ポール・ジャクソン・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポール・ジャクソン・ジュニア
出生名 ポール・ミルトン・ジャクソン・ジュニア
別名 PJ
生誕 (1959-12-30) 1959年12月30日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンジェルス
ジャンル ジャズ・フュージョン
スムーズジャズ
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
レーベル アトランティック
ポニーキャニオン
ブルー・ノート
公式サイト 公式サイト

ポール・ミルトン・ジャクソン・ジュニアPaul Milton Jackson, Jr., 1959年12月30日-)はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のジャズフュージョンギタリスト。

ジャズフュージョン界を中心にセッション活動しているが、その他、R&B界やラテン音楽界等にも参加しており、その数多なアーティストとのセッションの多さからセッション王と称されるほどである。そう呼ばれるほどまでに登りつめた訳は実力もさることながら、「先輩のギタリストに当たるリー・リトナーがソロ活動を始めたことで、セッション・ミュージシャンのギタリスト枠に空きが出来、替わってジャクソンがセッション・ミュージシャンとして活躍するようになった」[1]とジャクソン本人も語っている。世界的なギタリストとしてマイケル・ジャクソンスリラーバッドデンジャラス)からエルトン・ジョンホイットニー・ヒューストンマーカス・ミラーといった大御所までサポートしている。

意外に知られていない事だが、本人は日本語が堪能である。

ハービー・ハンコック等と共演したベーシストのポール・ジャクソンと混同される事が多いが、血縁関係その他はない。

バイオグラフィ[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスサウス・セントラルに生まれ、音楽一家の元に育つ。6歳で子役俳優としてデビューし、TVドラマ「アフリカ大牧場」(米ABC)、「刑事コジャック/マーカス=ネルソン殺人事件」(米CBS)や、映画「スティング」「シンデレラ・リバティ」などに子役として出演している。12歳の時に本格的にギターを始め、15歳でプロミュージシャンになることを決意する。18歳よりプロミュージシャンとして活動し始める。南カリフォルニア大学では音楽を専攻した。

1988年にアトランティック・レコードからデビュー・アルバム"I Came to Play"を発表。数年ごとではあるが、コンスタントにアルバムを発表している。1996年には日本のポニーキャニオンより、"Never Alone/Duets"を発表。USでの配給はブルー・ノートがしており、2001年と2003年にはブルー・ノートよりアルバムをリリース。2008年にはマイナーレーベルに移り、アルバムを発表している。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
I Came to Play 1988 Atlantic/WEA
Out of the Shadows 1990 Atlantic/WEA
A River in the Desert 1993 Atlantic/WEA
Never Alone/Duets 1996 Sweeca/Pony Canyon, Blue Note(US)
The Power of the String 2001 Blue Note
Still Small Voice 2003 Blue Note
Lay It Back 2008 Branch

関連項目[編集]

リファランス[編集]

  1. ^ Liner notes form The Very Best of Lee Ritenour (GRP/UCCR-1029)

外部リンク[編集]