アルカテル・ルーセント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルカテル・ルーセント: Alcatel-Lucent)は、フランスを本拠とする通信システム・装置メーカーである。日本法人は日本アルカテル・ルーセント株式会社2006年12月1日AT&T系のルーセント・テクノロジー合併し、現在の名称に変更した。ユーロネクスト・パリニューヨーク証券取引所に上場している。

通信事業者やプロバイダ、一般企業に対する通信インフラ、システムを世界規模で提供し、固定通信および移動通信向けブロードバンドインターネット接続アプリケーションの分野において主導的な地位を占め、宇宙事業や軍用通信分野にも進出している。世界130ヶ国以上でビジネスを展開するグローバル企業である。

沿革[編集]

1898年アルザス電信電話会社として創業。

1969年にアルストムの大株主となる。1989年にアルストムがゼネラル・エレクトリック・カンパニーの支社と合併してen:Cegelec となる。1991年にアルカテル=アルストム発足。

1993年にノーテルネットワークス海底ケーブル部門を買収。2006年にもノーテルから第3世代移動通信システム事業を買収。

2010年12月、アルカテル・バキューム・テクノロジーをファイファー・バキューム社へ売却した。

ルモンドアーカイブによると[1][2][3]、2012年10月に1430人のフランス従業員を解雇した。リストラの背景として、2003年から2013年まで毎年8億ユーロの損失を出していたとみられている。29000の特許を保持するためにゴールドマン・サックスクレディ・スイスから20億ユーロの融資を受けなければならなかった。保持される特許は50億ユーロと見積もられ、売却の可能性は政府を脅かしていた。

2015年4月15日付けで、フィンランドの通信機器大手ノキアが、アルカテル・ルーセントを時価換算およそ156億ユーロ(約1兆9700億円)で買収し、統合すると発表した[4]

主要製品[編集]

  • 固定通信分野
    • データーネットワーク
    • 音声ネットワーク
    • 地上及び海底光ネットワーク
    • 応用ソリューション
    • 光ファイバー
    • 海底ケーブル
  • 移動体通信
  • プライベート通信ネットワーク
    • 宇宙通信ネットワーク
    • ハイテク電池システム


研究開発センター

財務

2013年3月期の連結決算

  • 売上高 14,446 Million €
  • 営業利益 -260 Million €
  • 純利益 -1,451 Million €
  • 総資産 21,365 Million €
  • 2015年1月の時価総額は約95億€(約1兆3,000億円)


脚注[編集]

  1. ^ Alcatel-Lucent : le détail des suppressions de postes, Sarah Belouezzane, Cécile Ducourtieux et Julien Dupont-Calbo, Le Monde, 8 octobre 2013
  2. ^ « Bercy s'inquiète pour les brevets d'Alcatel-Lucent », sur Le Monde.fr,‎
  3. ^ « Alcatel-Lucent se fait prêter 2 milliards gagés sur ses brevets », sur L'Expansion.com,‎
  4. ^ “ノキア、2兆円で仏アルカテル買収 次世代通信強化”. 日本経済新聞. (2015年4月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM15H77_V10C15A4FF1000/ 2015年4月16日閲覧。 

外部リンク[編集]