恋人がサンタクロース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恋人がサンタクロース
松任谷由実楽曲
収録アルバム SURF&SNOW
リリース 1980年12月1日
レーベル EXPRESS
作詞者 松任谷由実
作曲者 松任谷由実
プロデュース 松任谷正隆
  • 下記参照。
SURF&SNOW収録順
ワゴンに乗って
でかけよう
(5)
恋人がサンタクロース
(6)
シーズン・オフの心には
(7)

恋人がサンタクロース」(こいびとがサンタクロース)は、松任谷由実の楽曲。1980年12月1日に発売された10枚目のオリジナルアルバム『SURF&SNOW』に収録され、映画『私をスキーに連れてって』の挿入歌ともなった。

概要[編集]

山下達郎の「クリスマス・イブ」と並び[1]J-POP クリスマス・ソングの定番曲である[1][2]。松任谷自身はこの曲をシングルカットしなかったが、後に多くのアーティストがカバーを発表し、また松任谷のベストアルバム『Neue Musik』の収録曲を決めるファン投票で4位に入るなど、松任谷の代表曲の一つとなっている[3][4]

作詞・作曲は松任谷由実、編曲は松任谷正隆。歌詞にはユーミンらしい乙女チックな趣がある[2]。メロディは、シンコペーションを多用した快適なリズム感を持ち、凝ったコード進行で流れる[2]

コラムニスト小田嶋隆によると後に与えた影響は計り知れなく曲の大ヒットによって「クリスマス=サンタクロースと子供たちのイベント、宗教行事から恋人たちの一大恋愛イベントに変わった」と推測している[5]

カバー[編集]

本曲は以下のアーティストによってカバーされている。

FLOWERのシングル[編集]

恋人がサンタクロース
FLOWERシングル
初出アルバム『Flower
リリース
規格 CDシングル
録音 2012年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
チャート最高順位
FLOWER シングル 年表
forget-me-not 〜ワスレナグサ〜
2012年
恋人がサンタクロース
(2012年)
太陽と向日葵
2013年
テンプレートを表示

FLOWERの「恋人がサンタクロース」は、2012年11月28日ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズから4枚目のシングルとして発売された。

概要[編集]

  • FLOWERにとって初めてのカバー曲であり、プロデューサーの松尾潔はダンサブルでスタイリッシュな雰囲気に曲をアレンジした[7]
  • ミュージックビデオは「女の子9人で楽しむクリスマスパーティ」をコンセプトに[7]、スタイリッシュな雰囲気のダンスが収められている[4]

収録曲[編集]

  1. 恋人がサンタクロース
    作詞・作曲:松任谷由実、編曲:Maestro-T
  2. Still 〜Christmas version〜
    作詞:松尾潔、作曲:川口大輔、編曲:中野雄太
  3. 恋人がサンタクロース (instrumental)
  4. Still 〜Christmas version〜 (instrumental)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Winds Score 【ウィンズ】 恋人がサンタクロース”. ヤマハミュージックメディア. 2013年8月16日閲覧。
  2. ^ a b c 恋人がサンタクロース”. ミュージックエイト. 2013年8月16日閲覧。
  3. ^ 松任谷由実/SURF&SNOW [再発]”. CD Journal. 音楽出版社. 2013年8月16日閲覧。
  4. ^ a b FLOWER新曲Music Video解禁! ユーミンの「恋人がサンタクロース」をダンサブルにカバー!”. mFound (2012年11月3日). 2013年8月16日閲覧。
  5. ^ サンタクロースと失われた30年”. 日系ビジネスオンライン. 2015年11月23日閲覧。
  6. ^ 「恋人がサンタクロース」という歌の英語バージョンを収録したCDはないか。”. レファレンス協同データベース. 国立国会図書館. 2013年8月16日閲覧。
  7. ^ a b FLOWER「恋人がサンタクロース」をスタイリッシュカバー”. ナタリー. ナターシャ (2012年11月9日). 2013年8月16日閲覧。