フィデリティ・インベストメンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィデリティ・インベスメンツ
Fidelity Investments
(Fidelity Management and Research LLC)
(Fidelity International Limited)
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 (FMR)
マサチューセッツ州ボストン (FMR)
設立 1930年(フィデリティ・ファンド)[1]
代表者 アビゲイル・ジョンソン英語版会長・社長
売上高 128億7000万ドル (2006年)
従業員数 4万5000人 (2016年)
テンプレートを表示

フィデリティ・インベスメンツ (Fidelity Investments) は、投資信託の販売・運用会社。エドワード・ジョンソン2世が前身のフィデリティ・ファンドに主導権を確立して以来、同族経営が続いている。ミューチュアル・ファンドだけで300以上の基金を持ち[2]、2500万人以上の投資家との取引がある[3]。運用資産額は2016年現在で2.1兆ドル[4]。11月にアビー・ジョンソンが父親のエドワード・ジョンソン3世から会長職を引き継いだ。

概要[編集]

1946年設立のFidelity Management and Research LLC (FMR LLC) が、投資アドバイザー及びフィデリティ・ファミリーの投資信託会社として機能している。3つの基金部門に別れており、高額所得がボストン、平均所得がメリマクに置かれている[5]

エドワード・ジョンソン2世がつくったピューリタンファンドは健在である。1962年にスタートしたマゼランファンドは、相場師のピーター・リンチが世界規模に育て上げた[6]

フィデリティ・マネジメント・カンパニーを任されたD. George Sullivan も、ピーターリンチのように成長株ファンドや試験ファンドを世話した。FMC は1967年NVという会社形態でバミューダFidelity International Fund NV を設立した。これはファンド・オブ・ファンズのバーニー・コーンフェルドにならったオフショアファンドである。2年後、会社形態を改めてFidelity International Limited (FIL) となった。 1974年に本社がフィデリティ・インカム・トラストというマネー・マーケット・ファンドを設立した[6]。 FIL が本国税法の適用を免れたくなって[7]、1980年6月30日にFMR から法的に分離した。エドワード・ジョンソン3世が会長職をFMR のそれと兼任した。そのときの会社年報によれば、彼と幹部らはFMR の無議決権株を一定数手放してそれぞれがFIL 株を取得し、定款で他の国際組織による資本参加を例外なく排除した。FMR とは契約で密接に提携した。

1983年にアクサ系列のエクイタブル生命保険からゲーリー・バークヘッド(J. Gary Burkhead)が入社、やがて副会長となった[8]

1986年、カイザー・スチールのクーデターをめぐって、フィデリティは同じ主要株主のL. F. ロスチャイルドと紆余曲折の末に袂を分かち、放蕩な経営者モンティ・リアルを失脚させた[9][10]。モンティの取締役会には、Southern California Edison最高経営責任者Howard P. Allen と同社元会長William R. Gould がいた[11]

フィデリティがブラックマンデー最初の30分で売り全体の25%を占めた事件は、大統領タスクフォースの調査により伝説となった[12]。このようにして売り逃げたフィデリティも、さすがにレイオフを実施した[13]

現在[編集]

1990年代、ロスチャイルドウィルバー・ロス、ついでにチキータ・ブランドインサイダー取引にかかわったドナルドソン・ラフキン・アンド・ジェンレットも仲間に加えて、フィデリティはドナルド・トランプの経営難を立て直した[14][15]

1994年から、フィデリティはメイシーズとフェデレーテッドの合併(英語による説明)を舞台裏で主導した[16]

2001年にベイルアウトしてあったCOLT Telecom[17]、2015年にフィデリティが買収した。

2002年、ロッキード・マーティン401k を運用する契約が、エンロン破綻に責任のあるFrank Savage の役員留任へ作用した疑いで、アメリカ労働総同盟・産業別組合会議から非難を浴びた[18][19]

世界金融危機でウルトラショートボンドファンドに損失を計上したが、そのリスク説明が不足だったとして株主に訴えられた[20][21]

2012年は国際金融市場で不祥事が多く見つかった。HSBC資金洗浄メガバンクLIBOR操作である。フィデリティも例外ではなく、メロン財閥との癒着を露呈した。2月、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの幹部を製品開発に雇用した[22]。6月、メロンに手数料を操作されて株主に損害を出した[23]。11月、そのメロンに外国為替相場の調整を働きかけた[24]。9月にはジョンソン家の個人資産に関する報道がなされている[25][26]

2014年3月4日、合衆国最高裁判所が、エンロンの金融スキャンダルを契機に成立した内部告発保護法は公開会社の従業員・契約社員にも適用されると判断した[27][28]。1995年6月からフィデリティはFMR議決権株の49%を同族保有とし[29]、残りを役員に細かく配分して表面上の公開会社となっていた。9人の裁判官は6対3で、フィデリティの元運用責任者を勝たせた。責任者らは内部告発に対する報復を会社から受けたと主張していた。

2015年12月、金融犯罪防止措置の不行き届きで100万ドルの制裁金を課された[30][31]

2016年10月、上場後にロスチャイルドが経営顧問となる阿里巴巴集団未公開株配布をフィデリティのWilliam Danoff などが受け、ダノフは彼とフィデリティの母校であるハーバード大学へ寄付し摘発を免れたことが分かった[32]。ファンドマネージャーに対する報酬の与え方は永らく謎に包まれていたが、本件のような職業倫理にもとる方法はロイターが長い社説をつけて報道した[33][34]。その一方で翌月にフィデリティは株主への分配金を引き下げたのである[35]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FMR Corp. History, International Directory of Company Histories, Vol. 32. St. James Press, 2000.
  2. ^ Mutual Funds Research
  3. ^ About Fidelity
  4. ^ 2016年時点では総資産約5兆ドルを持つブラックロックが最大
  5. ^ Fidelity by the Numbers: Asset Management
  6. ^ a b Fidelity Investments Inc. History, International Directory of Company Histories, Vol. 14. St. James Press, 1996.
  7. ^ ニューヨーク・タイムズ Fidelity's Secret Agent Man Published: January 27, 1991
  8. ^ ニューヨーク・タイムズ Vice Chairman of Fidelity to Retire Next Week JAN. 26, 2000
  9. ^ ニューヨーク・タイムズ BUSINESS PEOPLE; Kaiser Steel Dissident Is Thriving on Distress Published: December 1, 1986
  10. ^ LosAngelsTimes The Long Winter of Kaiser Steel : The industrial empire it once anchored is gone, and the firm struggles to survive, beset by an internal battle for control and a hostile economy. February 09, 1987
  11. ^ Directory of corporate affiliations, National Register Pub. Co., 1987, p.632.
  12. ^ ニューヨーク・タイムズ LEGACY OF THE '87 CRASH; Assessing The Role of Mutual Fund Investors OCT. 19, 1997; "In the first half-hour of trading in the United States on Oct. 19, the Brady report said, Fidelity sold $500 million worth of stocks on the New York Stock Exchange -- roughly 25 percent of the Big Board's total volume in that period. "
  13. ^ ニューヨーク・タイムズ Fidelity Investments to Lay Off 800 Published: March 1, 1988
  14. ^ How Rothschild Inc. Saved Donald Trump”. Philosophy of Metrics. 2016年12月2日閲覧。
  15. ^ Hilary Rosenberg, The Vulture Investors, John Wiley & Sons, 2000, p.267.
  16. ^ ニューヨーク・タイムズ Fidelity's Bet on Macy Debt Paid Off Published: July 29, 1994
  17. ^ ニューヨーク・タイムズ Fidelity Investments Agrees To Help Rescue Colt Telecom 2001/10/4
  18. ^ Forbes The Great Fund Failure 9/15/2003
  19. ^ ウォールストリート・ジャーナル AFL-CIO Looks to Press Fidelity To Act on Corporate Governance July 31, 2002
  20. ^ ロイター Fidelity sued over bond fund losses Tue Jun 10, 2008
  21. ^ Case 1:08-cv-10960-MLW Document 67 Filed 04/08/10 Page 1 of 52
  22. ^ Pension & Investments Fidelity hires BNY Mellon exec to lead unified product development effort February 16, 2012
  23. ^ Boston.com Feds: BNY Mellon manipulated cost of Fidelity trades worth millions By Beth Healy, 2012/6/22
  24. ^ ロイター Fidelity pushes BNY Mellon for better foreign-exchange pricing Wed Nov 28, 2012
  25. ^ Fidelity Fund Empire Bermuda ties Published Sep 21, 2012
  26. ^ Johnson family enterprise extends beyond Fidelity Thu, September 20, 2012
  27. ^ FoxNewsPolitics Supreme Court rules in favor of broad protections for whistleblowers Published March 04, 2014
  28. ^ LAWSON ET AL. v. FMR LLC ET AL.
  29. ^ 証券取引委員会のEDGAR ITEM 10. DIRECTORS AND EXECUTIVE OFFICERS OF THE REGISTRANT. "Members of the Edward D. Johnson 3d family own approximately 49% of the outstanding voting stock of FMR Corp."
  30. ^ InvestmentNews Fidelity hit with $1 million sanction for failing to detect fraud involving seniors Dec 18, 2015
  31. ^ WSJ Fidelity Fined for Failing to Prevent Fraud Updated Dec. 18, 2015
  32. ^ Fortune How One Fidelity Fund Manager Made Millions Off Alibaba’s IPO for Himself Oct 05, 2016
  33. ^ How the owners of Fidelity get richer at everyday investors’ expense Filed Oct. 5, 2016
  34. ^ Special Report: How Fidelity's owners get richer at everyday investors' expense Thu Oct 13, 2016
  35. ^ 日経新聞電子版 フィデリティ、国内最大投信の分配金下げ 運用悪化で 2016/11/15

外部リンク[編集]