アバイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アバイア・インク
Avaya Inc.
Avaya Logo.svg
種類 Private company
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンタクララ
北緯37度23分53秒 西経121度58分39秒 / 北緯37.398160度 西経121.977416度 / 37.398160; -121.977416座標: 北緯37度23分53秒 西経121度58分39秒 / 北緯37.398160度 西経121.977416度 / 37.398160; -121.977416
設立 2000年2月16日
業種 情報・通信業
事業内容 通信システム、装置及びアプリケーションの販売
統合通信ネットワーク及びコンタクトセンター・システムの計画、設計、導入、監視及び管理
代表者 ケビン・ケネディ
(社長兼最高経営責任者)
資本金 5百万ドル(2007年9月30日現在)
売上高 52億78百万ドル
(2007年9月30日終了事業年度)
総資産 59億33百万ドル
(2007年9月30日現在)
従業員数 約18,628名(2007年9月30日現在)
決算期 9月30日
外部リンク www.avaya.com(英語)
www.avaya.co.jp(日本語)
テンプレートを表示

アバイア英語:Avaya Inc.)は、アメリカ合衆国の通信、ネットワーク機器メーカーである。本社はカリフォルニア州サンタクララ2000年ルーセント・テクノロジー(現:アルカテル・ルーセント)からのスピンオフにより誕生した。

2007年 6月 IT分野の成長産業への大規模投資を専門とする投資会社であるSilver Lake、および投資信託組合であるTPG Capitalにより82億ドルで買収され、非上場となる。(以後決算情報は公開していない)

2009年 12月 ノーテルのエンタープライズ・ソリューションズ事業を9億ドルで買収し、 データネットワーク事業を追加。

2010年 9月 コラボレーション・ソリューションの新製品群「Avaya Video Collaboration Solutions」を発表。ビデオ事業を追加。  

概要[編集]

日本には日本法人で、Avaya inc.の完全子会社である日本アバイアがある。ビジネス向けIPテレフォニー環境の構築を主力としている。 主な製品はIP-PBX、ビジネスシステム向けIP電話製品、コールセンター向けソフトウェアなど一連のコンタクトセンターソリューションである。 コールセンターヘルプデスクセンターにて導入されるIP-PBX製品では、世界トップシェアを誇る。 国内コンタクトセンター市場でも日本アバイアが、53.2%の市場シェアで、2位に23%の差をつけ、2000年以来10年連続でトップの座を獲得している。(PBX/ACD分野のメーカー別対応シート数シェア 2010年4月15日発行ミック経済研究所「CRM実現のためのITソリューションマーケットの現状と展望2010年度版」)

サッカーでの広報[編集]

2002年2006年FIFAワールドカップのオフィシャルスポンサーであった。なお、2006年大会日本戦3試合に限り「AVAYA」の看板が「AVAYA 日本アバイア」と日本語表記に変更された。2015年に完成したアバイア・スタジアムサンノゼ・アースクエイクスのホームグラウンドであり、同社が命名権を取得した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]