AEG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AEGブランドロゴ
ベーレンスがデザインした電気計器電圧計
AEGの工場もベーレンス作品の一つである。

AEGドイツ語読み:アーエーゲー、英語読み:エーイージー)は、ドイツ電機メーカー。Allgemeine Elektricitäts-Gesellschaft(アルゲマイネ・エレクトリツィテート・ゲゼルシャフト)の略で、英語訳すると General Electricity Company(「総合電気会社」の意)。日本では、Allgemeine Elektricitäts-Gesellschaftの最初の部分から「アルゲマイネ社」と呼ばれることもある。1883年創業、1994年にエレクトロラックスの傘下に入って以降は同社のブランド名となる。

偶然だがアメリカにも業種に至るまで全く同一の企業(ゼネラル・エレクトリック)がある。これは後述の、エジソンとの関係が原因している。

歴史[編集]

1883年、トーマス・エジソン特許を取得したユダヤ人実業家エミール・ラーテナウ英語版(ドイツの政治家ヴァルター・ラーテナウの父親)は、Deutsche Edison-Gesellshaft(ドイツエジソン社、略称:DEG)を設立。1887年にAEGへと社名を変更、年内にドイツエジソン会社が興したベルリン電力会社の業務を引き継いだ。1889年にトーマス・エジソンがアメリカでエジソン総合電気(Edison General Electric Company)を設立(1892年に合併してゼネラル・エレクトリックとなった)。1899年、ベルリン電力会社はベルリンの市外電車へ電力を独占供給できるようになったが、そのかわり採算ぎりぎりの公共料金を設定された。

1903年、シーメンスとの合弁会社テレフンケンを設立。1907年、建築家ペーター・ベーレンスインダストリアルデザイナーとして起用。彼のデザインした会社ロゴは各種の製品に使われ、これがコーポレートアイデンティティの先駆けとなった。掃除機や洗濯機、冷蔵庫といった家電のほか、発電機や自動車製造、航空機開発、鉄道の電化などの事業も手がけた。AEGはベルリン近郊のヘニヒスドルフ英語版(Hennigsdorf)にて、鉄道車両(特に電気機関車)の製造も行っていた。(ドイツ帝国#経済

1915年、ベルリン電力会社は市有化された。このときまでに電力会社は1889年で約定された半径30キロ圏内の電力をすべて供給できるまでに技術向上と規模拡大が進んでおり、AEG に満足できる配当をもたらしていた。会社の売却価格は1億3240万マルクであった。1917年、ドイッチェ・ルフトレーデライ社 (Deutsche Luft-Reederei; DLR) を設立した。ヴェルサイユ条約によって飛行機製造をあきらめたが、しかし航空会社はルフトハンザドイツ航空に統合されるまで経営が続いた。

1927年、ベルリン電力会社はドイツの電力事業体で最大の資本投下を記録した。株式1億5500万ライヒスマルク、およそ3700万USドル。1930年、総額では2億4300万ライヒスマルクであったが、ディスコント・ゲゼルシャフトを吸収したドイツ銀行の2億8500万ライヒスマルクに迫る勢いであった。ベルリン電力会社の外債は大部分をナショナル・シティーが引受けていた。1925年には1000万ドル、1927年には1500万ドル、1928年と1930年にそれぞれ2000万ドルを貸した。1931年にはさらに750万ドルを足した。外債の合計はおよそ2億7300万ライヒスマルクに相当した。この貸付にはオプションがついており、ナショナル・シティーはベルリン電力会社の株を買い放題、青天井に増資が続いた。1933年には同社の技術者であるEduard Schüllerドイツ語版によってテープレコーダーの磁気ヘッドが開発され[1]、1935年に「マグネトフォン(Magnetophon)」の名で市販されたが当時はまだ直流バイアス式で音質が悪かった。音質が向上したのは1940年のヴァルター・ヴィーベルHans-Joachim von Braunmühlドイツ語版による高周波バイアス方式英語版の発明まで待たなければならなかった。

1941年、テレフンケンを子会社化。戦争の直前期に無線局観測ヘリなどを開発した。

第二次世界大戦後、ヘニヒスドルフ工場は東ドイツ側に属したため、社名をLokomotivbau Elektrotechnische Werke(機関車製造電気技術工場、略称:LEW)に変更した。

ドイツ統一後にLEW社は西ドイツ側のAEG社に吸収されるも、AEG社の鉄道車両製造部門は後にヘンシェルとの合併、アドトランツへの吸収などを経て、現在はボンバルディア・トランスポーテーションの一部となっている。

1994年、AEGはスウェーデンストックホルムに本社を置く世界的電機メーカー・エレクトロラックスの傘下となった。以来、「AEG」はエレクトロラックスの高級家電ブランドの名称となる。2005年よりブランド名を AEG-Electrolux へと変更し、本格的世界進出を図った。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]