Mr.Children REFLECTION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.Children REFLECTION
監督 Mr.Children
稲垣哲朗
製作 稲垣哲朗
Mr.Children
Sunny
製作総指揮 稲垣哲朗
出演者 Mr.Children
SUNNY
音楽 桜井和寿
主題歌 Mr.Children「Reflection」[1]
撮影 稲垣哲朗
齋藤陽道
編集 稲垣哲朗
配給 日活
公開 日本の旗 2015年2月7日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 Split The Difference
テンプレートを表示

Mr.Children REFLECTION』 (ミスターチルドレン リフレクション)は、Mr.Childrenのライブドキュメンタリー映画。詳細は『Mr.Children REFLECTION{Live&Film}』を参照。

内容[編集]

2014年9月17日から10月9日にかけて開催した「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」を撮影し、メンバーのインタビューも交えて映画化したものであり、体裁はフィルムコンサートに近いものとなっている。ライブ映像はMr.Childrenのファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の中から、最終日の10月9日に行われたZepp Sapproでの公演を収録、セットリストは公開当時において未発表の新曲を中心に構成されている。

撮影の際は、4K(フルハイビジョンの4倍の画質)にて行われているが、公開時は通常の画質スペックで公開された。

セットリスト[編集]

このツアーよりキーボードSunnyが復帰、またいくつかの楽曲はメンバー4人のみで演奏されている。今回披露された未発表の新曲はすべて後にリリースされた『REFLECTION』に収録された。

○がついている曲はライブの時点で未発表の楽曲、□がついている楽曲は映画公開時点で未発表の楽曲。

  1. Everything (It's you)
  2. 旅人
  3. 名もなき詩
  4. Melody
  5. FIGHT CLUB
  6. 斜陽
  7. 蜘蛛の糸
  8. I Can Make It
  9. 放たれる
  10. 花 -Mémento-Mori-
  11. 進化論
  12. 足音 〜Be Strong
  13. 幻聴
  14. 口笛
  15. 未完
  16. 独り言

公開時期[編集]

映画の基となるMr.Childrenのファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」が2014年9月17日から10月9日に行われ、そのツアーの最中にメンバー4人の中では映画作品として劇場公開をするというアイディアが芽生える。

そこで、既に2015年3月14日から6月4日にかけて開催が決定していた新たなツアー「Mr.Children Tour 2015 REFLECTION」までの間に、2015年2月7日から2月27日間の3週間限定として公開された。

公開前日には、同映画で披露される多数の新曲を収録した通算18枚目となるアルバム『REFLECTION』のリリースが発表された。

評価[編集]

2月7日 - 2月8日の全国興行収入ランキングにおいて、初登場第8位にランクイン。上位の1位 - 7位の作品は、同週末に初日を迎えた『ミュータント・タートルズ』、『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』など大規模公開の話題作や、『ベイマックス』「ANNIE/アニー』といった超大作が並び、これらの作品が300スクリーン - 600スクリーンの公開規模のなか、100スクリーンに満たない公開規模の本作が全国興行収入ランキング内でスクリーンアベレージ1位の興行成績を記録した。また、TOHOシネマズ調べの週末ランキングでは『ベイマックス』『ミュータント・タートルズ』に続き、第3位にランクイン。さらに、ぴあ初日満足度ランキングでも1位を獲得し、鑑賞後の口コミも広がっている。公開前日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた前夜祭は、これまでに同会場をジャックして行われたイベントの中で最大の動員数を記録する大盛況となった。

タイトルの由来[編集]

同映画のタイトル、また、18枚目のアルバムとなった『REFLECTION』のタイトルは、メンバーの田原健一によって命名された。その由来は、写真家の齋藤陽道がファンクラブ限定ツアーの際に撮影した写真にある。齋藤が撮影した写真の中にはいくつか、ステージと客席の間に、緑色の光で構成されたモヤが映り込んでおり、それは齋藤が撮影上の手法として意図的に発現させたものではなかった。これを見た田原は、ミュージシャンである自分たちが音楽として発している“想い”と、その音楽の受け手であるファンたちの“想い”が重なり合って起きた現象だと感じ、その“想い”と“想い”の「反射」を表して、「REFLECTION」(「反射」の意)というタイトルになった。

脚注[編集]

  1. ^ 本作エンドロール及び劇場用パンフレットより

外部リンク[編集]