木綿のハンカチーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木綿のハンカチーフ
太田裕美シングル
初出アルバム『心が風邪をひいた日
B面 揺れる愛情
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル J-POPアイドル歌謡曲
時間
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 松本隆(作詞)
筒美京平(作曲)
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1976年度年間4位(オリコン)
  • 週間1位(ミュージック・ラボ)
太田裕美 シングル 年表
夕焼け
(1975年)
木綿のハンカチーフ
(1975年)
赤いハイヒール
1976年
収録アルバム心が風邪をひいた日
木綿のハンカチーフ
(Album Version)
(1)
袋小路
(2)
テンプレートを表示

木綿のハンカチーフ」(もめんのハンカチーフ)は、太田裕美の楽曲で、4枚目のシングル1975年12月21日に発売。発売元はCBS・ソニー。太田最大のヒット曲であり、累計売上枚数は、オリコンの統計では86.7万枚、ミュージック・リサーチ社の発表では150万枚以上。

解説[編集]

名目上は、1975年12月5日に発売された3枚目のアルバム心が風邪をひいた日』からのシングルカットであるが、実際にシングル盤では新たに録音し直された。これは、歌詞を一部変更し[1]萩田光雄単独の編曲によるアルバムバージョンに筒美京平が若干アレンジを加えた[2]ためである。

この楽曲は、完成するまではかなりの紆余曲折があった。作詞の松本隆は、都会(≒東京)に出た男性と故郷に残された女性との遠距離恋愛を対話形式で歌詞にしたが、こうした男言葉と女言葉が交互に切り替わるという構成は、当時の歌謡曲ではおよそ前例のない試みであり、新しい日本語ポップスを創造しようという松本の高い問題意識が現われている[3]。一方、作曲の筒美は「詞が長過ぎる」と松本に対して更に短くすることを望んだ。しかし、松本や担当ディレクター兼プロデューサーの白川隆三[4]と連絡が取れず[5]、仕方なくそのまま歌詞に合わせて曲を作った。実際に取り掛かるとすんなりと進み、「いや〜、いい曲が出来たよ」と喜色満面で提出したとのことである。

歌詞は、ボブ・ディラン「スペイン革のブーツ」に着想を得たと思われる。「東へと向かう列車で」の部分は、この年の3月に山陽新幹線の岡山-博多が開業したことと、担当ディレクターの白川隆三が福岡県出身であることが背景にある模様。

主人公の「おとなしく耐えて待つ田舎の女の子」には、松本の理想の女性像が反映されている。一方それを歌う太田は言いたいことをハッキリ言うサバサバした性格であり、そうしたキャラクターのギャップが、太田の入れ込み過ぎない客観的な歌いぶりにつながり、リスナーに広く受け入れられ易くなったと平山雄一は論じている[3]

オリコンチャートでは最高2位だったが、ミュージック・ラボのチャートでは1週のみだが最高1位を記録した[6](前後の週の1位は、子門真人の「およげ!たいやきくん」とダニエル・ブーンの「ビューティフル・サンデー」)。

同1976年末、太田自身初出場となった『第27回NHK紅白歌合戦』の披露曲であり、1・3・4番を歌唱したが、紅白本番での「木綿のハンカチーフ」は、当時は放送時間の制約で1曲3分以内が原則であったこともあり、原曲よりも速いテンポで演奏されていた。

志村けんのだいじょうぶだぁ」の「イエイエおじさん」のコントで、当曲のフレーズが引用されたことがある[7]

収録曲[編集]

  • 作詞:松本隆 作曲:筒美京平
  1. 木綿のハンカチーフ
    • 編曲:筒美京平・萩田光雄
  2. 揺れる愛情
    • 編曲:萩田光雄

主なカバー[編集]

本作品は多くのアーティストによりカバーされている。

  • チェリッシュ1976年) - カバーアルバム『リメンバー/チェリッシュ・ベスト・コレクション』に収録(2003年、2枚組ベストアルバム『ベスト・ウィッシーズ』に再録)。
  • トッポ・ジージョ(CV:山崎唯)(1976年) - カバーアルバム『トッポ ジージョ』に収録。
  • 平尾昌晃(1976年) - アルバム『Disco Train』に収録。
  • 佐良直美1977年) - アルバム『歌手生活10周年記念 佐良直美』に収録。
  • 石川ひとみ1978年) - カセットミュージックテープ『くるみ割り人形・右向け右 =わたしはひ・と・み=』 に収録(2002年、CD-BOX『78-86ぼくらのベスト 石川ひとみCD-BOX』に再録)。
  • チェルシア・チャン(陳秋霞)(1978年) - アルバム『第二道彩虹』に広東語で収録(曲名・六月天)。
  • 藤谷美紀1990年) - シングル「木綿のハンカチーフ」に収録(1996年、再発売アルバム『イン・シーズン[+3]』に追加収録曲として再録)。
  • ノーランズ1991年) - カバーアルバム『淋しい熱帯魚』に収録。
  • 李博士1996年) - カバーアルバム『李博士のポンチャック大百科』に収録。
  • 松野太紀(1996年) - アルバム『はじめの一歩。』に収録(笠原弘子とのデュエット)。
  • 桑田佳祐1997年) - 自身のライブ「Act Against AIDS '97 歌謡サスペンス劇場」でカバー。
  • diEZEl from JPS(1997年) - アルバム『たまごっちフリーク』に収録。
  • 氷上恭子池澤春菜田中理恵1999年) - アルバム『ライヴ・ジュテーム〜ジュテーム・マニア99・イン・ヘル』に収録。
  • What's Love?2002年) - アルバム『明けゆく空に』にボーナス・トラックとして収録。
  • 椎名林檎(2002年) - カバーアルバム『唄ひ手冥利〜其ノ壱〜』に収録(松崎ナオとのデュエット)。
  • 中澤裕子(2002年) - カバーアルバム『FOLK SONGS 2』に収録。
  • BONO BONO(2002年) - カバーアルバム『Flores』にポルトガル語で収録。
  • OUTLAW2003年) - カバーアルバム『俺メロRespect』に収録。
  • 井上芳雄2004年) - アルバム『空に星があるように』に収録。
  • 神園さやか2005年) - アルバム『18才〜旅立ち〜』に収録。
  • 岡村靖幸(2005年) - アルバム『岡村ちゃん大百科〜愛蔵盤[8]』に収録。
  • INSPi(2005年) - カバーアルバム『インスピ・復刻盤』に収録。
  • en-Ray(2005年) - カバーコンピレーションアルバム『Chai Chai』に収録。
  • 斉藤由貴2006年)- アルバム『青いうた〜のど自慢 青春編〜 オリジナル・サウンドトラック』に収録。
  • いきものがかり(2006年)- シングル「HANABI」に収録。
  • 落合祐里香2007年) - シングル「木綿のハンカチーフ」に収録。
  • キンモクセイ(2007年) - カバーアルバム『さくら』に「木綿のハンカチーフwith太田裕美」収録。
  • 草野マサムネ(スピッツ)(2007年)- トリビュート・アルバムthe popular music 〜筒美京平トリビュート〜』に収録。
  • Alani Ohana Band(2007年) - カバーアルバム『東京ハワイ』に収録。
  • 遠藤賢司(2007年) - アルバム『遠藤賢司実況録音大全【第一巻】1968-1976[9]』に収録。
  • ビキニング[10](2007年) - アルバム『恋しくて オリジナル・サウンドトラック』に収録。
  • 稲垣潤一2008年) - カバーアルバム『男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-』に収録。太田自身がデュエットで参加。
  • 大和真二郎(2008年) - カバーアルバム『We style'71-'75 フォークギターとベルボトム』に収録。
  • ダウト2009年) - ミニアルバム『登竜門』に収録。
  • 矢野めぐみ(2009年) - シングル「恋のフーガ」に収録。
  • misono2010年) - カバーアルバム『カバALBUM2』に収録。
  • オトナモード(2010年) - トリビュート・アルバム『雨の色 風の色』に収録。
  • 佐藤竹善(2010年) - トリビュート・アルバム『松本隆に捧ぐ-風街DNA-』に収録。
  • 近江知永(2010年) - シングル「ガールフレンド」に収録。
  • 綾瀬はるか(2010年) - 配信シングル『木綿のハンカチーフ』にて配信後、シングル「マーガレット」に収録。
  • 関口衣菜(2010年) - シングル「木綿のハンカチーフ」に収録。
  • COO[11](2010年) - 配信シングル「木綿のハンカチーフ」にて配信。
  • チュール2011年) - シングル「微笑んでみるだけで」に収録。
  • やなわらばー(2011年) - カバーアルバム『泣唄 笑唄』に収録。
  • 仙名彩世(宝塚歌劇団)(2012年) - カバーコンピレーションアルバム『OLDIES -TAKARAZUKA NATSUMERO SONG-』に収録。
  • 高野千恵(2012年) - カバーアルバム『Requestシリーズ 歌謡曲編』に収録。
  • ASKA(2012年) - 配信シングル「木綿のハンカチーフ」にて配信後、カバーアルバム『「僕にできること」いま歌うシリーズ』に収録。
  • 柴田淳(2012年) - カバーアルバム『COVER 70's』に収録。
  • Miwon(美元),Marie,Risa&Chiz(2012年) - カバーアルバム『Blend×Friend 70's』に収録。
  • 森川つくし2013年) - カバーアルバム『森川つくしのカバー名曲集』に収録。
  • ソンレイナス(2013年) - アルバム『LAS JAPONESAS』に収録。
  • SHANTI(2013年) - カバーアルバム『Jazz en Rose』に収録。
  • 岩崎良美(2013年) - カバーアルバム『The Reborn Songs 〜シクラメン〜』に収録。
  • 朝倉さや(2014年) - カバーアルバム『方言革命』に収録。歌詞は山形弁に“翻訳”されている。
  • 若山かずさ(2014年) - カバーアルバム『エンカのチカラ プレミアム(青盤)』に収録。
  • 鈴木タカオ(2014年) - カバーアルバム『うたごころ 〜鈴木タカオの世界〜』に収録。
  • 三宅由佳莉(海上自衛隊東京音楽隊)(2015年) - アルバム『希望〜Songs for Tomorrow』に収録。
  • 真心ブラザーズ(2015年) - カバーアルバム『PACK TO THE FUTURE』に収録[12]
  • May J.2016年) - カバーアルバム『Sweet Song Covers』に収録[13]
  • 原田知世(2016年) - カバーアルバム『恋愛小説2〜若葉のころ』に収録[14]
  • ひごさつま(2016年) - アルバム『ひごさつま恋愛論』に収録[15]
  • 山田姉妹(2017年) - カバーアルバム『あなた 〜よみがえる青春のメロディー』に収録。
  • 天童よしみ(2017年) - カバーアルバム『歌魂 -うたごころ-』に収録。
  • Softly(2017年) - アルバム『ふたりの距離』の初回限定盤特典CDに収録。

収録作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松本隆からの要請で手直しを行った(アルバムver.「君は素顔で」シングルver.「今も素顔で」)
  2. ^ ストリングス系を中心にアレンジを変更。
  3. ^ a b 平山雄一「温故知新 〜名曲ができるまで〜」、『WHAT'S IN?』2007年1月号、エムオン・エンタテインメント、 78頁。
  4. ^ 「匠の記憶」第15回 太田裕美 ディレクター(デビュー当時) 白川隆三さん moraトピックス 2017年4月26日
  5. ^ 松本は、おそらく筒美から「曲を付けるのは難しいということで電話があるんじゃないか」と連絡が来るのを予想していたので、締切当日まで連絡の取れない場所に雲隠れしていたという。
  6. ^ 「全国ディスクベスト10」『週刊朝日』1976年4月2日号、154頁。
  7. ^ 志村けんが扮する「イエイエおじさん」がクイズに回答するコントで、何を問われても「イエイエ」としか回答しないものの、全ての答えが「い」と「え」だけの発音だけで構成された単語であったため全問正解するというオチであった。そのクイズの中に当曲の途中までが流され、その続きの歌詞を問われる問題が存在した。
  8. ^ Disc 8(LIVE弾き語り 1996年2月14日 日本武道館)より。
  9. ^ Disc 8(1976年 ハード・フォーク・ライブ)より。
  10. ^ 映画『恋しくて』(2007年、中江裕司監督)の劇中に登場するバンド
  11. ^ アレンジ・キングとのコラボ
  12. ^ 真心ブラザーズ、聖子&明菜ら昭和の女性アイドルカバー「歌うの楽C」”. ORICON (2015年7月10日). 2015年7月10日閲覧。
  13. ^ May J.カバーアルバム第3弾で日本の名曲歌う”. 音楽ナタリー (2016年1月5日). 2016年1月5日閲覧。
  14. ^ ユニバーサルミュージック公式サイト
  15. ^ シンガー・ソングライター・デュオ“ひごさつま”が“恋人の日”に合わせてMVを公開”. CDJournal (2016年6月11日). 2016年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]