国家電網

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国家電網公司(こっかでんもうこうし、中国語簡体字: 国家电网公司、英文:State Grid Corporation of China)は世界最大の電力配送会社で、太陽光発電風力発電といった新エネルギーの設備容量も世界一である[1]。中国南部への配送を司る中国南方電網公司と共に、中国全土へ送電変電配電をしている。以前の国家電力公司が電力機構の「発送分離」(中国語:廠網分離)で2002年に生まれた会社で、別の5大発電会社である大唐(中国大唐集団公司)・中電投(中国電力投資集団公司)・国電(中国国電集団公司)・華電(中国華電集団公司)・華能(中国華能集団公司)が発電する電力の送電のみをおこなう。

5つの子会社があり、華北電網公司、東北電網公司、華東電網公司、華中電網公司、西北電網公司である。三峡ダムも華中電網公司が担当する地域にあり、「西電東送」の主要役割を担う。ブラジルCPFLエネルジアなど海外企業も買収してる[2]

関連項目[編集]

参考[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 国家電網、新エネ設備容量が世界一に”. 2017年6月7日閲覧。
  2. ^ 中国の国家電網、ブラジル送配電大手を買収”. 2017年6月8日閲覧。