オーウェン・D・ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーウェン・D・ヤング

オーウェン・D・ヤング(Owen D. Young、1874年10月27日 - 1962年7月11日)は、アメリカ合衆国の財政家、法律家、外交官。ニューヨーク州ハーキマー郡スターク出身。

1919年RCAを創立、1929年までその会長を務めた。さらに1922年から1939年までゼネラル・エレクトリックの会長も務めた。その後はNBCの設立を援助した。1942年から1945年までゼネラル・エレクトリックの会長を再び務めた。

第一次世界大戦終結後、ドイツ賠償委員会に参加。ヴェルサイユ条約に基づくドイツ帝国の賠償返済を円滑に進めるべく1924年ドーズ案をまとめた。その後、1929年に同委員会議長となり、さらに賠償額を減額したヤング案を成立させた。その功績が評価され、同年にタイムマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。この年にはAEG の監査役にも就任している。ヤングはいわば、モルガン資本の利益を代表する、欧州経済への切り込み隊長であった。翌1930年にはドイツの賠償金支払いを統括する国際決済銀行を設立した。

"マン・オブ・ザ・イヤー"に選ばれたヤングはタイム誌1930年1月6日号の表紙を飾った

外部リンク[編集]