松任谷由実のオールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松任谷由実のオールナイトニッポン
ジャンル バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 1988年4月16日 - 1999年3月27日
放送時間 土曜深夜(日曜未明)1:00 - 3:00
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 松任谷由実
テンプレートを表示

松任谷由実のオールナイトニッポン(まつとうやゆみのオールナイトニッポン)は、ニッポン放送の人気深夜放送オールナイトニッポンシンガーソングライター松任谷由実がパーソナリティを担当したラジオ番組である。 1988年4月16日から1999年3月27日まで、毎週土曜25:00 - 27:00(日曜1:00 - 3:00)に放送された。その後、2016年4月22日から月一回で『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』(まつとうやゆみのオールナイトニッポンゴールド)として、毎月第3金曜日もしくは毎月第4金曜日の22:00 - 24:00にレギュラー放送が復活。

概要[編集]

1987年末頃にニッポン放送から、松任谷由実のもとへオールナイトニッポンの出演依頼があった。松任谷は最初あまり乗り気ではなかったらしいが、当時のマネージャーの勧めもあり、1988年4月16日から放送を開始した。 同時期のもう1つのレギュラー番組「サウンドアドベンチャー」(TOKYO FM)とともに、松任谷の素顔が見える番組として広く人気を博した。

番組の終了とその前後[編集]

  • 11年も続いた長寿番組だったが、1999年春、深夜番組ゾーン『LF+R』開始に伴うオールナイトニッポンの大規模な改編が行われることになり、同年3月27日の放送をもって終了となった。
  • なお、当時のスポーツ新聞では「1999年10月からは新たなレギュラー番組を持つ予定」と報道されたが、実際には新たなレギュラー番組は開始されなかった。
  • 11年に渡る放送は、オールナイトニッポン史上歴代4位(本番組終了当時は2位)の長寿番組であった。女性のパーソナリティとしては歴代1位である。

レギュラー放送前[編集]

  • 1985年11月9日 - アルバム「DA・DI・DA」および写真集「モロッコの夢」発売のプロモーションを兼ねて初めて『松任谷由実のオールナイトニッポン』を担当。フジテレビ系『オールナイトフジ』の収録スタジオ内に特設ブースを設け、テレビの内容がそのままラジオで放送されたり、その逆になったり、双方向で楽しめる画期的な番組だった。

復活特番[編集]

  • 1999年11月13日 - アルバム「Frozen Roses」発売のプロモーションを兼ねて「松任谷由実の@llnightnippon.com」として特番として復活・放送された。なお「オールナイトニッポンDX」名義での放送は何度か行われている(ただし深夜放送ではない)。
  • 2007年7月22日 - 『Golden Circleのオールナイトニッポン』と題して、寺岡呼人、松任谷由実、ゆずがスペシャルパーソナリティとして登場した。
  • 2008年2月 - オールナイトニッポン40周年記念の一環として「松任谷由実のオールナイトニッポン」として特番として復活・放送された。
  • 2011年4月5日 - アルバム「Road Show」発売のプロモーションを兼ねて「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」として特番として復活・放送された。
  • 2015年11月13日 - ピース又吉直樹をゲストに迎え、「松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD」として特番として復活・放送された。

レギュラー放送復活[編集]

そして、2016年4月22日から『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』として、レギュラー放送が復活[1]。これは1967年に始まった『オールナイトニッポン』が2016年10月に放送開始して50年目に入るため、その節目に、松任谷がパーソナリティ依頼を受けた[1]。この『松任谷由実のオールナイトニッポンGOLD』は「大人のリスナー」に向けて、トークや音楽を中心に放送し、毎回ゲストと松任谷とのトークを繰り広げるという、まさに「人にこだわる」ラジオ番組である[1]

主なコーナー[編集]

  • お色直しジャック
    長寿コーナーの1つ。結婚式を控えたカップルに向け、披露宴で流すことを前提とした祝福メッセージを松任谷が贈る。
  • ウィークエンド逆盗聴 (1988年頃)
  • 信じられない博覧会(1988年頃)
  • 看板書きますお客が全部消えぬまに(1988年頃)
    タイトルは松任谷由実のアルバム「ダイアモンドダストが消えぬまに」をもじった。
  • 遠い遠い演歌の世界(1988年頃)
  • サイババァの教え
  • 恋愛深爪リクエスト
  • Mr.YUMING
  • 平成2年のオタク(1990年)
  • 世紀末子供ポンポコリン
  • 帽子とメガネをとったチャゲ
  • 人体は暗黒大陸
  • スターの日常
  • ハルマゲドンの危険な香り
  • ユーミンちゃんの素直なスチューデント(1992年頃)
  • 荒井テルの告白(1996年頃)
    「最後の嘘」のサビとのおばあさんの名前(本人とは無関係)をかけた。
  • 無礼者の時間
  • 君島ってしまった私
  • お国言葉歌合戦(1994年頃)
    松任谷由実の歌をリスナーが生電話で方言で歌うもの。名古屋弁の「Destiny」・岡山弁の「リフレインが叫んでる」などが放送された。
  • 誰にも言えない悪魔のさしこみ(1993年頃)
    タイトルは当時発売された松任谷由実のシングル「真夏の夜の夢」が主題歌となっていたドラマ「誰にも言えない」から。
  • 続・市原悦子
  • 全国なんでもこいこい試食品
  • ザ・ヘアー
    集大成として「ギャランドゥ大会」を開催
  • 大ショック!私だけの共通語(1996年頃)
  • こんな時こうCowgirl(1997年頃)
  • 名曲復活!おぼろげリクエスト(1995年~1997年頃)
    リスナーがおぼろげに覚えている曲(歌詞の一部しか知らない曲、レコード屋に行っても見つからない曲etc.)を探して紹介するコーナー。
  • よくやったオレ(1997年頃)
  • 星空リビング(1997年頃)
  • 押しつけがましい不死鳥リクエスト(1998年頃)
  • 今夜もハイファッション(1998年頃)
    松任谷由実の今日のファッションを紹介。なお、松任谷由実は放送開始から終了まで上下同じペアの格好でスタジオに来たことはなかったという。
  • おばはんのスクーター(1998年頃)
  • こちら港区G-SHOCKお台場販売事務局(1998年頃)
    Baby-G・ユーミンモデル“HEART OF ZUVUYA”の発売(※松任谷由実のコンサート会場でのみ)を記念してのコーナー。
  • 要さんを見た!(1998年頃)
  • ジモティ味リンピック(1998年頃)
  • あれ!(1998年頃)
  • 命名小ヤギ電話(1998年頃)
  • ユーミン谷の戦い(1998年頃)
    自動販売機でジュースを買ったことがないという松任谷由実へリスナーが挑戦。
  • 聞かせて馬場ちゃん・マイ・ベスト・ユーミンをイントロで(1998年頃)
    松任谷由実のベストアルバム「Neue Musik」の収録曲の選曲へ向けた「マイ・ベスト・ユーミン」キャンペーンとの連動企画。
  • 街で見つけた有名人・That'sはやしば(1998年頃)
  • 正隆さんにはなんの関係もありませんが(1999年頃)
    正隆さんには~という出だしで、松任谷正隆には参考にならないネタを紹介。
  • 涙のわけ
  • 華盛開を探せ
    テーマソング「愛はポケットの中に」
  • 仮面のよろこび(2016年4月~)

エンディングテーマ[編集]

1995年10月以降は各パーソナリティー共通のマンスリーテーマとなった。

備考[編集]

  • 1996年7月には、松任谷由実が荒井由実名義でシングル「まちぶせ」を発売したことを記念して“荒井由実のオールナイトニッポン”が放送された。
  • 1998年4月には、放送10周年を記念して第1回目以外の放送を全て録音しているリスナーからテープを借りて、過去の放送が数多くオンエアーされた。
  • 葉書が採用されるともれなく「魔法の紙石鹸」がもらえた。なお、裏面が握手券になっている。
  • 苗場のシーズンには、「弾かな語りライブ」と称し、武部聡志のピアノ演奏でミニライブを届けた。
  • 受験のシーズンには、受験生企画が行われ、神社へ祈願に出かけた。
  • リスナーからの葉書や電話で「オーラをください」と要望があれば、快く「オーラよっと!」とオーラを送った。
  • フリートークにおける発言が、しばし毒舌とされていることがあるが、相当デフォルメされているので注意が必要である。[要出典]
  • 中島みゆきのオールナイトニッポン」、「ビートたけしのオールナイトニッポン」、「aikoの@llnightnippon.com」等、他のパーソナリティーの番組にゲスト出演することもある。
  • 松任谷由実起用前の土曜日の「オールナイトニッポン」は平日と同じスポンサーだったが、起用後はクボタUCCNTTといった土曜のみのスポンサーで起用した。これ以降、土曜のオールナイトニッポンは平日とは違うスポンサーがつくこととなり、"○○presents"と冠スポンサーになっている。

主なゲスト[編集]

主なゲスト(ANN DX)[編集]

主なゲスト(ANN GOLD)[編集]

その他の出演者(ANN GOLD)[編集]

いずれもニュースコーナー担当

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


オールナイトニッポン 土曜
前担当
圭修
松任谷由実のオールナイトニッポン
土曜 25:00 - 27:00
松任谷由実
次担当
LFクールK


1999年オールナイトニッポンパーソナリティ
曜日 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月曜 ロンドンブーツ1号2号 ココリコ
火曜 松村邦洋 U-turn 加藤晴彦
水曜 ゆず 井出功二 aiko
木曜 ナインティナイン 荘口彰久 ナインティナイン
金曜 西川貴教 SILVA 竹村あきら
土曜 松任谷由実 LFクールK U-turn