Mr.Children REFLECTION{Live&Film}

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children
REFLECTION
{Live&Film}
Mr.Childrenライブビデオ
ドキュメンタリー映画
リリース
録音 2015年6月4日
さいたまスーパーアリーナ
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース Mr.Children
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン・DVD総合)
  • 週間2位(オリコン・BD音楽部門)
ゴールドディスク
Mr.Children 年表
Mr.Children
[(an imitation)
blood orange]
Tour

(2013年)
Mr.Children
REFLECTION
{Live&Film}

(2015年)
Mr.Children
Stadium Tour 2015
未完

(2016年)
テンプレートを表示

Mr.Children REFLECTION {Live&Film}』(ミスターチルドレン リフレクション ライブ アンド フィルム)は、日本バンドMr.Childrenの映像作品である。2015年12月16日DVD3枚組、Blu-ray Disc2枚組で発売。

概要[編集]

本作は、ライブビデオ『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』と、2015年2月に公開されたライブドキュメンタリー映画『Mr.Children REFLECTION』の2作が同時収録されている。

『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』は、18thアルバム『REFLECTION』発売前に開催されたライブツアーから、最終日である6月4日のさいたまスーパーアリーナ公演の模様を収録。なお、本作はスカパー!での生中継、劇場で行われたライブビューイングでの映像とは異なる。

本作よりMr.Children完全プロデュース作品となった。 オリコン週間BDランキングでは、アニメーション作品の『ラブライブ!The School Idol Movie【特装限定版】』等に阻まれ、初登場3位となった。

※サポートメンバー

Sunny:Keyboards, Chorus

収録内容[編集]

Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION[編集]

  1. 〈Prologue〉
  2. 〈OPENING〉
  3. fantasy
    ライブ初披露。
    1番のBメロからサビの間にSEが設けられている。
  4. ロックンロールは生きている
    この曲と次曲との間に鈴木英哉のMCが挟まれる。
  5. 旅人
    「隣人と将来などを」を「愛人と~」と換えて歌っている。
  6. fanfare
    Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜 IN TOKYO DOME』以来6年ぶりとなる、原曲キーでの演奏。
    桜井和寿が上着を客席に投げる場面がある。
  7. 〈MC〉
  8. Melody
  9. FIGHT CLUB
  10. 斜陽
  11. I Can Make It
  12. 〈MC〉
  13. 口笛
    ここからの3曲はミニステージで演奏される。
    イントロと同時に桜井が多数決を行った結果、1番は観客による合唱となっている。
  14. 〈MC〉
  15. HANABI
    ライブツアーでは初となる、オリジナルバージョンでの演奏。
  16. 〈MC〉
  17. 口がすべって
  18. 〈SE〉
    メンバー全員がメインステージへ戻る。
  19. 蜘蛛の糸
  20. REM
  21. WALTZ
    「fantasy」と同様ライブ初披露。
  22. 放たれる
  23. 〈SE〉
  24. 進化論
  25. 足音 〜Be Strong
    発売に合わせ、YouTubeにて先行公開された。
  26. 幻聴
  27. 〈ENCORE〉
  28. Everything (It's you)
  29. エソラ
    恒例であった追加イントロがなく、ツアーでは初めて原曲に近い形で演奏された。
  30. Marshmallow day
    曲の途中でメンバー紹介が入る。
  31. 〈MC〉
  32. Starting Over
    最終公演で特別に披露された。
    また、YouTubeでは発売前日に先行公開された。
  33. 〈ENDING〉
  34. 未完
    6月4日に生中継されたライブでは歌詞を間違えていたが、本作では音声を一部差し替える形で訂正された。
  35. 〈END ROLL〉

Mr.Children REFLECTION[編集]

  1. 〈OPENING〉
  2. Everything (It's you)
  3. 旅人
  4. 〈MC〉
  5. 名もなき詩
    この曲からSunnyがサポートとして加わる。
  6. 〈Monologue1〉
  7. 〈MC〉
  8. Melody
  9. 〈MC〉
  10. FIGHT CLUB
  11. 斜陽
  12. 〈MC〉
  13. 蜘蛛の糸
  14. I Can Make It
    モノクロ仕様の映像となっている。
  15. 放たれる
  16. 〈Monologue2〉
  17. 〈MC〉
  18. 花 -Memento-Mori-
    桜井による弾き語りで、1コーラスのみ披露した。
  19. 〈MC〉
  20. 進化論
  21. 足音 〜Be Strong
  22. 幻聴
  23. 〈Monologue3〉
  24. 〈ENCORE〉
  25. 口笛
    この曲を以って、Sunnyは退場する。
  26. 〈MC〉
  27. 未完
  28. 〈Monologue4〉
  29. 独り言
    Mr.Children CONCERT TOUR POPSAURUS 2001』とほぼ同様のアレンジ。
    また、曲の途中からエンディングとなる。

外部リンク[編集]