沢田幸二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さわだ こうじ
沢田 幸二
プロフィール
愛称 さわぼ〜、こーちゃん
出身地 日本の旗 日本山口県岩国市
生年月日 (1957-12-08) 1957年12月8日(61歳)
血液型 B
最終学歴 立教大学社会学部
勤務局 九州朝日放送
職歴 編成局アナウンス部 → ラジオ局ラジオ制作部(部長代理)→ 編成局アナウンス部(部長)→ 編成局(担当局次長 → 担当局長[1]
活動期間 1980年 -
ジャンル 情報・娯楽番組
配偶者 あり
家族 妻 子
出演番組・活動
現在 テレビ
サワダデース
ラジオ
PAO〜N
過去 テレビ
情報回遊TV うるとらマンボウ
『サワダデス。』
ラジオ
『PAO〜N ぼくらラジオ異星人』
『アフタヌーンスロープ』
『おすぎとこうじの危ない関係』
『沢田幸二のラジオコング』
『沢田幸二の土曜日だ!!』

沢田 幸二(さわだ こうじ 1957年12月8日 - )は九州朝日放送役員待遇エグゼクティブアナウンサー[2]

山口県岩国市出身。射手座血液型はB型。愛称はさわぼ〜こーちゃんハニワカッパと言われることもある。

経歴[編集]

  • 山口県立岩国高等学校を経て立教大学社会学部を卒業。銀行・放送局12局など就職試験を20社ほど受けた[3]。スポーツ中継とラジオを希望していたが、ラテ兼営局九州朝日放送(KBC)に受かり、1980年4月に入社してアナウンサーになる。同期のアナウンサーは和田安生奥田智子山本栄子(退職して現在はアメリカ・オレゴン州在住)。
  • 当初は希望の一つであったスポーツ中継を担当。1981年2月、プロ野球のキャンプ取材に訪れた宮崎で、バスから降りる際に転倒し足首を捻挫したため、取材ができないまま松葉杖姿で福岡に「強制送還」されてしまう。
  • さらに同年12月の福岡国際マラソンの折り返し点での生中継を担当した際、トップを走って来た宗茂を双子の弟の宗猛と識別できなかったため、やむを得ず「宗兄弟が来ました」と言ってしまう[4]。やがてスポーツ担当を外され、「(入社3年目は)仕事なかった」と後に告白するほどの不遇の時代を過ごした。
  • だが、放送局志望のもう一つの動機であったラジオを舞台に復活を果たす。 1983年にスタートした夜ワイド番組『PAO〜N ぼくらラジオ異星人』でメインパーソナリティを担当。卓越したマシンガントークで、絶大な人気を誇り、ラジオ番組専門誌「ラジオパラダイス」でのパーソナリティ人気投票年間ベスト3入りし、当時の「局アナ」「夜ワイド」「DX(ラジオの遠距離受信)」ブームに乗り、九州のローカル局所属でありながら全国区の人気者となった。この人気投票で常に激しい競争を展開していた当時CBCアナウンサーの小堀勝啓(『ラジオパラダイス』1987年9月号)、ニッポン放送アナウンサーの上柳昌彦との誌上共演企画が実現したこともあった。上柳は立教大学の1年後輩で親交もあり、1989年3月12日に開催された『HITACHI FAN! FUN! TODAY』(ニッポン放送)の福岡でのイベント『FAN! FUN! in福岡』で共演した他[5]、沢田に第一子が出来た時には、上柳も『FAN! FUN! TODAY』の番組中でお祝いの言葉を送った[6]。また、『上柳昌彦 ごごばん!』(ニッポン放送)の2013年11月6日放送分にゲスト出演もした[7]
  • 1990年4月のKBCラジオ大型改編によって『PAO〜N ぼくらラジオ異星人』が終了すると、KBC-INPAXの平日帯昼ワイド『アフタヌーンスロープ』を1993年3月まで担当。その後、KBCテレビ情報回遊TV うるとらマンボウ』を7年間担当。福岡空港でのガルーダ機事故の際に事故の様子を報道スタジオから全国に伝えている。
  • 『情報回遊TV うるとらマンボウ』降板後はラジオ制作部長代理としてKBCラジオ平日帯昼ワイド『栗田善成のそんなバナナ塾』の番組プロデューサーを務める。2002年に復帰して編成局アナウンス部長になる。
  • 平日帯昼ワイドとして復活したKBCラジオ『PAO〜N』のメインパーソナリティを、2003年3月31日(月)から務めている。

人物[編集]

  • 父は大正5年(1916年)生の沢田三四二(さわだ・みよじ)。幸二より41歳上。実家は食堂を経営していた。
  • 9歳上の姉が1人いる。名は幸子(さちこ)。「ばんばひろふみの『SACHIKO』(1979年)が発売された時は姉と2人で盛り上がった」と沢田は述べている。
  • 「家計費節減のため自家用車を軽自動車に買い替えた」と2009年2月頃に述べている。
  • ビートルズ広島東洋カープトムとジェリーをこよなく愛する。特技は逆さ言葉即答、大橋巨泉戸張捷パンチョ伊東山本浩二中村基樹のモノマネ(?)。
  • 元々はスポーツアナウンサー志望。高校野球ファンであり、過去の優勝校データなどは頭にインプットされている。パンチョ伊東のモノマネでも、大リーグの過去のデータを織り込んですることが多い。
  • 博多祇園山笠には土居流の一員として参加。
  • 番組内では投稿したネタが採用されなくても粘り強くネタを送り続ける常連リスナーを「ゾンビ」「フナムシ」などと呼んでいるが、実際は細かく気遣っている[8]
  • 1988年4月PAO〜N ぼくらラジオ異星人』のエンディングにて「結婚します!」と発言[9]。ちなみに新婚旅行は沢田が航空機搭乗が嫌いなので列車での北海道旅行[9]
  • (現在)家族は妻・3人の子女・チワワ1匹。
  • ジョン・レノンが好きなので愛犬の名は「レノン」を希望するが家族が受容せず「レノ」になる。
  • 電気グルーヴの「Shangri-La」が好きで、PAO〜Nのオープニングで、曲がON AIRされた。
  • 近年は古墳巡りも趣味とする。

沢田とおすぎ[編集]

おすぎと1990年代からテレビ・ラジオ番組にて共演することが多い。KBCアナウンス部には「おすぎ お世話係」なるものが存在するという。

現在の担当番組[編集]

(2016年12月現在)

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

他、『KBCニュースピア』など番組ナレーションで、しばしば登場することもある。

過去の担当番組[編集]

テレビ(過去)[編集]

ラジオ(過去)[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第61回民間放送全国大会を開催 - トピックス | 一般社団法人 日本民間放送連盟
  2. ^ 役員待遇なので契約は1年毎
  3. ^ ラジオ関西ラジオ福島ラジオ関東朝日放送中国放送等。
  4. ^ 沢田は「メイン実況アナウンサーに『新人・沢田が慌てなくて済むようにトップの選手が現れる数分前に(時間に余裕を持って)沢田に中継を渡す』と事前に告げられていた。折り返し地点・海ノ中道香椎の歴史・由来などコメントや話の順番も事前に考えていたが本番ではメイン実況アナウンサーがトップランナーが折り返す直前にマイクを沢田に渡したので用意しているコメントも話せなかった」と述べている
  5. ^ 『月刊ラジオパラダイス』1989年5月号97ページ『KO〜MON』通信
  6. ^ 『月刊ラジオパラダイス』1990年4月号84ページ『KO〜MON』通信
  7. ^ 2013.11.06 11月6日(水)のごごばん!”. ニッポン放送『ごごばん!』公式サイト. 2014年5月28日閲覧。
  8. ^ 『月刊ラジオパラダイス』1987年9月号メイン特集「スーパーローカルラジオ対決 沢田のPAO〜N vs 小堀のわ!WIDE」p.38 - 51
  9. ^ a b 『月刊ラジオパラダイス』1988年7月号67ページ『ラジパラタイムス』
  10. ^ 1992年10月〜1999年9月まで担当。番組はその後、信川竜太に交代し2001年3月まで放送した
  11. ^ 後に『沢田幸二 イケイケドンドン』→『沢田幸二 ラジオジャンクション』のサブタイトルが入った
  12. ^ 偶数月の第4日曜(第5日曜に放送された事も)深夜、KBCラジオ本放送終了後に放送されたスペシャル番組

外部リンク[編集]