君島十和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
君島 十和子きみじま とわこ
プロフィール
愛称 旧姓・吉川十和子
生年月日 1966年5月30日
現年齢 56歳
出身地 日本の旗 日本東京都
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重 167 cm / 48 kg
BMI 17.2
活動
ジャンル 女優
モデル内容 一般
他の活動 ファッションモデル実業家
モデル: テンプレート - カテゴリ

(きみじま とわこ、1966年5月30日-)は、日本の実業家。元女優・元モデル。旧姓、吉川 十和子

人物[編集]

映画・テレビなどにおける女優活動を経て、君島明[1]との婚約を発表、それをきっかけに起きた様々な混乱の中、芸能界を引退した。である君島一郎が遺した法人の厳しい経営などにも関与しつつ二児を出産、子育てを行った。自身の活動を通じてファッション誌や女性誌に取り上げられるようになり、自身の名を冠した洋服や化粧品のブランドプロデュースも行っている[2]

略歴[編集]

  • 東京都豊島区出身。
  • 日本女子大学附属豊明幼稚園に入園、日本女子大学付属高等学校まで進学し卒業[3]
  • 中学時代より「吉川十和子」の芸名で雑誌『mc Sister』にてモデル活動を開始。高校時代には雑誌『週刊セブンティーン』にも2回掲載された(1983年3月1日号、3月22日号)。
  • 日本女子大学付属高等学校3年生の時に「'85JAL沖縄キャンペーンガール」に選ばれる。
  • 1986年、『JJ』の専属モデルとなる。
  • 1988年、NHK銀河テレビ小説『新橋烏森口青春篇』で女優デビュー。以降、映画・テレビ・舞台と幅広く活躍する。
  • 1995年12月11日、君島一郎の婚外子である君島明[1]との入籍を発表し、芸能界を引退。
  • 1997年に長女、2001年に次女をそれぞれ出産。長女は宝塚音楽学校の102期生の卒業生[4]。次女は2022年で成人式を迎えた。また、次女は大学生であるという趣旨のコメントをしている[5]
  • その後、夫が代表を務める君島インターナショナルのスーパーバイザーとして活動。また自らの化粧品ブランド「フェリーチェトワコ・コスメ」のプロデュースを行っている。
  • 現在は株式会社FTCのクリエイティブディレクターも担当している。

家族・人間関係[編集]

夫は株式会社FTC代表取締役社長の君島誉幸。長女は宝塚歌劇団月組娘役の蘭世惠翔[6]

中学・高校時代の同級生に塩田千尋フジテレビ所属のプロデューサー)がいる[7]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

CM[編集]

ゲーム[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 当時の名。佐藤明から改名し、その後さらに君島誉幸と改名。
  2. ^ 君島十和子さん効果だ!表参道の並木道がパリに見える「海外みたい」「素敵な夕焼け」”. デイリースポーツ online (2022年4月15日). 2022年4月15日閲覧。
  3. ^ "君島十和子". ソロモンの王宮. 8 May 2005. テレビ東京. 2016年6月20日閲覧
  4. ^ 君島さん娘・憂樹さん宝塚音楽学校卒業”. デイリースポーツ online (2016年3月2日). 2022年1月27日閲覧。
  5. ^ 君島十和子さん 新成人の次女と2ショット 着付け&ヘアは帝国ホテル、着物は京都の老舗”. デイリースポーツ online (2022年1月11日). 2022年1月27日閲覧。
  6. ^ “君島十和子の長女 宝塚芸名はスーパーウルトラ大吉運”. NEWSポストセブン. (2016年3月13日). http://www.news-postseven.com/archives/20160313_393548.html 2017年10月13日閲覧。 
  7. ^ 10年越しの念願成就”. オフィシャルブログ「Towako Style」. CyberAgent (2016年6月14日). 2016年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]