MELODIES (山下達郎のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山下達郎 > 山下達郎の作品一覧 > MELODIES (山下達郎のアルバム)
MELODIES
山下達郎スタジオ・アルバム
リリース
録音 CBS/SONY ROPPONGI STUDIO A & B
ジャンル ジャズ[1]
ファンク / ソウル[1]
ポップ[1]
レーベル MOON ⁄ ALFA MOON
MOON ⁄ MMG(再発)
MOON ⁄ WARNER MUSIC JAPAN(再発)
MOON ⁄ WARNER MUSIC JAPAN (30th Anniversary Edition)
プロデュース 山下達郎
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1983年度年間7位(オリコン)
山下達郎 アルバム 年表
GREATEST HITS! OF TATSURO YAMASHITA
1982年
MELODIES
1983年
BIG WAVE
1984年
『MELODIES』収録のシングル
  1. 高気圧ガール
    リリース: 1983年4月23日
  2. クリスマス・イブ
    リリース: 1983年12月14日
テンプレートを表示

MELODIES』(メロディーズ)は、1983年6月8日に発売された山下達郎通算7作目のスタジオ・アルバム

解説[編集]

オリジナル・アルバムとしては17か月ぶりとなる、アルファ・ムーン移籍第1弾アルバム。後にロング・ヒットとなる「クリスマス・イブ」が収録されていることでも知られている。

1983年2月、山下は30歳を迎えた。当時の音楽業界の流れとして、30歳を過ぎてなおヒットを出し続ける事は容易ではなく、落ち目になるのが当然という時代で、将来的な展望やヴィジョンを模索することがもはや困難になった。ただ、前年秋に担当ディレクターだった小杉理宇造が独立して立ち上げたレコード会社への移籍第1弾であり、所属ミュージシャン兼役員という立場上、現実的に数字を出さねばならなかった。「RIDE ON TIME[注 1]でブレイクし、『FOR YOU[注 2]でリゾート・ミュージックという受け取られ方ながら、商業的には成功した。しかし結局はここがピークで今後「浮き沈みの激しい音楽業界でそう何年も続けて活動していける筈が無い」というのが山下自身、そしてスタッフの一致した見解だった。「あと何年できるのか、いや、あと何年持たせなければならないか?」というところで「会社として軌道に乗せるために、あと5~7年」とのやり取りがスタッフとの間で交わされたという。この時点でライブの動員成績は良かったものの、あくまでメインストリームにはなり得ない。先々を考えるとこれもあと3年もすれば頭打ちという予測に至った。ならば「これから先は自分のやりたい事をやろうと。ともかくこの頃は元に戻りたいというか、シュガー・ベイブに戻りたかった。要するに『流行りものじゃない音楽』がやりたかった。自分の中のオタク願望を実現させたかったというか、自分が思春期に憧れていたものとか、そういう音楽をやりたかったんだ」「ここから2~3年でダーッと売るだけ売って、パっと散るという道もあったけど、それはミュージシャンとしての僕が許さなかった。もちろん僕はムーン・レコードの役員で、なおかつ稼ぎ頭だったから、自分のわがままを押し通すわけにはいかなかったけど、ともかく自分のやりたいことをやろう、と」「30歳でレコード会社を移籍するというのはすごくリスクの大きい事だった。でも僕としては83年まで生き残れてた事自体がすごくラッキーだと思ってた。最後にひと花咲かせたというか。で、たぶんあと5年ぐらいしか活動できないと思ってた。実際の話、ムーン・レコードには制作部長というポストは92年までなかったの。それは僕のために残してあった。当時の予定としては、90年に武道館でさよならコンサートをやって、その後、制作部長のポストに就くことになってたんだ」[2]と、当時の様子を語っている。

この頃、ミュージシャン、スタジオ、マネージメントといった、レコーディングを取り巻く環境は数年前とは見違えるほど改善されていた。この上さらに何か向上させられるものはないかと考えた時、初めて歌詞の部分に思いが及んだ。それまでは、言葉よりも音にウエイトを置いた、いわゆるサウンド志向の作品を作り続けていた。決して歌詞をぞんざいにしていたわけではなく、自分の作る音楽が本来は英語で歌われるべきメロディー構造だったため、どうしても言葉の数に制限が出たり、言葉の選択に窮屈さを感じてしまい、その結果、フォークソング歌謡曲といった、言葉重視の音楽に比べると詞が弱いという評価を受けていた。そんな窮屈な中でも、自分なりの歌世界が作れないか。職業作詞家のような作詞術は持ち合わせていなくても自分の言葉で歌を作ることは、この先音楽を続けていく上で、とても重要なことに思えた。作品に自分のものの考え方、いわば思想信条といったものを、もっと投影させてみたいと願った結果が、作詞をできる限り自分で手掛けようという選択につながって行った。その背景には「僕は70年安保の政治的な時代に多感な10代を過ごした世代だし、サブカルチャーから出てきた人間として、どうしても歌に自分の言葉で自分の思想を込めたいという願望に駆られたんだ」という側面もあったという。本作では『FOR YOU』[注 2]のアウト・テイク「BLUE MIDNIGHT」とグレン・キャンベルのカヴァー「GUESS I'M DUMB」以外は山下の作詞で、これ以降作詞も重要なファクターとなっていく。このアルバムの歌詞の世界観について山下は「どっちにしろ職業作詞家じゃないから、ある程度限定された世界でいいし。この時は初めてまとめて歌詞を書くという事で、どうせなら歌詞のテーマを重複させようと思った。このアルバムは“MELODIES AND MEMORIES”というようなノスタルジックなイメージがテーマで、歌詞は全てリアルタイムの事じゃなくて、思い出というか、イリュージョンというか、そういうものに基づいている。僕が自分で歌詞を書く上で持ち続けているテーマは、都市生活者の抱く疎外感というようなものなんだけど、そういうものと男のやくざな感性というか、ロマンティシズム、あるいはレイ・ブラッドベリ的なイリュージョンというものでやろうと思ったんだ」[2]と語っている。

発売後、オリコンチャートで初登場1位を獲得。翌週には松田聖子ユートピア』が1位になったものの、その翌週には再び1位となった。結局、本作は前作『FOR YOU』の売り上げを上回る成績を残した。2013年の再発時に山下は曲目解説で、本作の発売当初は夏っぽくない、『FOR YOU』のような開放感に欠ける、といった類の批判もかなり受けたが、確信犯的行動だったので、全く気にならなかった。その後も活動を続けられるのは、本作での路線変更のおかげだと書いている。

アナログ盤はゲートフォールド仕様。尚、ジャケット裏は当初、誤って予定していたものとは別の写真が使われていたため、CD再発に際し、本来使用するはずだった写真に差し替えられた。

オリコンでは、1992年にリマスター盤として再発された際、1992年11月23日付と30日付の2週にわたってオリジナル盤とは別に集計されていたが、1992年12月7日付のチャートにおいてオリジナル盤と合算して集計された(2週分の累計売上は合算されず)。このような現象は同時期に再発された竹内まりやREQUEST[注 3]でもみられた。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. 悲しみのJODY (She Was Crying) (3'50")
    words & music by Tatsuro Yamashita
    山下にとって久しぶりの8ビート・ミュージック。一人多重演奏でレコーディングされているのは、こういったタイプの曲調はスタジオ・ミュージシャンの演奏では個性的なサウンドにならないからだという。ベースになっているのは、1982年から1年間、TBSラジオで放送された「サウンズ・ウィズ・コーク」のパーソナリティーを務めた際、そのテーマ曲として制作したインストゥルメンタルの楽曲である。サブタイトルになっている「She Was Crying」には「Sounds With Coke」へのオマージュという思いが込められており、夏の終わりのロスト・ラブというレトロな詞のテーマは、リゾート・ミュージックからの脱皮を試みるという意図からのもの。翌年、映画のサウンドトラック『BIG WAVE[注 4]に英語詞の「JODY」が収録された。なお、フェードアウト直前での、バスドラムの6連打は、山下のフェイバリット・ドラマーの一人、ハル・ブレインからの影響。後に日産自動車「9代目スカイライン」CMソングに使われた。また、福岡のローカルスーパー「サニー」の創業20周年用にも提供され、当時店内やラジオCMで最後に“You Are My Sunny”と本人の一人多重コーラスが追加されたヴァージョンが流された。2012年にはオールタイム・ベスト・アルバム『OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜[注 5]にも収録された。
  2. 高気圧ガール (4'20")
    words & music by Tatsuro Yamashita
    ANA沖縄キャンペーンソングとして、アルバムに先駆けシングル・カットされた[注 6]。タイトルは山下とも親交があったコピーライター眞木準が制作したCMコピーがそのまま使われた。本作には当初、イントロをアカペラだけでスタートし、アカペラとパーカッションでフェイド・アウトするアルバム・ヴァージョンが収録される予定だったが、曲の仕上がりが思ったより重たい感じになってしまったとの理由でシングルと同じテイクが収録された。途中に入る高気圧の溜息は竹内まりや。この曲も『OPUS』[注 5]に収録された。
  3. 夜翔 (Night-Fly) (4'22")
    words & music by Tatsuro Yamashita
    「東京に住んでいると、夜にサイレンの音が聞こえる事がよくあるが、あれがイメージになっている」と語っている。「Night-Fly」というタイトルが気に入っていたが、ドナルド・フェイゲンが前年にアルバム『The Nightfly』をリリースしたため、真似をしたと言われないように「夜翔」と付けた、という。
  4. GUESS I'M DUMB (3'11")
    words by Russ Titelman  music by Brian Wilson
    ブライアン・ウィルソン作曲・プロデュース、ラス・タイトルマン作詞で1965年6月にリリースされたグレン・キャンベルのシングル曲のカヴァー。1965年2月以降、ビーチ・ボーイズのツアーへの参加をやめたブライアンが、自分の代わりにベーシストとして1か月ほどツアーに参加したグレンのために書き下ろした。この曲も「悲しみのJODY」と同じ理由で、ホーンとストリングス、ベース以外は一人多重演奏となっている。なお、アナログ盤の歌詞カードではタイトルマンの綴りが誤って“Tietleman”となっていたが、2013年の再発時に正しく“Titelman”と訂正された。
  5. ひととき (3'59")
    words & music by Tatsuro Yamashita
    曲のイメージは「トム・ラッシュのような感じを出したかった。つまり、グリニッジ・ヴィレッジのフォーク周辺の感じ。それと、バート・バカラックあたりを足した感じ」というが、作詞した8曲中最後まで残り、最も悩んだ曲だと語っている。

SIDE B[編集]

  1. メリー・ゴー・ラウンド (6'17")
    words & music by Tatsuro Yamashita
    この曲や「あしおと」などは、ドラム、ベース、山下のキーボードという3人でベーシック・トラックが作られ、それにギターやパーカッション、多重コーラスを加えて完成させるという方式でレコーディングされていた。この時代、アルバムに必ず収録されていたファンク路線の曲も自分で歌詞を書くとレイ・ブラッドベリ的な世界という内容になり、本作中、詞に関して最も気に入っている作品だという。詞は恋人と二人で夜中に遊園地に忍び込んでいくというイメージで、途中に出てくる「色褪せた水玉のベンチ」は、昔後楽園ゆうえんちに実際にあったものがモチーフになっている。レコーディング当初、間奏にはサックスやギターのソロを入れようと試したがどれも今ひとつしっくりこなかったため、コーラスのみで仕上げられた。当初、スタッフには曲中のカウベルを模したボイスパーカッションが極めて不評だったという。ライブ・アルバム『JOY[注 7]にライブ・ヴァージョンが収録された。
  2. BLUE MIDNIGHT (4'14")
    words by Minako Yoshida  music by Tatsuro Yamashita
    『FOR YOU』[注 2]レコーディング時のアウト・テイク。収録に際しストリングスがダビングされている。この曲のみ、吉田美奈子が作詞を手がけている。
  3. あしおと (3'53")
    words & music by Tatsuro Yamashita
    『FOR YOU』[注 2]の時に完成していたが、歌入れされていなかった曲。山下自身、気の弱い男の片想いの歌は大好きで、この曲は盛り場のストリート・サイドにある花屋の店員が主人公という設定のシカゴ・ソウル風味の作品。いつも夕暮れ時に店の前を通り過ぎる会社帰りのOLへの淡い恋心の歌。
  4. 黙想 (1'33")
    「今回のアルバムは“プロデューサー山下達郎”が“シンガーソングライター山下達郎”に命じて作らせた作品だと思っている。そこで、シンガーソングライターの作品には弾き語りが一曲は必要なんじゃないかと考えた」と語っている。次曲「クリスマス・イブ」への序章として考えたという。
  5. クリスマス・イブ (4'13")
    2013年の再発時に山下は曲目解説で、この曲を作った時には、30年後にどうなっていて何を語ろうかなど考えられるはずもない。バロック調のコード進行に合致させるという発想から、歌詞のテーマがクリスマスになったもので、別にクリスマス・ソングで当ててやろうとか、そういう下心がもとよりあるはずもなく、今となってみれば逆にそれが良かったのかとも思えるという。この曲も『OPUS』[注 5]に収録された。

クレジット[編集]

PRODUCED and ARRANGED by TATSURO YAMASHITA for Smile Co.
 
Mixed and Remixed by Tamotsu Yoshida
Associate Producer : Nobumasa Uchida
Assistant Engineer : Masato Ohmori
 
Recorded at CBS/SONY Roppongi Studio A & B
Re-mixed at CBS/SONY Roppongi Studio B
Mastering Studio : 
 
CBS/SONY Shinanomachi
Mastering Studio
Disc Mastering Engineer : Teppei Kasai
 
Management Office : Wild Honey
Assistant Management : 
 
 
Kentaro Hattori
Masayuki Matsumoto
& Kimmy Satoh
Copyright Management : Kenichi Nomura
Masterrights Owned by Smile Co.
 
Exective Producer : Ryuzo“Junior”Kosugi
 
Art Direction : Hiroshi Takahara
Design : 
 
Hiroshi Takahara, Akira Utsumi
Mayumi Oka
Photographer : Kaoru Ijima
Inner sleeve illustration : Midori Murakami
Lettering : Tadashi Yokoshi
 
Hiroshi Satoh by the courtesy of ALFA Records
Hiroyuki Namba by the courtesy of RCA Records
Daisuke Inoue by the courtesy of JAPAN Records

CD:32XM-27[編集]

  1. 悲しみのJODY (She Was Cring) (3'52")
  2. 高気圧ガール (4'22")
  3. 夜翔 (Night-Fly) (4'25")
  4. GUESS I'M DUMB (3'13")
  5. ひととき (4'02")
  6. メリー・ゴー・ラウンド (6'20")
  7. BLUE MIDNIGHT (4'17")
  8. あしおと (3'55")
  9. 黙想 (1'33")
  10. クリスマス・イブ (4'15")

CD:AMCM-4150[編集]

  1. 悲しみのJODY (She Was Cring) (3'52")
  2. 高気圧ガール (4'22")
  3. 夜翔 (Night-Fly) (4'25")
  4. GUESS I'M DUMB (3'13")
  5. ひととき (4'02")
  6. メリー・ゴー・ラウンド (6'20")
  7. BLUE MIDNIGHT (4'17")
  8. あしおと (3'55")
  9. 黙想 (1'33")
  10. クリスマス・イブ (4'15")

CD:WPCV-10020[編集]

  1. 悲しみのJODY (She Was Cring) (3'52")
  2. 高気圧ガール (4'22")
  3. 夜翔 (Night-Fly) (4'25")
  4. GUESS I'M DUMB (3'13")
  5. ひととき (4'02")
  6. メリー・ゴー・ラウンド (6'20")
  7. BLUE MIDNIGHT (4'17")
  8. あしおと (3'55")
  9. 黙想 (1'33")
  10. クリスマス・イブ (4'15")

CD:WPCL-11539 (30th Anniversary Edition)[編集]

  1. 悲しみのJODY (She Was Cring)
  2. 高気圧ガール
  3. 夜翔 (Night-Fly)
  4. GUESS I'M DUMB
  5. ひととき
  6. メリー・ゴー・ラウンド
  7. BLUE MIDNIGHT
  8. あしおと
  9. 黙想
  10. クリスマス・イブ
    BONUS TRACKS
  11. SOUNDS WITH COKE THEME (“Jody”Inst. Version)
    山下がパーソナリティーを担当していたラジオ番組『サウンズ・ウィズ・コーク』[注 8]のテーマソングとして82年に書かれたインストゥルメンタル[注 9]。このインスト曲に手を加えて歌詞が付けられたものが「悲しみのJODY」となった。
  12. 高気圧ガール (Long Version)
    先行リリースのシングル曲をアルバム収録に際し、シングルとは異なるアルバム・ヴァージョンを作るというのがこの頃にはよくあることだった。イントロが純粋アカペラで始まり、エンディングがシングルより長いこのロング・ヴァージョンが当初はアルバム・ヴァージョンとして使われる予定だったが、シングル・ヴァージョンのイントロの方がインパクトがあること。また、総演奏時間が伸びてディスク・カッティングに影響が出ることを考慮して見送られた。
  13. BLUE MIDNIGHT (1st Mix)
    『FOR YOU』[注 2]制作時に一度ミックスダウンが行われた時のトラック。この時点ではストリングスがなく、コーラス中心のアレンジだったので仕上がりがちょっと地味に思われ、『FOR YOU』[注 2]への収録が見送られた。山下自身嫌いな曲ではなかったのでストリングスが加えられ、再度ミックスダウンが行われてアルバムに収録となった。
  14. クリスマス・イブ (Key In D)
    キーがA(イ長調)の正規ヴァージョンに対し、D(ニ長調)で演奏された別テイク。ギターのアルペジオが入っていることから、それなりのところまで作業が進んでいたことがわかるものの山下自身、どうしてこのようなテイクを作ろうと思い立ったのか、全く記憶がないという。恐らく、「悲しみのJODY」のように裏声で歌う可能性を想定していたのだろうが、パッヘルベルカノン」のキーがAだったことも、最終的に現行の正規ヴァージョンが選ばれた一因だろうという。オケは未完成、歌も仮歌。山下は「あくまで話のネタです」という。
  15. 悲しみのJODY (Reprise)
    アナログB面最後、「クリスマス・イブ」の後に収録するか、ギリギリまで悩んだものの、結局見送られた「悲しみのJODY」のリプリーズ。

クレジット[編集]

スタッフ[編集]

Originally Released in 1983/06/08 (MOON-28008)

[Original 1983 Edition]
PRODUCED and ARRANGED by TATSURO YAMASHITA
 
Exective Producer : Ryuzo“Junior”Kosugi
 
Recording & Mixdown Engineers : Tamotsu Yoshida
Associate Producer : Nobumasa Uchida
Assistant Engineer : Masato Ohmori
Recorded at CBS/SONY Roppongi Studio A & B
Mixed at CBS/SONY Roppongi Studio B
 
Original Art Direction & Design : Hiroshi Takahara
Photograph : Kaoru Ijima
Inner sleeve Illustration : Midori Murakami
Lettering : Tadashi Yokoshi
 
Special thanks to Koichi Arimura for his authority

[2013 30th Anniversary Edition]
PRODUCED and ARRANGED by TATSURO YAMASHITA for Tenderberry & Harvest
Exective Producer : Ryuzo Kosugi
 
Analog-Digital Transfer : Tatsuya Nakamura (Planet Kingdom) & Tetsuya Naito (Sony Music Studios Tokyo)
Bonus Tracks Recording & Mixdown Engineers : Tamotsu Yoshida except noted
CD Mastering Engineer : Mitsuharu Harada (Victor Creative Media Daikanyama Studio)
 
A&R Coordinators : Takeshi Okumura (WMJ) & Seiichi Inoue (WMJ)
A&R in Chief : Toshiyuki Kuroiwa (WMJ)
Management : Katsunori Sato (Smile Company) & Hiroshi Watanabe (Smile Company)
Assistant Management : Junichi Usami (Smile Company)
 
Reissue Design : Shusaku Harima & Tomo (Artisan Art Work)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ RIDE ON TIME1980年5月1日発売 AIR ⁄ RVC EP:RAS-508
  2. ^ a b c d e f FOR YOU1982年1月21日発売 AIR ⁄ RVC LP:RAL-8801
  3. ^ 竹内まりやREQUEST1987年8月12日発売 MOON ⁄ ALFA MOON LP:MOON-28047, CD:32XM-46
  4. ^ BIG WAVE1984年6月20日発売 MOON ⁄ ALFA MOON LP:MOON-28019
  5. ^ a b c OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜2012年9月26日発売 MOON ⁄ WARNER MUSIC JAPAN 4CD:WPCL-11201/4【初回限定盤】, 3CD:WPCL-11205/7【通常盤】
  6. ^ 高気圧ガール1983年4月23日発売 MOON ⁄ ALFA MOON EP:MOON-706
  7. ^ JOY1989年11月1日発売 MOON ⁄ ALFA MOON 2CD:50MX-95/6
  8. ^ TBSラジオ『サウンズ・ウィズ・コーク』 1982年4月10日-1983年4月2日放送
  9. ^ 山下達郎CM全集 Vol.1』(1996年6月発売 WILD HONEY RECORDS CD:WCD-8002)に収録

出典[編集]

  1. ^ a b c Tatsuro Yamashita = 山下達郎 - Melodies at Discogs Discogs. 2018年8月24日閲覧。
  2. ^ a b ファンクラブ広報誌「TATSURO MANIA」No.20“ALBUM GUIDE『MELODIES』”

外部リンク[編集]