DISCOVERY (Mr.Childrenのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > DISCOVERY (Mr.Childrenのアルバム)
DISCOVERY
Mr.Childrenスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1999年2月度月間1位(オリコン)
  • 1999年度年間10位(オリコン)
  • オリコン歴代アルバムランキング93位
ゴールドディスク
Mr.Children 年表
BOLERO
1997年
DISCOVERY
(1999年)
1/42
(1999年)
『DISCOVERY』収録のシングル
  1. ニシエヒガシエ
    リリース: 1998年2月11日
  2. 終わりなき旅
    リリース: 1998年10月21日
  3. 光の射す方へ
    リリース: 1999年1月13日
  4. I'LL BE
    リリース: 1999年5月12日
テンプレートを表示

DISCOVERY』(ディスカバリー)は、 Mr.Childrenの7枚目のアルバム1999年2月3日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

活動休止期間を経て前作『BOLERO』から約1年11ヶ月ぶりのアルバム。ジャケットには久々にメンバー全員の顔が写っている。

制作当初は何の決め事も無く、肩の力を抜いて作られた。6分以上の曲が3曲収録されており、Mr.Childrenのアルバムでは初めて収録時間が1時間を超えた。

オリコンチャートで4作連続初登場1位を獲得。初動売上・累計売上共に100万枚を突破し、アルバムでは通算5作目のミリオンセラーを達成した。

小林武史は発売当時「これまでで最高のアルバムができた」と評したが、桜井和寿は『IT'S A WONDERFUL WORLD』のプロモーション時に「もし『DISCOVERY』の頃の自分がこんな曲を書けていたら、あの頃にあんな迷走はしなかっただろう」と、本作についてやや否定的な発言をしている。

本作発売後にライブツアー「Mr.Children Concert Tour '99 DISCOVERY」を開催。後に真駒内アイスアリーナ公演と沖縄宜野湾市海浜公園野外劇場公演の音源を収録したライブアルバム『1/42』が50万枚限定で発売された。

収録曲[編集]

  1. DISCOVERY [5:52]
    アルバムのタイトルチューン。
    桜井曰く「歌詞が短いのは、どんだけ音を鳴らすかっていうことだけを考えたから」とのこと。
  2. 光の射す方へ [6:49]
    16thシングル。
  3. Prism [4:40]
    15thシングル「終わりなき旅」のカップリング曲。
  4. アンダーシャツ [5:26]
    ギターソロは桜井が弾いている。
  5. ニシエヒガシエ [5:00]
    14thシングル。
  6. Simple [4:30]
    アコースティック・ギターを主体とした楽曲。
    シンガーソングライター鈴木祥子がバックコーラスを担当している。
    後に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では4位に選ばれた[1]
    ミスチルのファンであるサッカー日本代表長谷部誠が、2016年7月9日にモデル佐藤ありさと婚姻した際のコメントにおいて、「訪れるであろう困難に対しても2人で共に手を取り、笑みを絶やさず、謙虚に歩んでいきたいと思っています」と、歌詞の一部を引用している[2]
  7. I'll be [9:10]
    演奏時間が9分を超える曲で、本作で最も長い曲である。
    小林の提案で桜井は酒を飲み、やや酔った状態でレコーディングした。
    終盤、鈴木英哉のドラムはかなり大変だったという。
    この曲は複数のバージョンが存在しており、桜井は「いつか未発表曲のみでアルバムを作れるなら全部入れたい」と語っている。そのうちの1つは、アルバム発売から約3ヶ月後にI'LL BEというタイトルでシングルカットされた。
    制作時期はシングルバージョンの方が先で、桜井がシングルバージョンをゆったりした曲調で歌ってみたものをメンバーが気に入り、本作への収録が決定した。
    「Mr.Children Concert Tour '99 DISCOVERY」をはじめ、映像化されたほとんどのライブツアーや「ap bank fes」では本作に収録されたバージョンが演奏されている。
  8. #2601 [5:37]
    桜井と鈴木で共作曲されたハードロック調の曲。歌詞にミシェル・ファイファーが登場する。
    ライブツアーでは一部の公演を除き、演奏されなかった。
    後に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では22位に選ばれた[1]
  9. ラララ [5:17]
    後にベストアルバム『Mr.Children 1996-2000』にも収録された。
    仮タイトルは「ホニャララ」[3]
  10. 終わりなき旅 [7:04]
    15thシングル。
  11. Image [4:02]
    オーケストラとバンドサウンドを合わせた曲。演奏時間は約4分で、このアルバムでは最も短い。

脚注[編集]

  1. ^ a b 映画「Mr.Children REFLECTION」 劇場公開パンフレット
  2. ^ 長谷部誠、佐藤ありさとの結婚報告 ミスチル歌詞で決意「2人で歩んでいきたい」
  3. ^ Mr.Children 1996-2000』ライナーノーツ