リカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

リカットは、アルバムに一度収録された楽曲を後からシングルカットすること。そのシングルをリカットシングル、または後発シングルと言う。

おおむね日本国内で使われる言葉であり、また日本国外ではシングルに対するビジネス方針が異なるため(シングルの項目を参照)、本項では日本におけるリカットのみについて記述する。

概要[編集]

アルバムの宣伝として売られるシングルという意味では、アルバムの直前に発売される先行シングルも同じだが、先行シングルがアルバムの初動売上を左右するのに対し、リカットシングルはアルバムがあまり売上を伸ばせなかった場合、いわゆるテコ入れとして効果的な戦略とされる。急遽リカットが決定されることもあれば、アルバム発売前からリカットが決定し、アルバムと同時にシングル発売の宣伝が行なわれることもある。

1970年代から1980年代初頭までは、アルバムの発売間隔が4ヶ月から6ヶ月だったことも珍しくなく、前作からのリカットシングルを新作アルバムと同時に発売することもあった[1]。また、この頃はタイアップが付いてもあえてリカットせず、そのままアルバムの売り上げを伸ばすという戦略を取るミュージシャンもいた。

ヒットした主なリカットシングル(カップリング曲含む)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 逆に、次回作アルバムの先行シングルがアルバムと同時発売になる場合もあった。
  2. ^ これらの楽曲はアルバムから分離する形で実質シングルカットされた物であり今で言うマキシシングルに該当する物だが、発売当時(1988年、1989年)はアルバム扱いとなっており、公式サイトおよびオリコンではミニアルバム(またはアルバム)として扱われている。
  3. ^ 尚、この作品ではユニット名がTMNに改名されている。

関連項目[編集]