さよなら、アリス / TOMORROW 〜しあわせの法則〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さよなら、アリス / TOMORROW 〜しあわせの法則〜
Flowerシングル
初出アルバム『花時計
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
チャート最高順位
Flower シングル 年表
秋風のアンサー
(2014年)
さよなら、アリス / TOMORROW 〜しあわせの法則〜
(2015年)
Blue Sky Blue
(2015年)
テンプレートを表示

さよなら、アリス / TOMORROW 〜しあわせの法則〜」(さよなら、アリス / トゥモロー しあわせのほうそく)は、2015年2月18日ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズから発売されたFlowerの9枚目のシングル。

概要[編集]

前作「秋風のアンサー」から約3か月ぶりのシングルで、2015年第1弾シングル。初回生産限定盤、通常盤、期間生産限定盤の3形態でのリリース。

武藤千春脱退後、7人体制での最初のシングルで、Flower史上初の両A面シングルである。

2014年12月16日に、映画『ANNIE/アニー』の日本語吹替版で初の映画主題歌を担当する事が決まり[2]、それを収録したシングルである。

2015年1月に、世界各国の歌手、声優が参加した「『Tomorrow』アラウンド・ザ・ワールド・クリップ」に日本代表として鷲尾伶菜が出演した。ここでは、アンカーを務めた[3]

「さよなら、アリス」は、日本テレビ系『スッキリ!!』2015年2月度テーマソングに採用される[4]

「さよなら、アリス」のMusic Videoは蜷川実花が監督を務め[5]撮影した[6][7]また、この曲はFlowerの楽曲史上初の男性目線での曲である[8]

「TOMORROW 〜しあわせの法則〜」のMusic VideoにはEXPG東京校、横浜校のKIDS生徒総勢40名が出演している[9]

Googleが発表したYouTube Rewind 2015の「2015年トップトレンド音楽動画(日本)」で「さよなら、アリス」のMusic Videoが31位を記録した。

収録曲[編集]

通常盤[編集]

  1. さよなら、アリス
    作詞:小竹正人、作曲:Soulife
  2. TOMORROW 〜しあわせの法則〜
    作詞:CHARNIN MARTIN、訳詞:片桐和子、作曲:STROUSE CHARLES
  3. あの日のさよなら DJ Deckstream feat.鷲尾伶菜
  4. さよなら、アリス(inst)
  5. TOMORROW 〜しあわせの法則〜(inst)

初回生産限定盤[編集]

CD

  1. さよなら、アリス
  2. TOMORROW 〜しあわせの法則〜

DVD

  1. さよなら、アリス(Music Video)
  2. TOMORROW 〜しあわせの法則〜(Music Video)

期間生産限定盤[編集]

  1. さよなら、アリス

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オリコン週間 CDシングルランキング 2015年2月16日~2015年2月22日” (2015年3月2日). 2015年4月1日閲覧。
  2. ^ Flower、初の映画主題歌決定 コメント到着”. モデルプレス (2014年12月16日). 2014年12月19日閲覧。
  3. ^ Flower鷲尾伶菜、日本代表として名曲を歌唱 モデルプレス (2015年1月13日) 2015年1月13日閲覧
  4. ^ Flower、廃墟遊園地モチーフ蜷川実花PVで藤井萩花の男装も 音楽ナタリー (2015年1月27日) 2015年1月27日閲覧
  5. ^ [1] Flower公式ツイッターより (2015年1月26日) 2015年1月27日閲覧
  6. ^ [2] Flower公式ツイッターより (2015年1月26日) 2015年1月27日閲覧
  7. ^ [3] 755でのFlowerのトークより (2015年1月27日) 2015年1月27日閲覧
  8. ^ [4] 755鷲尾伶菜(E-girls)のトークより (2015年1月13日) 2015年1月27日閲覧
  9. ^ Flower 「TOMORROW~しあわせの法則」MV☆ EXPG公式サイト (2015年1月13日) 2015年1月27日閲覧

外部リンク[編集]