スユアの波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スユアの波(WAVE OF THE ZUVUYA)
松任谷由実スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル EXPRESS
プロデュース 松任谷正隆
チャート最高順位
松任谷由実 年表
Cowgirl Dreamin'
1997年
スユアの波
1997年
Neue Musik
1998年
『スユアの波』収録のシングル
  1. Sunny day Holiday
    リリース: 1997年11月12日
テンプレートを表示

スユアの波』(スユアのなみ)は、松任谷由実(ユーミン)の29枚目のオリジナルアルバム。1997年12月5日東芝EMIからリリースされた(TOCT-10001)。1998年1月9日から7月12日まで、『LEGEND OF THE ZUVUYA』コンサートツアーが行われた。

解説[編集]

  • 英語のタイトルはWAVE OF THE ZUVUYA。タイトルの「スユア(ZUVUYA)」とは古代マヤ人の言葉で、時空を超えることの出来る波を指す。このアルバムのコンセプトはジャケットのサーフボードから見られるように「サーフィン」だが、サーフィンには「ネットサーフィン」などのサーフィンという言葉に秘められた精神的なものも含まれていて、時間をかける、いつでも青春していた時代に戻れるというユーミンの願望が込められている(アルバムの中に1983年の「時をかける少女」の歌詞をベースにして一部変更し別のメロディを当てはめた作品がある)。なお、仮に付けられていたアルバムタイトルは「時空のサーファー」。
  • この年の2月に前年発売される予定だったオリジナルアルバムが発売されたため、1983年以来1年に2枚のアルバムを発売する結果となった。
  • ジャケットに登場するサーフボードは、イラストレーターの下條ユリが製作した。
  • オリコン週間アルバムチャートでは河村隆一の『Love』に阻まれ2位となり、『昨晩お会いしましょう』(1981年)から前作『Cowgirl Dreamin'』まで17年間続いた17枚連続1位記録が途絶えた。以後、オリジナルアルバムでの1位獲得は2016年の『宇宙図書館』まで19年間途絶えることになる。

収録曲[編集]

  1. セイレーン
    ハワイを舞台にしていて、1998年のベストアルバム投票キャンペーンで応募者に「セイレーン賞」としてハワイ旅行がプレゼントされた。
  2. Sunny day Holiday
    1997年のフジテレビ系ドラマ『成田離婚』(主演・草彅剛瀬戸朝香深津絵里)のテーマソングとなった先行シングル。アルバムのCMの際にこの曲にあわせて前出の下條ユリ製作のサーフボードが登場した。
  3. 夢の中で〜We are not alone, forever
    1997年に公開された『時をかける少女』の主題歌。前出の『Sunny day Holiday』のカップリング曲だが、アルバムに収録されている作品は1番のAメロの歌詞の一部が違っている。
  4. きみなき世界
  5. パーティーへ行こう
    1997年苗場プリンスホテルCMソング。
  6. 人生ほど素敵なショーはない
  7. 結婚式をブッ飛ばせ
  8. 時のカンツォーネ
    1983年に原田知世に提供し自らも歌った「時をかける少女」の歌詞を一部改変して更にまったく異なるメロディを付けた。「夢の中で」と同じく1997年に公開された『時をかける少女』の主題歌。
  9. Woman
    2003年『Yuming Compositions : FACES』に収録されている、薬師丸ひろ子に(呉田軽穂として)提供した「Woman "Wの悲劇"より」とは別作品。
  10. Saint of Love
    アイントロや間奏で流れているのは、モンゴルの喉歌、ホーミーである。
  • 作詞・作曲 : 松任谷由実 編曲 : 松任谷正隆

参加ミュージシャン[編集]

  • キーボード&プログラミング:松任谷正隆
  • シンセサイザー・プログラミング:山中雅文
  • ドラム:Mike Baird(#2)、John Robinson(#4,#5,#7~#9)
  • ベース:Leland Sklar(#2,#7,#10)、Neil Stubenshaus(#1,#5,#8)、Nathan East(#4,#6,#9)
  • エレクトリック・ギター:Dean Parks(#1,#2,#5,#7,#9,#10)、Michael Landau(#9)、Paul Jackson, Jr.(#6,#8)、松原正樹(#3,#10)
  • アコースティック・ギター:Dean Parks(#1,#2,#4)、吉川忠英(#3,#10)
  • パーカッション:Michael Fisher
  • トランペット:Jerry Hey(#6,#10)、Gary Grant(#6,#10)
  • トロンボーン:Law McCreary(#6,#10)
  • フリューゲル・ホルン:数原晋(#3)
  • サキソフォン:Dan Higgins(#6,#10)、Jake H. Comseption(#1)
  • フルート:Dan Higgins(#6,#10)
  • ヴァイオリン:Sid Page、Charlie Bisharat、Harris Goldman、Alan Grunfald、Ezra Kliger、Vladimir Polimatidi、Katia Popov、Barbra Porter、Michael Richards、Bob Sanov、Mark Sazer、Eve Sprecher、Ed Stain、Olivia Tsui(#1~#4,#6,#10)
  • ヴィオラ:Bob Becker、Matt Funes、Cynthia Morrow、Carole Mukogawa(#1~#4,#6,#10)
  • チェロ:Suzie Katayama、Larry Corbett、Steve Richards、Don Smith(#1~#4,#6,#10)
  • コーラス:松任谷由実、高尾直樹(#1,#4,#6)、佐々木久美(#1,#4,#6)、国分友里恵(#1,#4,#6)、安部恭弘(#5)、村田和人(#5)、伊豆田洋之(#5)、木戸泰弘(#8)、比山貴咏史(#8)、広谷順子(#8)
  • 喉歌:嵯峨治彦(#10)
  • 聖歌隊:Alvin Taylor(#10)、Julie Tillman(#10)、Monalise Young(#10)、Venette Gioud(#10)、Carmen Twillie(#10)、Maxine Waters(#10)、Carmen Carter(#10)、Clydene Jackson Edwards(#10)、Jim Gilstrap(#10)、Terry Young(#10)、Philip Ingram(#10)、Oren Waters(#10)

外部リンク[編集]