リライアンス・インダストリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リライアンス・インダストリーズ
Reliance Industries Limted
種類 公開株式会社
市場情報 BSE500325
NSERELIANCE
LSERIGD
本社所在地 インドの旗 インド
ムンバイ
設立 1966年
業種 石油石炭製品
事業内容 天然資源開発・重化学工業製品
売上高 約7318億ルピー(2005年)
営業利益 約1074億ルピー(2005年)
従業員数 187,729 (2017年)[1]
外部リンク http://www.ril.com/
テンプレートを表示

リライアンス・インダストリーズ英語:Reliance Industries Limited、略称:RIL)は、インドマハーラーシュトラ州ムンバイに本社を置く、石油化学を中心に、石油・ガス開発、小売、インフラ、バイオテクノロジーなどの事業を手がけるインド最大のコングロマリットである。筆頭株主は、インド一の富豪であるムケシュ・アンバニ

概要[編集]

インド民間部門では最大規模を誇り、リライアンス財閥の中核事業体である。主要事業は石油探索・生産・精製、ポリエステルアクリルポリマープラスチック化学繊維原料、洗剤原料の製造に従事している。1980年代までは繊維業専業であったが、国内の経済成長に合わせて石油化学分野に進出している。インド西部を中心に同国最大級の原油処理規模を有する。

グループ分割[編集]

創業者であるディルバイ・アンバニの死後、長男ムケシュ・アンバニと次男アニル・アンバニが経営権をめぐり対立し、母親の仲介によりグループを2分割した。 兄のムケシュ・アンバニは、グループの中核企業であったリライアンス・インダストリーズを、弟のアニル・アンバニは、金融、通信、電力、インフラ、メディアなどの事業を引き継ぎ、リライアンス・ADA・グループを設立した。 しかし、グループ分割後も、アニルによる南アフリカの通信企業MTNへの買収提案や、天然ガス田の権益などをめぐって、対立を繰り返している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ {title}”. 2018年6月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 新華ファイナンスジャパン:編『中国・インド企業データ 2006-2007』毎日新聞社、2006年

外部リンク[編集]