木綿のハンカチーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木綿のハンカチーフ
太田裕美シングル
収録アルバム 心が風邪をひいた日
B面 揺れる愛情
リリース 1975年12月21日
規格 シングルレコード
ジャンル J-POPアイドル歌謡曲
時間 3分47秒
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 作詞:松本隆
作曲:筒美京平
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1976年度年間4位(オリコン)
太田裕美 シングル 年表
夕焼け
1975年
木綿のハンカチーフ 
(1975年)
赤いハイヒール
1976年
収録アルバム心が風邪をひいた日
木綿のハンカチーフ
(Album Version)
(1)
袋小路
(2)
テンプレートを表示

木綿のハンカチーフ」(もめんのハンカチーフ)は、太田裕美の4枚目のシングル1975年12月21日CBS・ソニーから発売された。1976年の年間シングル売り上げ第4位にランクされ、太田裕美にとって最大のヒット曲となった。売上枚数は、オリコンの統計では86.7万枚、ミュージック・リサーチ社の発表では150万枚を超える統計もある。

解説[編集]

名目上は、1975年12月5日に発売されたサード・アルバム心が風邪をひいた日』からのシングルカットであるが、実際にシングル盤では新たに録音し直された。これは、歌詞を一部変更し[1]萩田光雄単独の編曲によるアルバムバージョンに筒美京平が若干アレンジを加えた[2]ためである。

この楽曲は、完成するまではかなりの紆余曲折があった。作詞の松本隆が、都会(≒東京)[3]に出た男性と故郷に残された女性との遠距離恋愛を対話形式で歌詞にしたところ、作曲の筒美が「詞が長過ぎる」と松本に対して更に短くすることを望んだ。しかし、松本や担当ディレクター兼プロデューサーの白川隆三と連絡が取れず[4]、仕方なくそのまま歌詞に合わせて曲を作ったが、実際に取り掛かるとすんなりと進み「いや〜、いい曲が出来たよ」と喜色満面で提出したとのことである。

発売した翌年の1976年初頭にBEST10にランクされ、その後も長い間に亙りヒットとなったが、同時期にリリースされた歴代シングル・セールスNo.1の子門真人およげ!たいやきくん」がオリコン・ランキング1位を取り、本作は1位を獲得することはできなかった。

この歌詞ボブ・ディランのサード・アルバム『時代は変る』に収録された「スペイン革のブーツ(Boots of Spanish Leather)」 によく似ており、批判されることもある。松本もディランの影響があることは認めたが、「影響とパクリとは違う」と反発して、南沙織の「哀しい妖精」(作曲ジャニス・イアン)でもあえて「風に吹かれて」と似た歌詞を付けたという。

同1976年末、太田自身初出場となった『第27回NHK紅白歌合戦』の披露曲であり、1・3・4番を歌唱したが、紅白本番での「木綿のハンカチーフ」は、当時は放送時間の制約で1曲3分以内が原則であったこともあり、原曲よりも非常に速いテンポで演奏されていた。

収録曲[編集]

  1. 木綿のハンカチーフ
    • 作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:筒美京平・萩田光雄
  2. 揺れる愛情
    • 作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:萩田光雄

主なカバー[編集]

本作品は多くのアーティストによりカバーされている。

収録作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松本隆からの要請で手直しを行った(アルバムver.「君は素顔で」シングルver.「今も素顔で」)
  2. ^ ストリングス系を中心にアレンジを変更。
  3. ^ 歌詞に「東へ向かう列車で旅立つ」と歌われている
  4. ^ 松本は、おそらく筒美から「曲を付けるのは難しいということで電話があるんじゃないか」と連絡が来るのを予想していたので、締切当日まで連絡の取れない場所に雲隠れしていたという。
  5. ^ Disc 8(LIVE弾き語り 1996年2月14日 日本武道館)より。
  6. ^ Disc 8(1976年 ハード・フォーク・ライブ)より。
  7. ^ 映画『恋しくて』(2007年、中江裕司監督)の劇中に登場するバンド

関連項目[編集]