ANNIE/アニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ANNIE/アニー
Annie
監督 ウィル・グラック
脚本 ウィル・グラック
アライン・ブロッシュ・マッケンナ英語版
原作 トーマス・ミーハン英語版
アニー
ハロルド・グレイ英語版
Little Orphan Annie
製作 ウィル・スミス
ジェイダ・ピンケット=スミス
ジェイ・Z
ケイレブ・ピンケット英語版
ジェームズ・ラシター英語版
ジェイ・ブラウン
タイロラン・スミス
ウィル・グラック
製作総指揮 アリシア・エメリッヒ
セリア・D・コスタス
出演者 ジェイミー・フォックス
クヮヴェンジャネ・ウォレス
ローズ・バーン
ボビー・カナヴェイル
キャメロン・ディアス
音楽 グレッグ・クスティン英語版
主題歌 平井堅「Tomorrow」
FlowerTOMORROW 〜しあわせの法則〜
(日本語吹替版テーマソング)
撮影 マイケル・グレイディ
編集 ティア・ノーラン
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
オーバーブック・エンターテインメント
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年12月19日
日本の旗 2015年1月24日
上映時間 118分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[2]
興行収入 $133,800,000[3]
14.0億円[4] 日本の旗
テンプレートを表示

ANNIE/アニー』(Annie)は、ウィル・グラック監督、ウィル・スミスジェイ・Z製作による2014年アメリカ合衆国ミュージカルコメディ・ドラマ映画である。ハロルド・グレイ英語版による1924年のコミックストリップ『Little Orphan Annie』を基にした同名のミュージカルを現代に置き換えた映画であり、クヮヴェンジャネ・ウォレスがアニー、ジェイミー・フォックスが原作のダディ・ウォーバックスを基にしたウィル・スタックスを演じた。

ミュージカルの映画化はコロンビア映画による1982年の劇場映画ディズニー英語版による1999年のテレビ映画英語版に続いて3回目であり、撮影は2013年8月より行われた[5][6][7]

あらすじ[編集]

10歳の少女アニーは、4歳の時に両親にレストランに置き去りにされ、現在は他の子供たちと共に落ちぶれた歌手ハニガンの元で暮らしていた。彼女は毎週金曜日に置き去りにされたレストランに通い、いずれは自分を迎えにくるはずの両親を見付け出そうとしていた。

ある日、アニーは犬を虐める少年たちを追いかけていた際に車に轢かれそうになるが、偶然通りかかったスタックスに助けられる。彼は携帯電話会社の社長で、次期ニューヨーク市長選挙の立候補者だったが、あまりの人気のなさに悩んでいる最中だった。しかし、アニーを助けた場面がインターネットにアップロードされたことで支持率が上昇したことに目を付けた選挙参謀ガイの提案で彼女と一緒に暮らすことになり、それを聞いたアニーも自分の知名度を上げて両親を探しやすくしようと考え、スタックスと一緒に暮らすことに同意する。スタックスは嫌々アニーと暮らし始めるが、一緒に生活するうちに彼女の明るい人柄に癒され心を開くようになり、アニーもスタックスに親近感を抱いていく。

パーティーに招待されたアニーは、ガイの指示でスタックスに感謝の言葉を伝える文章を読むように言われるが、彼女は読み書きが出来なかったため会場を飛び出してしまい、それを見たスタックスはスタッフのグレースと相談して、アニーのために家庭教師を雇おうとする。一方で、選挙活動にウンザリしていたガイは、スタックスの勝利を確実にして仕事を辞めようと考え、ハニガンと結託してアニーの偽物の両親を用意して「感動の再会」を演出しようと計画する。アニーの境遇を知ったスタックスは彼女を養女に迎えようと考え、グレースからも賛同を得るが、そこにガイが現れ「アニーの両親が見付かった」と伝える。レストランで両親と再会したアニーは喜び、スタックスとグレースはアニーと別れを交わす。

アニーが両親と立ち去った後、ハニガンはガイに彼女の今後を訪ねると「ほとぼりが冷めた頃に、また里子に出す」と冷淡に返答される。スタックスから「アニーは君の歌を気に入っていた」と伝えられていたハニガンは罪悪感に苛まれ、スタックスに本当のことを伝える。ガイはグレースに殴り倒され、事実を知ったスタックスは会社の力を総動員してアニーの行方を探す。一方、両親が偽物だと知ったアニーは、母親役の女から「スタックスはもうアニーを必要としていない」と告げられショックを受ける。街の人々が行く先々でアニーの姿をインターネットにアップロードしたため、スタックスはそれを手掛かりにアニーを見付け出す。しかし、両親の偽物の言葉を信じたアニーはスタックスを拒絶し、それを聞いたスタックスは駆け付けたマスコミに対して市長選挙からの撤退と「自分が本当にやらなければいけないことをする」と表明する。スタックスは改めてアニーに戻ってきて欲しいと伝え、アニーは彼の元に戻り、スタックスはアニーに後押しされてグレースを食事に誘う。暫くした後、スタックスは識字センターを開設し、アニーと共に新しい生活を始める。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[8][脚注 1]

カメオ出演

ミュージカルナンバー[編集]

  1. "Overture"
  2. "Maybe" - アニー、テッシー、ミア、ペッパー
  3. "It's the Hard Knock Life" - アニー、テッシー、ミア、イサベラ、ペッパー
  4. "Tomorrow" - アニー
  5. "I Think I'm Gonna Like It Here" - アニー、グレイス
  6. "Little Girls" - ミス・ハニガン
  7. "The City's Yours" - ウィル、アニー
  8. "Opportunity" - アニー
  9. "Easy Street" - ガイ、ミス・ハニガン
  10. "Who Am I?" - ミス・ハニガン、ジェイミー・フォックス、アニー
  11. "I Don't Need Anything But You" - ウィル、アニー、グレイス
  12. "Tomorrow" (Finale) - キャスト

製作[編集]

2011年1月、ソニージェイ・Zウィル・スミスのプロデュースにより、スミスの娘のウィロー主演でリメイクされることを初めて発表した[11]。2011年2月、テレビドラマ『glee/グリー』のライアン・マーフィーが監督の第一候補に挙がっていたが[12]、3月までに彼は辞退した[13]

製作側はすぐに脚本家を探し始め、女優のエマ・トンプソンが考慮された[14]。2012年5月の段階では、トンプソンの脚本は現代のニューヨークを舞台としたものになっており、またジェイ・Zは映画用に新たな楽曲を提供する予定であった[15]。2012年7月、『幸せへのキセキ』のアライン・ブロッシュ・マッケンナ英語版が脚本の第二稿を執筆した[16]。8月、2013年春からの製作開始が発表された[17]

2013年1月、『小悪魔はなぜモテる?!』のウィル・グラックが監督として雇われたが、ウィロー・スミスは降板した[18]

キャスティング[編集]

2013年2月までに『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』に出演してアカデミー賞候補となったクヮヴェンジャネ・ウォレスがスミスに代わって主役に抜擢され[19]、公開日が2014年のクリスマスに予定された[20]

2013年3月時点でも残りのキャスティングが続き、ジャスティン・ティンバーレイクがダディ・ウォーバックス役になると噂されていた[21]。これはジェイミー・フォックスがそのキャラクターに当たるウィル・スタックス役で契約したことで否定された[22]。2013年6月、サンドラ・ブロックの辞退後にキャメロン・ディアスがミス・ハニガン役にキャスティングされた[23]

2013年7月にローズ・バーンがスタックスのアシスタントのグレース・ファレル役[24]、8月にボビー・カナヴェイルがスタックスのアドバイザー役でキャスティングされた[25]。9月、アニーの里親姉妹役をアマンダ・トロヤ、ニコレット・ピアイーニ、エデン・ダンカン=スミス、ゾーイ・コレットが務めることが発表された[26]

2013年9月19日、主要撮影が開始された[27][28]。撮影は主にグラマン・スタジオ英語版で行われた[29]

公開[編集]

神奈川県横浜市にあった商業施設「GENTO YOKOHAMA」内に入居していたシネマコンプレックス109シネマズMM横浜』の最終ロードショー作品となった本作の立て看板(2015年1月24日撮影)

北アメリカでは2014年12月19日に封切られた。日本では公開4週目の2015年2月14日・15日時点で累計動員85万6,659人、興収10億7,446万3,400円の成績となった[30]

流出騒動[編集]

劇場公開の約3週間前となる2014年11月27日、映画の本編映像がPeer to Peerのファイル共有サイト上に流出した。これはソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントへのハッキング事件の一環であり、『ANNIE/アニー』の他に『フューリー』やソニーの未公開映画(『ターナー、光に愛を求めて』、『アリスのままで』、『To Write Love on Her Arms』)が被害を受けた。流出から3日以内で推定で20万6000のユニークIPが『ANNIE/アニー』をダウンロードした[7]。12月9日までには31万6000以上までの増えていたが、BoxOffice.com のアナリストは興業へ影響を与える可能性は低いと報じた[31]

評価[編集]

批評家レビュー集積サイトのRotten Tomatoesでは108件のレビューで支持率は30%、平均点は4.5/10となった[32]。またMetacriticでの加重平均値は38件の批評家レビューで33/100となった[33]

批判的な評価としては、第35回ゴールデンラズベリー賞で、本作が「最低リメイク・パクリ・続編賞」に選ばれた[34]

受賞とノミネート[編集]

授賞式 部門 候補 結果
ゴールデングローブ賞[35] 2015年1月11日 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) クヮヴェンジャネ・ウォレス ノミネート
主題歌賞 "Opportunity" - グレッグ・クスティン、シーア・ファーラー、ウィル・グラック ノミネート
NAACPイメージ・アワード[36] 2015年2月6日 映画女優賞 クヮヴェンジャネ・ウォレス ノミネート

テレビ放送[編集]

2017年5月5日日本テレビ系列の『金曜ロードSHOW!』で地上波初放送された[37]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 吹替は台詞のみ。歌は原語流用されている。
  2. ^ 水野は1995年に日本の舞台でアニーを演じたことがある。

参考文献[編集]

  1. ^ ANNIE (PG)”. British Board of Film Classification (2014年10月23日). 2014年10月23日閲覧。
  2. ^ Anthony D'Alessandro (2014年12月20日). “‘Hobbit’ Wakes Up Auds; ‘Museum’ Takes Second, ‘Annie’ Sings Third – Friday B.O. UPDATE”. Deadline.com. 2014年12月20日閲覧。
  3. ^ Annie (2014)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2014年12月25日閲覧。
  4. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟 2017年10月29日閲覧。
  5. ^ Will Gluck's "Annie" Film Remake, Starring Quvenzhane Wallis, Will Begin Production in NYC This August”. Playbill. 2014年12月25日閲覧。
  6. ^ "Columbia Shifts Annie Release By A Week. Deadline.com. Retrieved March 5, 2014.
  7. ^ a b “Sony’s New Movies Leak Online Following Hack Attack”. Variety. (2014年11月29日). http://variety.com/2014/digital/news/new-sony-films-pirated-in-wake-of-hack-attack-1201367036/ 2014年12月2日閲覧。 
  8. ^ ANNIE/アニー”. ふきカエル大作戦!! (2015年1月2日). 2017年4月15日閲覧。
  9. ^ Bobby Cannavale joins the cast of Annie”. Hollywood.com (2013年8月20日). 2014年12月25日閲覧。
  10. ^ Adewale Akinnuoye-Agbaje Cast in Will Gluck's "Annie" Film Remake; Columbia Pictures Bumps Up Release Date”. Playbill. 2014年12月25日閲覧。
  11. ^ Sony Confirms Annie Remake in the Works”. ComingSoon.net. 2013年9月16日閲覧。
  12. ^ Sony Wants Glee's' Ryan Murphy to Direct Annie”. The Wrap (2011年2月9日). 2013年9月16日閲覧。
  13. ^ Glees Ryan Murphy wont be directing Will Smith-produced remake”. HitFix.com (2011年3月26日). 2013年9月16日閲覧。
  14. ^ Will Smith Wants Emma Thompson To Write The Annie Remake For Willow Smith”. Blogs.indieWire.com. 2013年9月16日閲覧。
  15. ^ Jay-Z writing new material for Willow Smith for Annie remake”. HitFix.com (2012年5月24日). 2013年9月16日閲覧。
  16. ^ Aline Brosh McKenna to Rewrite Annie Remake”. The Hollywood Reporter (2012年7月26日). 2013年9月16日閲覧。
  17. ^ Will Smith and Jay-Z's Annie Remake To Begin NYC Production This Spring”. TheFilmStage.com. 2013年9月16日閲覧。
  18. ^ Will Gluck Hired For Annie Remake; Willow Smith No Longer Attached”. The Huffington Post (2013年1月30日). 2013年9月16日閲覧。
  19. ^ Quvenzhane Wallis to Star in Will Gluck's ANNIE”. Upcoming-Movies.com (2013年2月24日). 2013年9月16日閲覧。
  20. ^ Barrett, Annie (2013年2月27日). “Annie gets Christmas 2014 release date”. Entertainment Weekly. 2013年9月16日閲覧。
  21. ^ Justin Timberlake In Annie? Star Rumored For Daddy Warbucks Role In Upcoming Remake”. The Huffington Post (2013年3月19日). 2013年9月16日閲覧。
  22. ^ Jamie Foxx May Play 'Daddy Warbucks' in the Annie Remake”. ScreenRant.com. 2013年9月16日閲覧。
  23. ^ O'Neal, Sean (2013年6月27日). “Actually, Cameron Diaz will be the one terrorizing children with her singing in Annie”. The A.V. Club. 2013年9月16日閲覧。
  24. ^ Rose Byrne Sets Sights on Annie at Sony (EXCLUSIVE)”. Variety (2013年7月18日). 2013年9月16日閲覧。
  25. ^ Boardwalk Empire's Bobby Cannavale Joins The Annie Remake”. CinemaBlend.com (2013年8月20日). 2013年9月16日閲覧。
  26. ^ Annie, A Contemporary Adaptation Of The Classic Broadway Musical Comedy, Begins Filming In New York”. PRNewsWire.com (2013年9月24日). 2014年12月25日閲覧。
  27. ^ Quvenzhané Wallis Bikes Around the Set of Annie”. E! Online UK. 2014年3月5日閲覧。
  28. ^ Cameron Diaz and Jamie Foxx perform tomorrow on Annie remake”. DailyMotion.com. 2014年3月5日閲覧。
  29. ^ Ex-Grumman hangars pulling more movie business to Long Island”. Newsday. 2014年12月25日閲覧。
  30. ^ 壬生智裕 (2015年2月17日). “『テラスハウス』が『ベイマックス』のV7を阻止!バレンタイン初日で初登場1位!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0070758 2015年2月18日閲覧。 
  31. ^ “Is Pre-Release Piracy a Threat to 'Annie's' Box Office?”. Variety. (2014年12月9日). http://variety.com/2014/film/news/is-pre-release-piracy-a-threat-to-annies-box-office-1201374523/ 2014年12月13日閲覧。 
  32. ^ Annie”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2014年12月20日閲覧。
  33. ^ Annie Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2014年12月24日閲覧。
  34. ^ “第35回ラジー賞発表、今年の最低映画は?”. MTV. (2015年2月23日). http://www.mtvjapan.com/news/cinema/25186 2015年2月23日閲覧。 
  35. ^ “Golden Globes 2015 nominations”. BBC News. (2014年12月11日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-30432198 2014年12月11日閲覧。 
  36. ^ Jue, Teresa (2014年12月9日). “NAACP Image Awards announce nominations for film and TV”. Entertainment Weekly. http://popwatch.ew.com/2014/12/09/naacp-image-awards-nominations/ 2014年12月11日閲覧。 
  37. ^ TVステーションダイヤモンド社、関東版2017年10号、57頁。

外部リンク[編集]