レット・イット・ビー・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下達郎 > 山下達郎の作品一覧 > レット・イット・ビー・ミー
レット・イット・ビー・ミー
エヴァリー・ブラザーズシングル
B面 Since You Broke My Heart
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ニューヨーク
ジャンル ポップ
時間
レーベル ケイデンス・レコード
作詞・作曲 ジルベール・ベコー(作曲)
ピエール・ドラノエ(作詞)
マニー・カーティス(英語詞)
チャート最高順位
エヴァリー・ブラザーズ シングル 年表
キッスをするまで
(1959年)
レット・イット・ビー・ミー
(1960年)
キャシーズ・クラウン
(1960年)
テンプレートを表示

レット・イット・ビー・ミー」(原題: Let It Be Me)は、ジルベール・ベコーが1955年にヒットさせた「神の思いのままに(Je t'appartiens)」に英語詞を付けた楽曲である。エヴァリー・ブラザーズ1960年に発表したバージョンにより世界的に広まった。

概要[編集]

「神の思いのままに(Je t'appartiens)」はジルベール・ベコーが作曲し、ピエール・ドラノエが作詞した。ベコーが発表してから2年後の1957年CBS放送のテレビドラマ『Climax!』の中で、ジル・コーリーが「レット・イット・ビー・ミー(Let It Be Me)」というタイトルで発表。これが英語バージョンのオリジナルである。英語詞を書いたのはマニー・カーティス。

1960年エヴァリー・ブラザーズがシングルA面曲として発表。録音はいつものナッシュヴィルではなくニューヨークで行われた。オーケストラの指揮はアーチー・ブレイヤー[注 1]。彼らのバージョンは1960年2月27日付のビルボード・Hot 100で7位を記録した[1]

その他のバージョン[編集]

アーティスト名 レコード・CD
1962年 ハーブ・アルパート・アンド・ザ・ティファナ・ブラス The Lonely Bull
1963年 フリートウッズ 『The Fleetwoods Sing for Lovers by Night』
1964年 ベティ・エヴェレット & ジェリー・バトラー シングル。全米5位を記録。
1964年 アンディ・ウィリアムス & クロディーヌ・ロンジェ The Wonderful World of Andy Williams
1965年 スキータ・デイヴィス & ボビー・ベア 『Tunes for Two』
1965年 ブレンダ・リー 『Brenda Lee Sings Top Teen Hits』
1965年 ソニー&シェール Look at Us
1966年 ピーター&ゴードン 『Woman』
1966年 ライチャス・ブラザーズ 『Go Ahead and Cry』
1966年 ナンシー・シナトラ How Does That Grab You?
1966年 バーバラ・ルイス 『It's Magic』
1967年 サム&デイヴ Soul Men
1968年 クロディーヌ・ロンジェ 『Colours』
1968年 ニノ・テンポ & エイプリル・スティーブンス シングル
1968年 ボビー・ジェントリー & グレン・キャンベル Bobbie Gentry and Glen Campbell
1968年 ピーチズ・アンド・ハーブ 『Golden Duets』
1968年 ボビー・ゴールズボロ 『This Is Bobby Goldsboro』
1968年 フランソワーズ・アルディ En anglais
1968年 アル・マルティーノ 『Love Is Blue』
1969年 ペトゥラ・クラーク 『Portrait of Petula』
1969年 フィフス・ディメンション The Age of Aquarius
1969年 デルフォニックス Sound of Sexy Soul
1970年 ボブ・ディラン セルフ・ポートレイト
1970年 ジェイとアメリカンズ Wax Museum
1970年 レナード・ニモイ The New World of Leonard Nimoy
1970年 エルヴィス・プレスリー エルヴィス・オン・ステージVol.2
1970年 ロバータ・フラック Chapter Two
1970年 パーシー・スレッジ 『My Special Prayer』
1971年 フランク・プゥルセル 『Et son Grande Orchestre』
1972年 ボビー・ダーリン 『Bobby Darin』
1974年 ダニー&マリー・オズモンド 『I'm Leaving It All Up To You』
1974年 ポインター・シスターズ Live at the Opera House
1974年 ニーナ・シモン It Is Finished
1975年 デイヴ・エドモンズ Subtle as a Flying Mallet
1975年 B・J・トーマス 『Help Me Make It (To My Rockin' Chair)』
1978年 メラニー 『Phonogenic Not Just Another Pretty Face』
1979年 ケニー・ロジャース & ドッティ・ウエスト Classics
1980年 野口五郎 『歌そして愛』
1982年 オーリアンズ 『One of a Kind』
1983年 岩崎宏美 Disney Girl
1987年 伊藤君子 『フォー・ラヴァーズ・オンリー』
2000年 竹内まりや & 山下達郎 Souvenir〜Mariya Takeuchi Live
2001年 ローラ・ニーロ 『Angel in the Dark』[2]
2002年 ローラ・ニーロ 『Live: The Loom's Desire』[3]
2004年 アン・マレー Country Croonin'
2004年 ポール・ウェラー スタジオ150
2008年 竹内まりや & 山下達郎 Expressions
2009年 ロッド・スチュワート & ジェニファー・ハドソン ソウルブック
2011年 綾戸智恵 Prayer
2014年 ブライアン・アダムス Tracks of My Years』日本盤のボーナス・トラック

山下達郎 & 竹内まりやのカバー[編集]

Let It Be Me
山下達郎 & 竹内まりやシングル
初出アルバム『Expressions / 竹内まりや』
リリース
規格 デジタルダウンロード
時間
レーベル MOONWARNER MUSIC JAPAN
プロデュース 山下達郎 & 竹内まりや
山下達郎 & 竹内まりや シングル 年表
-Let It Be Me
2016年
山下達郎 年表
光と君へのレクイエム
2013年
Let It Be Me / 山下達郎 & 竹内まりや
(2016年)
CHEER UP! THE SUMMER
(2016年)
竹内まりや 年表
静かな伝説(レジェンド)
(2014年
Let It Be Me / 山下達郎 & 竹内まりや
(2016年)
今日の想い
(2016年)
Expressions【Disc 1】 収録曲
Never Cry Butterfly
(13)
Let It Be Me [Studio Version]
(14)
テンプレートを表示

解説[編集]

もとは2000年にリリースされた竹内まりやライブ・アルバムSouvenir〜Mariya Takeuchi Live[注 2]にライブ・バージョンで収録された、山下達郎とのデュエット曲。かつて、友人の結婚式で山下と竹内に歌を依頼された際、何かデュエットをやろうという事になり急遽、ホーム・レコーディングでカラオケを作りカバー。以後、二人でデュエットする時の定番となった[4]。その後、竹内のベスト・アルバムExpressions』収録に際し、スタジオ・レコーディングされた新緑バージョンが2016年フジテレビ木曜劇場早子先生、結婚するって本当ですか?』の劇中歌に採用されたのに伴い、4月20日より配信リリースが開始された[5]

収録曲[編集]

  1. Let It Be Me / 山下達郎 & 竹内まりや
    Words by Pierre Dolanoe / Curtis Mann, Music by Gilbert Becau, Arranged by 山下達郎
    ©EMA SUISSE
    ℗2016 TENDERBERRY & HARVEST INC.

レコーディング・メンバー[編集]

  • 山下達郎 : Computer Programming
  • 佐橋佳幸 : Acoustic Guitar
  • 橋本茂昭 : Synthesizer Operation

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]

作品紹介