君がいた夏 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.Children > 君がいた夏 (曲)
君がいた夏
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『EVERYTHING
B面 グッバイ・マイ・グルーミーデイズ
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル ロック
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
Mr.Children シングル 年表
-君がいた夏
(1992年)
抱きしめたい
(1992年)
EVERYTHING 収録曲
Mr.Shining Moon
(2)
君がいた夏
(3)

〜The wind knows how I feel〜
(4)
Kind of Love 収録曲
抱きしめたい
(4)
グッバイ・マイ・グルーミーデイズ
(5)
Distance
(6)
テンプレートを表示

君がいた夏」(きみがいたなつ)は、Mr.Childrenの1枚目のシングル1992年8月21日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

ミニアルバム『EVERYTHING』でメジャーデビューしているため、本作はデビューシングルではなく1stシングルと表すのが正しい。初回限定盤には小冊子が同封されており、現在では希少品。

当時は無名だったこともあり最高順位は69位で、現在でもMr.ChildrenのCD作品では最低順位となっている。

アートディレクターは信藤三雄

収録曲[編集]

  1. 君がいた夏 [5:50]
    ミニアルバム『EVERYTHING』からのシングルカットだが、アマチュア時代から存在する曲。ちなみに原曲の歌詞の方が主人公は少し若く、サビのメロディーも若干異なる箇所があった。
    FM802では当時の邦楽ヘビーローテーションナンバーに選定された。
    曲名はアメリカ同名映画からとられている[1]
    アマチュア時代のタイトルは「夏が終わる」だったが、後に発表された楽曲「夏が終わる 〜夏の日のオマージュ〜」との関連性は特に無い。
    発売から25年後の2017年には、NTTドコモとMr.Childrenが共に25周年を記念した事により制作されたブランドCM「NTT docomo group × Mr.Children 25th Anniversary コラボキャンペーン」が放映するまでは、タイアップが一度も付かなかった(ただし、2001年に放送されたフジテレビ系列ドラマ『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』には、挿入歌として起用されていた)。
    ミュージック・ビデオが存在し、2018年3月21日発売の『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。監督は信藤三雄。
  2. グッバイ・マイ・グルーミーデイズ [4:13]
    • 作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿・小林武史 編曲:小林武史 & Mr.Children
    後に2ndアルバム『Kind of Love』に収録された。
  3. 君がいた夏(Instrumental Version) [5:50]

参考文献・出典[編集]

  1. ^ Mr.Children 1992-1995』ライナーノーツ

収録アルバム[編集]