リカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リカットは、アルバムに一度収録された楽曲を後からシングルカットすること。『リカットシングル』、または『後発シングル』と言う。

おおむね日本国内で使われる言葉であり、また日本国外ではシングルに対するビジネス方針が異なるため(シングルの項目を参照)、本項は日本におけるリカットのみについて記述する。

概要[編集]

日本国内ではシングルが優先される為に、先行シングルが中心となっており、リカットシングルはCMやテレビ番組等でタイアップが付かない限りは通常は余り出回らない。

アルバムの宣伝として売られるシングルという意味では、アルバムの直前に発売される先行シングルも同じだが、先行シングルがアルバムの初動売上を左右するのに対し、リカットシングルはアルバムがあまり売上を伸ばせなかった場合、いわゆるテコ入れとして効果的な戦略とされる。急遽リカットが決定されることもあれば、アルバム発売前からリカットが決定し、アルバムと同時にシングル発売の宣伝が行なわれることもある。

1970年代から1980年代初頭までは、アルバムの発売間隔が4か月から6か月だったことも珍しくなく、前作からのリカットシングルを新作アルバムと同時に発売することもあった[1]。また、この頃はタイアップが付いてもあえてリカットせず、そのままアルバムの売上を伸ばすという戦略を取るミュージシャンもいた。

ヒットした主なリカットシングル(カップリング曲含む)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 逆に、次回作アルバムの先行シングルがアルバムと同時発売になる場合もあった。
  2. ^ シングルバージョンとアルバムバージョンの違いは、イントロの時間とアウトロのコーラスの有無、曲名の表記方法(アルバムバージョンでは「そして僕は、途方に暮れる」と表記されている)。
  3. ^ シングル盤のジャケットが2種類存在している。
  4. ^ これらの楽曲はアルバムから分離する形で実質シングルカットされたものであり、今日でいうマキシシングルに該当するものだが、発売当時(1988年、1989年)はアルバム扱いとなっており、公式サイトおよびオリコンではミニアルバム(またはアルバム)として扱われている。
  5. ^ アルバムとの違いはコーラスなど。
  6. ^ 当作品は、邦楽では珍しいベストアルバムからのリカット収録で、このベストアルバムの為に書き下ろされた楽曲ではあるが、ファンから好評を受けた事から、当作品がリカットされている。
  7. ^ アルバムバージョンでは、前曲「sûre danse」の末尾の部分が一瞬聞こえる為、シングルバージョンと全く同じでは無い。
  8. ^ ボーカルおよびテイクに変更はないが、ホーンおよびコーラスに手が加えられている。
  9. ^ 「違う、そうじゃない」はアルバム「She・See・Sea」の先行シングルで、当楽曲はリカット収録。
  10. ^ 「Get Wild」はベストアルバム「Gift for Fanks」発売の関係でオリジナルアルバム未収録、当楽曲はリカット収録で、カップリング曲ではあるが両曲共アニメの主題歌としてタイアップされている為、当項目では掲載している。尚、1999年再発売盤でのカップリング曲は当楽曲では無く、後述の「GET WILD '89」と「BE TOGETHER」の2曲のカップリング曲に変更され、こちらはマキシシングルでの発売となっている
  11. ^ 「BE TOGETHER」は前述のシングル「Get Wild」の1999年に再発売されたマキシシングル盤でのカップリング曲で、1999年当時TM NETWORKが活動再開した事や、同楽曲が小室哲哉プロデュースのアーティストの一人(所謂小室ファミリー)である鈴木あみがカバーした事から脚光を浴びた為、当項目では掲載している。「Get Wild」の1987年発売盤と1989年再発売盤(8㎝CDシングル)でのカップリング曲は前述の「Fighting (君のファイティング)」だったが、1999年再発売盤でのカップリング曲は「GET WILD '89」と当楽曲に変更されている。鈴木がカバーしたバージョンは、シングル表題曲且つアルバム「 infinity eighteen vol.1」の先行シングルとなっており、こちらはモスバーガーCMでタイアップが付いた為、鈴木の楽曲の中では最大のヒット曲となった
  12. ^ 両曲共リカット収録であるが、カップリング曲「STILL LOVE HER (失われた風景)」の方にアニメのエンディングテーマとしてタイアップが付いている為、当項目では掲載している。「STILL LOVE HER (失われた風景)」の方はシングルバージョンとアルバムバージョンとの相違は無いが、「JUST ONE VICTORY (たったひとつの勝利)」はシングルバージョンとアルバムバージョンではアレンジが大幅に異なり、シングルバージョンではフェードアウトして終了するのに対してアルバムバージョンではカットアウトで終了した後、同アルバム収録曲「IN THE FOREST」のピアノのインストが入っており、演奏時間も7分台と大幅に延長されている
  13. ^ 尚、この作品ではユニット名がTMNに改名されている。当シングル発売後、数ヶ月後の1991年2月に当楽曲の英語の歌詞でのリミックスバージョンである「RHYTHM RED BEAT BLACK (Version 2.0)」が発売されたが、こちらはオリジナルアルバム未収録となっている。
  14. ^ アルバムバージョンとシングルバージョンでは1番Bメロの歌詞が異なっており、ベスト・アルバムなどに収録されているのはシングルバージョンである。T-BOLANのライブではアルバムバージョンが歌われていた。
  15. ^ 「笑顔の行方」はアルバム「WONDER3」の先行シングルだが、当楽曲はアルバムからのリカット収録となり、カップリング曲でありながらCM等へのタイアップは元より、様々なアーティストらにカバーされたり、教科書にも掲載される程の知名度の高い楽曲である為、当項目では掲載している。シングルバージョンとアルバムバージョンではアレンジが大幅に異なり、アルバムバージョンではアウトロが約1分延長されて演奏時間が7分台となっているのに対してシングルバージョンではアウトロのコーラス部分が終了した後直ぐ終了する為、演奏時間が6分台と大幅に短縮されている
  16. ^ アルバムに収録されたものとの大きな違いは、アニメ『ONE PIECE』のキャラクターが声で参加している点。
  17. ^ 「空と君とのあいだに」はアルバム『LOVE OR NOTHING』の先行シングル、当楽曲はリカット収録で、前者はドラマ主題歌、当楽曲はCMへのタイアップが付いている為、両A面シングルと扱われている
  18. ^ 「微笑みの爆弾」は先行シングル、当楽曲はリカット収録で、両曲共アニメのテーマソングとしてタイアップされている。