ファンド・オブ・ファンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ファンド・オブ・ファンズ(Fund of Funds, FOF)は、投資信託のうち、運用会社が別の投資信託に投資するもの。1つの投資ファンド分散投資を企図するものが多い。その目的から、ミューチュアル・ファンドヘッジファンド未公開株ファンド、インベストメント・トラスト英語版、のいずれにも広く応用される。

運用の実際[編集]

バーニー・コーンフェルド英語版がミューチュアル・ファンドの営業組織として、1955年海外投資家サービス英語: Investors Overseas Services (IOS))を無限連鎖講で設立し、IOSが1962年に最初のFOFを設立した。バーニーは金融技術に疎く、他のファンドと連携した。ジュネーブの事情に詳しいバーニーは、投信業界にオフショア・ファンド英語版やカントリーファンドのような租税回避を紹介し、ドレフュス商会と密接に関係した。しかしIOSのFOFはロバート・ヴェスコ英語版のスキャンダルで破綻した。

シンクタンクプライベート・エクイティ・インテリジェンス英語版は、2006年時点で、他のプライベート・エクイティ・ファンドに投資しているFOFは未公開株市場の14パーセントに関与し、規模が大きいものに、アムステルダム発祥で2011年カーライル・グループジョイントベンチャーで統合されたアルプインベスト・パートナーズ英語版アクサの未公開株ファンドを母体とするフランスのアルディアン英語版アメリカン・インターナショナル・グループゴールドマン・サックスLGTリヒテンシュタイン銀行2004年ラッセル・インベストメンツ英語版に買収されたラッセル商会系のパンテオン・ベンチャーズ英語版などがあり、18位にアリアンツ、23位にルクセンブルク欧州投資基金がある。

一般的な利点と欠点[編集]

利点

  • 購入者が、いくつかの投資信託を選択する手間を省く事ができる。
  • 分散投資の観点から、投資対象が様々な投資信託で構成される商品は、価格変動のリスクを軽減する効果が見込まれる。
  • 資産配分が固定されているものが多く、自動的に資産配分が再構成される。

欠点

  • 客が購入したファンドとファンドが購入した別のファンドの両方で、信託報酬となる投資信託の運用手数料が発生する。
  • 分散型の投資だが、資金を運用会社に一任した形態で、資産配分が自動的に固定される。