聴取率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

聴取率(ちょうしゅりつ)とは、ラジオ番組が当該地区の放送地域内で聴取された割合を人口比率パーセントで表す推定値である。

概要・特徴[編集]

ラジオ聴取率はテレビ視聴率に類似するが調査手法は異なり個人に調査する「個人調査」である。調査会社がラジオ局の依頼で調査しており、日本国内の聴取率はニールセンビデオリサーチの2社が測定していたが、2000年にニールセンが個人視聴率導入で民放と対立して日本の聴取率調査から撤退し、現在はビデオリサーチが測定した結果が用いられている。従来「**地区民放合同ラジオ聴取率調査」と称されていたが、2009年6月から「**地区民放合同ラジオ個人聴取率調査」と個人調査であることが明記されるようになった。NHK放送文化研究所は7歳以上を対象に全国単位で集計する「テレビ・ラジオ番組個人視聴率調査」を独自に算出しており、ビデオリサーチは12歳 - 69歳を対象に地域ごとに集計しているなど、両者に差違がある。NHKの視聴率[1]は全て公表されており、他に広告代理店などの独自調査も散見される。コミュニティFM局が単独でエリア内の聴取率調査を実施、公表する場合もある。

調査方法[編集]

ラジオ放送はカーラジオ携帯型ラジオなどで聴取する者も多く機械的調査が困難で、個々人に聴取時間帯と局をアンケート調査する日記形式である。機械調査でなく1分毎の算出が困難で、最小算出単位は5分と設定されている場合が多い。調査対象者は対象地域に居住する12歳〜69歳までの男女[2]で、自己申告制であるため調査結果がラジオ局の宣伝などで偏差が過大になる可能性がある。


調査期間中は民放ラジオ局が「スペシャルウィーク」[3]や、FM局では「パワーウィーク」「リスナーズウィーク」「ハッピーウィーク」などとして賞金や賞品などのプレゼントを通常より増発する、著名芸能人などを特別ゲストに迎える、地方局ではキー局から人気パーソナリティ[4]を迎えるなど、聴取率上昇を企画している。偶数月に全国ネットの番組がプレゼントを増発したり特番を放送するのは首都圏聴取率調査に起因する。オールナイトニッポンはパーソナリティのリスナー宅訪問などの企画や、bayfm2010年まで東京ディズニーリゾート入場券プレゼントを実施し、2004年12月に、FM大阪は「ラヴソングス851」として朝5時から夜9時までに放送される生ワイド番組を恋愛ソングのリクエスト大会として放送し、ラジオ大阪は調査期間中の統一テーマとして「理屈抜き大感謝週間・マツケイサンバで狂喜乱舞だ!!OBC」としてマツケイことスポーツ中継担当の松本恵治アナウンサーが近畿各地の街頭に出かけるなどを企画している。調査実施期間に複数のワイド番組を統一したテーマをつけて関連性を高める試みのほか、民間放送ラジオは毎週日曜深夜〜月曜未明に放送機器や送信機の保守目的で放送休止するが、スペシャルウィーク期間中は休止せず終夜連続放送も散見される。

各都道府県ごとの調査状況[編集]

同一都道府県内で民放AM局・FM局がそれぞれ1局以上存在する地域が大半で、大都市圏を中心に地域内ラジオ局合同の調査が2007年11月現在で21地区と増加している。1990年開始の首都圏、2001年開始の関西圏、2002年開始の中京圏ではビデオリサーチが独自調査している。単独の調査は自局に有利な調査結果が期待できるため、公平性に欠けるが1局単独で独自に調査を依頼する地域も散見される。

年間で2回以上の合同調査を行う都道府県[編集]

北海道
2010年までは6月と12月に各1週間ずつ、札幌市と隣接3市1町の居住者を対象に調査する。テレビ視聴率同様に道内の他地域は調査していない。2010年までHBCラジオSTVラジオAIR-GNORTHWAVEの4局合同実施するも、2011年以降は年1回で、奇数年の場合はナイターシーズン中の8月下旬頃に、偶数年の場合はナイターオフの期間の11月中旬から12月上旬の間に実施されている。NORTHWAVEは2011年は調査に参加しなかったが、2012年から復帰している。
関東広域圏首都圏
偶数月と10月は第三週に固定して年6回各1週間ずつ[5]東京駅を中心とする35km圏内の居住者を対象に調査する。FMヨコハマNACK5bayfmら県域FM3局も調査期間は同一である。オリンピック開催年は特別編成や出演者の夏期休業と競合回避する変則的な日程である。
中京圏
以前は6月と12月だが、現在は4月、6月、10月、12月に各1週間ずつ実施する。中京圏は各局独自調査時期が長いが2007年に愛知県内4局が合同調査へ移行した。愛知県と隣接の三重県、岐阜県の45市28町1村を対象にするが、岐阜と三重県内のラジオ局は合同調査に参加せず、各局が独自に調査している。
関西圏
4月、6月、10月、12月に各1週間ずつ[6]大阪府下5局が共同で、大阪府、京都府、兵庫県の45市5町の居住者を対象に調査する。FM COCOLOと、隣接する滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県のラジオ局は参加せず、各局が独自に調査している。
福岡県
6月頃と12月頃に各1週間ずつ、福岡市と北九州市と周辺含む13市12町の居住者を対象に調査する。CROSS FM2008年冬季調査を最後に離脱してLOVE FMは参加せず、両局の独自調査の有無は不明で、調査対象外局の合算にあたる「その他のFM局(AM局)」は算出発表無く、RKBラジオKBCラジオFM FUKUOKA、3局の調査である。

調査サンプル除外世帯[編集]

  • マスコミ関係(放送局・新聞社など)に勤めている家族がいる世帯。
  • 芸能人・芸能関係者の家族がいる世帯。
  • 国会議員・都道府県および政令指定都市の首長及び議員の家族がいる世帯。

現状[編集]

JRN加盟の民放AM局が、北海道を除く国内全てで当該地区の全放送時間帯で聴取率単独首位であることが多い。JRN単独局TBSラジオCBCRKBRBCや、JRN/NRNクロスネット局で民放AMが2局以上の地区にあるMBSABCは、他系列のNRN単独局より大幅に高い聴取率で首位を維持している。

北海道地区
セッツ・イン・ユースと称される全局同時刻合算聴取率の最大値が2012年に平日9時〜12時で10%を超えるなどラジオ聴取率が高く、民放各局が調査結果をリスナー向けに公式サイトで公表しており、NRN単独のSTVラジオが全時間帯の全世代聴取率が全日平均で1984年前期〜2011年の54期連続1位で、JRN・NRNクロスネットのHBCラジオが同一条件の平日午後で2008年前期〜2012年の8期連続1位である。2010年12月調査では2008年夏のSTVとの同率1位以来平日全日帯(6時 - 24時)で5期ぶりの単独1位で、2012年12月調査では28年ぶりにHBCラジオが全日・平日とも全時間全世代で単独1位[7]である。両局ともに突出して高聴取率を獲得している時間帯があり、それぞれSTVは『ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』や『Yo!Hey!サンデー』を放送する土・日曜の日中帯、HBCはファイターズ戦中継と関連番組「ファイターズDEナイト!」が放送される平日夜帯、『カーナビラジオ午後一番!』や『夕刊おがわ』の平日午後のワイド番組で、平日はHBC土日はSTVが優位であったがHBCが土日の一部番組で高聴取率を得て長年STVが牙城の首位となるも、前述のSTV土日2番組に対してHBCが勝利した旨の記述は見られずSTV土日優位は継続している。年代別集計の男女15歳 - 39歳は全日平均でAIR-G'1995年前期〜2012年の33期連続1位[8]、2011年と2012年に男女15歳 - 49歳も1位と発表するなど、上位3局とも聴取率の差は少ない。札幌圏以外の地方都市では地域のコミュニティーFM局が独自に調査を行なっている場合があり、地元CFM局が1位など同じ道内でも聴取嗜好が異なる結果が見られる。HBCは、調査期間外ではあるが2012年日本シリーズ中継のRadiko聴取数についてプレスリリースを出している[9]。2014年もHBCは春改編1週目及びプロ野球開幕の1週目と2週目と土曜日夕方のプロ野球中継のRadiko聴取数を、プレスリリースしてで特に平日のプロ野球中継では60%を超える占拠率で土曜日のファイターズ戦独占放送は80%を超える非常に高い占拠率であるとしている。[10]
首都圏
全世代・全時間帯平均でニッポン放送が首位の時代が長かった[11]が、現在はTBSラジオが2001年8月 - 2016年6月調査で90期連続1位でニッポン放送が民放ラジオ2位になることが多い。
中京圏
CBCラジオが総合で首位になることが多く『つボイノリオの聞けば聞くほど』は聴取率が高い[12]東海ラジオ放送は前身の放送局があった岐阜・三重両県で聴取率が高い[13]。おおむね30歳代より下の世代はFMラジオ局を聴く人も多い[14]
関西地区
長年ABCラジオが聴取率首位を維持してきたが2009年7月改編時にABCラジオが自社制作番組を大量に打ち切り、月 - 金の夜間・深夜は東京発のJRN・NRN番組を多く放送している。2009年10月の調査でMBSラジオが8年ぶりに首位で、セッツインユースが7.9%に落ち込みラジオ離れが見られる[15]阪神戦中継の聴取率は『ABCフレッシュアップベースボール』が在阪局首位だったが、後に解説陣の高齢化や若手実況アナ育成の後れにより『MBSタイガースライブ』が首位になる。若年層のシェアはMBS・ABC共にFM802FM大阪などのFM局に奪われ、FM802の聴取率は主なターゲットの18−34歳だけでなく12−69歳の個人全体でもMBS・ABC両局と僅差で、2009年12月の調査で単独首位[16][17]である。

聴取率とCM料金区分の関係[編集]

一般に民放ラジオのCM料金は、大半の局は月 - 土曜日の朝と夕方など聴取者が多い時間帯ほど高額に、深夜帯や土・日曜日の早朝帯など聴取者の少ない時間帯は安価に設定されている。区分は局によって異なり、月 - 土の7時台 - 8時台及び17時台 - 18時台など売り上げが多い大企業向けの枠である最高額帯は「A」または「特A」、主に9時台 - 16時台・19時 - 0時など中小・零細企業や個人経営の商店も宣伝可能な廉価枠である中間帯は「B」または「特B」、主に0時台 - 6時台の最低額帯は「C」、と区分される場合が多く、タイムCMスポットCMの放送料金として適用される。周波数およびコールサインが地域毎に異なる「多元放送」が可能な局では、地域毎にエリア限定番組やCMを流す「ローカル番組枠」及び「ローカルSB(ステーションブレイク枠」も設定されている。

CM料金区分の改訂は聴取率調査の結果を基に、毎年春期4月と秋期10月の定期改編時にそれぞれ実施され、聴取率の高い時間帯は基本料金を値上げし、逆に低い時間帯は値下げする。実際に放送局が料金を改定することは殆どなく、「実勢価格」とされる実運用面での割引料金設定を適用するか、タイム提供期間、スポット放送本数に応じて割引を行うことが通例である。民放各社はこの数値が広告の営業活動に大きく関わることから聴取率を重視している。調査結果は全体結果に併せて年齢や職業属性、地域などの詳細項目もあり、朝夕の通勤時間帯はドライバー、夜間〜深夜帯は学生などターゲットを絞った調査結果を用いてスポンサー企業であるクライアントへ営業活動が行われる場合が多い。個人毎の年代・職業属性を生かした料率算出が、個人聴取率の特徴でテレビの世帯視聴率との相違点である。各ラジオ局の番組表にはCM料金区分が併記されている場合もあり、スポンサー[18]と各局営業部門がCM料金の交渉時にCM料金が書かれた番組表が使われている[19]。スポットCMの放送時刻を記載するためのCM放送時刻表[20]を用意している局も多く、一般聴取者用と業務用で2種類の番組表を作成している局もある。単発特番の場合は割増料金が適用されるが割増・加算率は局により異なる。

プロ野球中継は人気番組として聴取者数も多く複数スポンサーの共同提供が多く、CM料金や放送が通常の番組・料金設定と異なり各スポンサーのCMが均等回数放送できるように運用される。プロ野球中継を実施する殆どのAMラジオ局で放送される、JRNNRNのナイター中継(HBCSTVTBCCBCSFMBSABCRCCRKBKBCの地元球団重視中継も含む)は1曜日6社の提供を想定し、試合開始前に各社1回ずつ・試合中8回ウラ終了までの各イニング終了毎に1回3社ずつ・試合終了後に各社1回ずつの、1日各社全10回の均等放送を図っており、各放送局は自社営業によるスポンサーやJRN・NRNの全国ネットスポンサーのCMを組み合わせて放送を行う[21]。イニング中の選手交代時間もCM放送時間として充てられるため実際のCM放送回数は11回以上となることが多く、局によっては9回ウラ以降の試合延長部分も含めてその日のスポンサーへのサービスとしてCMの均等放送を実施する場合もある[22]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ラジオの聴取率も「視聴率」称される。
  2. ^ 全国統一条件だが単独調査(特にFM)の場合は異なる場合もある。
  3. ^ AM局に多くFM局でもある。
  4. ^ プロ野球中継では野球解説者
  5. ^ 2009年までナイターシーズンの4月、6月、8月は2週間実施。
  6. ^ 以前は6と12月や、2週間連続実施の時期もある。
  7. ^ HBCラジオ聴取率速報〜2012冬の聴取率調査結果
  8. ^ 15〜49才男女聴取率No.1 「札幌地区ラジオ聴取状況4局共同調査」2012年12月調査
  9. ^ 2012年11月15日 HBCファイターズナイター 日本シリーズ スペシャル「radiko.jp(ラジコ)STREAM数(=聴取回数)」同時間帯1位を獲得!!
  10. ^ HBC北海道放送プレスリリース2014年より
  11. ^ 『ラジオパラダイス』1990年8月号p45によれば、1990年4月の調査でニッポン放送が49回連続首位である。
  12. ^ CBCラジオ、聴取率総合1位!ワイド番組ランキングでは1〜3位独占!!CBC、2010年7月26日
  13. ^ 2011年4月度中京圏ラジオ聴取率調査速報東海ラジオ、2011年5月26日
  14. ^ 聴取率調査エフエム愛知
  15. ^ 「日刊合同通信」2009年11月19日、「放送ジャーナル」2009年11月24日。
  16. ^ ABCミュージックパラダイス』の終了で、MBSラジオ「MBSうたぐみ Smile×Songs」、JFN系列局のFM大阪『SCHOOL OF LOCK!』等に若年のリスナーを奪われた事が最大の理由とされる。
  17. ^ 「日刊合同通信」2010年1月21日
  18. ^ 実際には広告代理店が仲介するケースが多い。
  19. ^ 掲載は基本料金のみで、消費税、CM・番組制作費、BGMを使用する場合の著作権料、複数局ネットに伴う回線使用料等は別途発生
  20. ^ スポットテーブル
  21. ^ 各スポンサーからの出稿料金に応じて、CM放送回数の増減配分も行われる
  22. ^ 文化放送の平日ナイター中継『文化放送ライオンズナイター』は、イニング終了毎のCM放送ではない事と、通常ナイター非実施である月曜日に放送の『岩本勉のまいどスポーツ』の時間を含めて、CMの均等回数放送を実施するため、本項で説明したものとは運用が異なる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]