デービッド・デューク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デービッド・デューク
David Duke (Belgium 2008).png
ルイジアナ州下院議員
第81選挙区選出
任期
1989年2月18日 – 1992年1月13日
前任者 チャック・クシマノ英語版
後任者 デイヴィッド・ヴィッター
個人情報
生誕 David Ernest Duke
(1950-07-01) 1950年7月1日(67歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州タルサ
政党 アメリカ・ナチ党 (1975年)[1]
民主党 (1975年–1988年)
人民党 (1988年–1989年)
共和党 (1989年–1999年; 2016年–現在)[2]
改革党 (1999年–2001年))[3]
配偶者 クロエ・ハーディン (m. 1974; div. 1984)
出身校 ルイジアナ州立大学
en:Interregional Academy of Personnel Management
宗教 プロテスタント
公式サイト Official website

デービッド・アーネスト・デュークDavid Ernest Duke1950年7月1日 - )は、アメリカ合衆国白人国家主義者英語版政治家反ユダヤ主義陰謀論者ホロコースト否認論者クー・クラックス・クランの元最高幹部(インペリアル・ウィザード英語版[4][5]

共和党員ルイジアナ州議会委員を経て、1988年アメリカ合衆国大統領民主党予備選英語版1992年アメリカ合衆国大統領共和党予備選英語版の候補になった。デュークはルイジアナ州上院議員英語版アメリカ合衆国上院アメリカ合衆国下院ルイジアナ州知事英語版の選挙で不成功に終わった。


デュークは連邦準備銀行アメリカ合衆国連邦政府メディアに対するユダヤ人の支配を主張している。彼は、彼が考える西洋文化伝統的キリスト教家族価値英語版アメリカ合衆国内国歳入庁の廃止、自発的な人種隔離英語版反共主義白人分離主義英語版を支持している[6][7][8]

脚注[編集]

  1. ^ Paul West (1991年12月5日). “David Duke takes aim at presidency La. legislator unveils GOP primary bid”. Baltimore Sun. 2016年7月25日閲覧。
  2. ^ “The Latest: Ex-KKK leader Duke: 'My time has come'”. The San Diego Union-Tribune. (2016年7月22日). http://www.sandiegouniontribune.com/sdut-the-latest-ex-kkk-leader-duke-says-he-will-run-2016jul22-story,amp.html 2017年8月12日閲覧。 
  3. ^ Donald Trump Condemned Klansman David Duke in 2000, But Now Claims To ‘Know Nothing About’ Him”. breitbart.com. 2017年8月15日閲覧。
  4. ^ Duke, David. “My Awakening: A Path to Racial Understanding”. Free Speech Press. 2007年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月17日閲覧。
  5. ^ David Duke: White Revolution on the Internet”. Anti-Defamation League. 2006年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月13日閲覧。
  6. ^ Duke, David. “An Aryan Vision”. My Awakening. SolarGeneral. 2006年11月13日閲覧。
  7. ^ Duke, David (2004年10月23日). “Kayla Rolland: One More Victim”. 2006年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月13日閲覧。
  8. ^ David Duke: In His Own Words / On Segregation”. Anti-Defamation League. 2006年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]