リカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リカットは、アルバムに一度収録された楽曲を後からシングルカットすること。そのシングルをリカットシングル、または後発シングルと言う。

おおむね日本国内で使われる言葉であり、また日本国外ではシングルに対するビジネス方針が異なるため(シングルの項目を参照)、本項では日本におけるリカットのみについて記述する。

概要[編集]

アルバムの宣伝として売られるシングルという意味では、アルバムの直前に発売される先行シングルも同じだが、先行シングルがアルバムの初動売上を左右するのに対し、リカットシングルはアルバムがあまり売上を伸ばせなかった場合、いわゆるテコ入れとして効果的な戦略とされる。急遽リカットが決定されることもあれば、アルバム発売前からリカットが決定し、アルバムと同時にシングル発売の宣伝が行なわれることもある。

1970年代から1980年代初頭までは、アルバムの発売間隔が4ヶ月から6ヶ月だったことも珍しくなく、前作からのリカットシングルを新作アルバムと同時に発売することもあった[1]。また、この頃はタイアップが付いてもあえてリカットせず、そのままアルバムの売り上げを伸ばすという戦略を取るアーティストもいた。

シングルの売上を重視している日本では、リカットシングルも例外ではなく、シングルとしてそれなりの戦略も必要となってくる。全体的にCDの売上が減少している現在では、リカットの際にリミックスや再レコーディングを行い、新バージョンとしてリリースしたり、カップリングをアルバム未収録曲あるいは録り下ろしの新曲にすることが多くなっている。しかし、そういった試みが少しは売上に反映できても、リカットは楽曲の再発という印象が強いため、先行シングルよりは売上が乏しくなるのが現状である。実際、日本では先行シングルと比べると後発シングルが非常に少ない。

とはいえ、リカットシングルが初のヒット曲または最大のヒット曲となったアーティストも多い。CDの売上が減少した近年でも、森山直太朗の「さくら(独唱)」や、SMAPの「世界に一つだけの花」等がミリオンセラーとなった。どちらもアルバムとは別テイクではあったが、楽曲の良さがヒットに繋がったといえるだろう。

なお、新曲としてリリースされたシングルのカップリングが、以前リリースされたアルバムからのリカットという場合がある。これは1990年代前半のシングルに多く、単純にカップリングが用意できなかったと思われがちだが、これが前のアルバムの宣伝だとすれば、リカットシングルに似た捉え方もできる。ただし、メインであるA面が新曲であるため、これがリカットシングルと言われることはない。また、アルバムと同時発売のシングルの場合もリカットとは言わない。この場合はどちらかというと先行シングルとして扱われる。

音楽ファンの中にはアルバムと同じテイクでシングルカットした物を「シングルリカット」、アルバムとリミックスやバージョンの違う物は単に「シングルカット」と区別して呼んでいる者も少数だがいる。

ヒットした主なリカットシングル(カップリング曲含む)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 逆に、次回作アルバムの先行シングルがアルバムと同時発売になる場合もあった。
  2. ^ これらの楽曲はアルバムから分離する形で実質シングルカットされた物であり今で言うマキシシングルに該当する物だが、発売当時(1988年、1989年)はアルバム扱いとなっており、公式サイトおよびオリコンではミニアルバム(またはアルバム)として扱われている。
  3. ^ 尚、この作品ではユニット名がTMNに改名されている。

関連項目[編集]