【es】 Mr.Children in FILM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
【es】 Mr.Children in FILM
Mr.Childrenミュージック・ビデオ
リリース
録音 1995年2月20日、他
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年度年間3位(オリコン)
Mr.Children 映像作品 年表
【es】 Mr.Children in FILM
(1995年)
music clips ALIVE
(1997年)
テンプレートを表示
【es】 Mr.Children in FILM
監督 小林武史
製作 小池真也
製作総指揮 小林武史
AKIRA YASUKAWA
出演者 Mr.Children
音楽 Mr.Children
撮影 柴崎幸三
前嶋輝
編集 冨田功
配給 東宝
公開 日本の旗 1995年6月3日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 Split The Difference
テンプレートを表示

【es】 Mr.Children in FILM』(エス ミスターチルドレン イン フィルム)は、1995年6月3日に公開されたMr.Childrenドキュメンタリー映画。同年12月15日VHSでパッケージ化された。

概要[編集]

Mr.Childrenの音楽とは、そしてその音楽を通して何を伝えて行きたいか、というテレビではなかなか伝えきれない事を形にするために、ドキュメンタリー映画という形式がとられた。「'94 tour innocent world」と「'95 Tour Atomic Heart」という2つの異なるライブツアーを媒体に、普段はなかなか語りつくせない長編インタビューを交え、その音楽性に迫っている。

映画の公開に先立って、4月30日「東急FUNスタジオ」(現・渋谷Bunkamuraスタジオ)にて、Mr.Childrenと小林武史が出席し、共同記者会見が行われた。その後桑田佳祐と共同で開催したツアー「LIVE UFO '95 "Acoustic Revolution with Orchestra" 奇跡の地球」の東京公演が行われた国立代々木競技場で、一般客を集めた特別試写会を行った。これは有料だったが、阪神・淡路大震災の義援金チャリティーを兼ねていた。

収録曲[編集]

  1. フラジャイル
    1995年5月3日、渋谷パルコと山手教会に挟まれた駐車場で行われたストリート・ゲリラライブの映像。
    このライブ当日の段階では完全な未発表曲だった。
  2. 蜃気楼
    「'94 tour innocent world」の映像。
    薄暗いスポットライトの下、シルエットがゆっくりと動いている。
  3. and I close to you
    「'94 tour innocent world」の映像。
  4. ジェラシー
    「'94 tour innocent world」の映像。
    途中でフェードアウトしてしまう。
  5. 雨のち晴れ
    「'94 tour innocent world」の映像。
    アンコール1曲目に演奏されていた曲で、桜井和寿がスーツと眼鏡を身につけ、疲れた会社員を演じている。
    このアレンジは後日改めてスタジオ録音され、8thシングル「【es】 〜Theme of es〜」に収録。
  6. Dance Dance Dance
    「'95 Tour Atomic Heart」の映像。
    情報が飽和した社会を具現化している。
  7. Round About 〜孤独の肖像〜
    「'95 Tour Atomic Heart」の映像。
  8. Tomorrow never knows
    「'95 Tour Atomic Heart」の映像。
    曲のイントロで桜井は「昨日の自分より今日の自分が好きでありたい」と語っている。
  9. Asia(エイジア)
    「'95 Tour Atomic Heart」の映像。
    MCでは終戦50年目を迎えて改めて戦争について桜井が語っている。
  10. ラヴ コネクション
    「'95 Tour Atomic Heart」最終日横浜アリーナの映像。
    巨大な女性のバルーンや白人女性ダンサーを迎えるなど、新しい試みが多かった。
  11. everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
    「'95 Tour Atomic Heart」最終日横浜アリーナの映像。
    このツアーで1番盛り上がる曲だと後に小林が語っている。
  12. CROSS ROAD
    「'95 Tour Atomic Heart」最終日横浜アリーナの映像。
    桜井のトークから始まり、終わった直後にそのまま演奏する形になっており、途中でフェードアウトしてしまう。
  13. innocent world
    「'95 Tour Atomic Heart」の映像。
    桜井によるアカペラから始まり、最後は紙テープが綺麗に会場を舞う。この曲としては珍しく桜井がギターを弾きながら歌っている[1]
  14. 【es】 〜Theme of es〜
    エンディング。曲のPV映像にスタッフロールが流れる。
  15. シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
    VHS化するにあたり追加された。PV映像。

スタッフ[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ innocent world演奏時の大半はハンドマイクで歌われる。