アルストム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルストム S.A
Alstom S.A
Alstom.svg
種類 S.A (株式会社)
市場情報 EuronextEN
本社所在地 フランスの旗 フランス
パリルヴァロワ=ペレ
設立 1928年
業種 製造業(輸送機器)
事業内容 鉄道車両および信号設備の製造、販売
代表者 Patrick Kron (会長CEO)
売上高 210億ユーロ(2010/2011)[1]
営業利益 7億64百万ユーロ(2010/2011)[1]
純利益 4億62百万ユーロ(2010/2011)[1]
総資産 300億ユーロ(March 2011)[1]
従業員数 85,225人 (March 2011)[1]
主要株主 ブイグ 30.0%
フィデリティ・インベストメンツ 6.85%
モルガン・スタンレー3.29%
ナティクシス 1.99%
外部リンク http://www.alstom.com
テンプレートを表示

アルストム (フランス語: Alstom [alstɔm]) は、フランスに本拠地を置く多国籍企業で、世界の鉄道車両の2割強のシェアを有している。本社はフランスパリルヴァロワ=ペレ

会社概要[編集]

アルストムグループの中核企業であり、上場企業ユーロネクスト)である。おもな子会社には以下のようなものがあり、いずれも世界有数の重電メーカーである。

  • アルストム・パワー (Alstom Power)- 発電機、ボイラーなどの電力インフラを担当。
  • アルストム・グリッド (Alstom Grid) - 送電事業を担当。
  • アルストム・トランスポール (Alstom Transport) - 鉄道車両、トロリーバスなどの交通インフラを担当

子会社の事業[編集]

アルストム・パワー[編集]

本社はスイスバーデン

アルストム・グリッド[編集]

2010年6月国営電力会社アレヴァより送電・配電部門を買収して子会社化した。この買収はアルストムだけでなく、シュナイダーエレクトリックも関わっており、送電事業をアルストムが、配電事業をシュナイダーエレクトリックが引き継ぐものである。アルストムは2004年にアレヴァに送電部門を売却しており、事実上の買い戻しである。本社はフランス・パリ近郊のラ・デファンス

アルストム・トランスポール[編集]

ボンバルディア・トランスポーテーションシーメンスと並ぶ御三家の一つで世界の鉄道車両の2割強のシェアを有する大企業である。車体だけでなくモータをはじめとした電装品も製造できる会社である。本社はフランス・パリ郊外のサン=トゥアン

主な製品[編集]

フランス国内向け[編集]

  • フランス国鉄(SNCF) - TGVの全車両を含め各種機関車・客車・電車・気動車などを多数納入。
  • パリ交通営団(RATP) - 地下鉄(メトロ)、路面電車(トラム)、近郊電車(PER)の各車両。
  • リヨン交通局(TCL) - 地下鉄車両、路面電車、など。
  • 低床電車のブランド「Citadis」シリーズについてはシタディスを参照。

フランス国外向け[編集]

高速鉄道

TGVタイプの高速鉄道車両・システムを積極的に売り込んでいる他、フィアットの鉄道部門から振り子式車両ペンドリーノの技術を引き継いでおり、250km/h程度までの路線にはこちらも売り込んでいる。

路面電車
機関車
電車
気動車
  • Coradiaシリーズ…超低床電気式気動車でホームのかさ上げをせずに運用できる。
客車
新交通システム

開発中[編集]

  • AGV - 次世代高速鉄道車両

アルストムリンク式台車[編集]

アルストムリンク
アルストムリンク式の台車の例

アルストムが開発した台車の軸箱支持方式は、アルストムリンク式として有名である。

この軸箱支持方式は、従来のペデスタル式(軸箱守式)台車の欠点である軸箱守と軸箱との摺動を防ぐため、軸箱を台車枠から2本のリンクによって支持するものである。同社の開発した方式では、軸距の変化を無くし、軸箱の動きを妨げないようにするため、各々のリンクを段違いに配置したワッツリンク英語版となっているのが特徴である。

日本では一部の大手私鉄小田急電鉄東武鉄道旧営団阪急電鉄京阪電気鉄道など)で1960年ごろの一時期採用されたことがあり、小田急電鉄の車両では近年(1000形車両20000形車両)まで継続的に採用されている。

なお、日本国内における製造ライセンシーだった住友金属では、アルストム(リンク)方式とは称さず、「住友リンク方式」と称していた。

沿革[編集]

  • 1928年 - トムソン・ヒューストン社とアルザス地方のソシエテ・アルザシエンヌ・コンストリュクシオン・メカニック社が合併してアルストム(Alsthom)設立。
  • 1932年 - 電気機関車を製造していたCEF社を買収。
  • 1937年 - トロリーバスを製造していたヴェトラ社を買収。
  • 1977年 - フランス北部Paluel原子力発電所に1300MWの発電機を納入。
  • 1978年 - フランスの高速鉄道TGVが開業。
  • 1986年 - フランス電力公社(EDF)より世界最大出力(当時)となる212MWのガスタービンを受注。
  • 1990年 - TGV試験車両が世界最速(当時)の515km/hを記録。
  • 1999年 - スイス・ABB社との共同出資でABB・アルストム・パワー社を設立。
  • 2000年 - ABB・アルストム・パワー社のABB出資分もアルストムが買い上げる。
    • イタリア・フィアットの鉄道部門を買収。
  • 2004年 - 経営危機により政府の支援を受ける。
    • 送電・配電部門(T&D)をアレヴァに売却。
    • 世界最大(当時)の客船クイーン・メリー2を納入。
  • 2006年 - アルストム・マリン社の大半の株式を韓国・STXへ譲渡。
  • 2007年 - TGV試験車両が鉄輪式鉄道としては世界最速の574.8km/hを記録。
    • スペインの風力発電製造会社エコテクニア(現:アルストム・エコテクニア)を買収。
  • 2010年 - アレヴァから送電事業を買い戻してアルストム・グリッド社を設立。
  • 2014年 - ゼネラル・エレクトリックから169億ドルでアルストム・パワー社とアルストム・グリッド社を買収する提案を受ける[4]
  • 2015年 - アルストム・パワー社とアルストム・グリッド社の買収手続きが完了し、両社はGEパワーに統合される。

日本法人[編集]

日本法人として、ABB・アルストム・パワー株式会社、アルストム株式会社がかつて存在した(2015年、GEパワーに統合された)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Consolidated financial statements Year ended 31 March 2011”. Alstom. 2011年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月4日閲覧。
  2. ^ Alstom to provide Amtrak with its new generation of high-speed train”. Alstom (2016年8月). 2016年8月27日閲覧。
  3. ^ Amtrak awards Northeast Corridor high speed train contract”. Railwaygazette (2016年8月26日). 2016年8月27日閲覧。
  4. ^ GE offers $13.5 billion enterprise value to acquire Alstom Thermal, Renewables, and Grid businesses”. General Electric. 2014年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]