラマ・ホスピタリティ傘下に新設した「パノラマ・ホテルズ・ワン」によって経営されている。

創作物への登場[編集]

  • 黒木亮の小説「巨大投資銀行」では、モルガン・スペンサーとして描かれている。
  • 木村剛の小説「通貨が堕落する時」では、モールス・サットンとして描かれている。

主な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 産経ニュース モルガン・スタンレーが3千億円で米司法省と和解 リーマン契機の不正販売で 2015.2.26 11:08
  2. ^ Bloomberg モルガン・スタンレー、欧州の電力・ガス事業縮小へ-関係者 2015/05/07 09:12 JST
  3. ^ 三菱UFJフィナンシャル・グループによるモルガン・スタンレーへの戦略的資本提携について-グローバル・アライアンス戦略の展開を目指して (PDF)”. 三菱UFJフィナンシャル・グループ (2008年9月29日). 2010年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]