ニッポン放送開局60周年記念 ラジオで聴いた「忘れられぬミュージック」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニッポン放送開局60周年記念
ラジオで聴いた「忘れられぬミュージック」
ジャンル トーク番組
放送方式 生放送
放送期間 2014年7月15日
放送時間 8:00 - 17:30
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 上柳昌彦
出演 東島衣里
出演者欄参照
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
ニッポン放送開局60周年記念
電話リクエスト!あなたがラジオで聴いた忘れられぬミュージック
ジャンル リクエスト番組
放送方式 生放送
放送期間 2014年8月25日
放送時間 18:00 - 21:50
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 上柳昌彦
出演 東島衣里
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ニッポン放送開局60周年記念 ラジオで聴いた「忘れられぬミュージック」(ニッポンほうそうかいきょくろくじっしゅうねんきねん ラジオできいた「わすれられぬみゅーじっく」)はニッポン放送が2014年7月15日に放送された特別番組。また、2部構成となっているニッポン放送開局60周年記念 電話リクエスト!あなたがラジオで聴いた忘れられぬミュージック(ニッポンほうそうかいきょくろくじっしゅうねんきねん でんわりくえすと!あなたがらじおできいたわすれられぬみゅーじっく)についても記述する。

概要[編集]

忘れられぬミュージック[編集]

ニッポン放送は5年周期で開局記念特別番組を編成しており、7月8日の社長定例会見にて、同年7月15日が開局60周年の開局記念日に当たるこの日に特別番組を編成する事を発表[1][2]

番組構成は、過去ニッポン放送の番組に出演して来たタレント達に当時を振り返った想い出や、リスナーから当時聴いた「ニッポン放送で放送された音楽の想い出」を募りつつ、楽曲リクエストを受付て番組中に流す構成となった。また、過去のニッポン放送開局記念番組と比較し、当該番組は夕方で打切りとなり、夜帯迄は食い込まなかった時間編成となった。

電話リクエスト!あなたがラジオで聴いた忘れられぬミュージック[編集]

『忘れられぬミュージック』放送の1か月後である、『ショウアップナイター』未編成の同年8月25日、レギュラー番組で編成されなくなった、電リクを復活させた特別番組で、出演者は『忘れられぬミュージック』と同一出演者である。

忘れられぬミュージック
ゆず / ももいろクローバーZ / back number / 大原櫻子 & 松任谷由実シングル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 松任谷由実(作詞・作曲)
寺岡呼人(作詞)
ゆず(作詞)
桜井和寿(作詞)
プロデュース 寺岡呼人
チャート最高順位
ゆず / ももいろクローバーZ / back number / 大原櫻子 & 松任谷由実 年表
忘れられぬミュージック
2014年
-
ゆず 年表
ヒカレ
(2014年)
忘れられぬミュージック
(2014年)
夜霧の伊勢佐木町〜愛の真世界編〜
(2014年)
ももいろクローバーZ 年表
泣いてもいいんだよ
(2014年)
忘れられぬミュージック
(2014年)
MOON PRIDE
(2014年)
back number 年表
繋いだ手から
(2014年)
忘れられぬミュージック
(2014年)
ヒロイン
2015年
大原櫻子 年表
頑張ったっていいんじゃない
(2014年)
忘れられぬミュージック
(2014年)
サンキュー。
(2014年)
松任谷由実 年表
恋をリリース
2012年
忘れられぬミュージック
(2014年)
テンプレートを表示

記念ソング[編集]

2013年、ニッポン放送が松任谷由実に対して、1989年に制作された「Valentine's Radio」に次ぐ、ラジオをテーマにした楽曲として開局60周年記念ソングの制作をオファーした。結果、松任谷 は同局のオファーを受諾[3]

2007年7月、Golden Circleでサプライズで演奏された楽曲、「ミュージック」のカバーとして、当該楽曲を書下ろし、「忘れられぬミュージック」として提案。同局で番組を受持った経験のある3世代に分かれた所縁のアーティストとして、ゆずももいろクローバーZback number大原櫻子が集まり、当該特番にて初めて楽曲を解禁し[3]レコチョクでの配信限定でリリースする事を発表。

しかし、当該番組放送以後、多くのリスナーから、「この曲をライブで聴いてみたい」といった問合せが殺到し、結果、同年11月28日に「オールナイトニッポンRadio Live 忘れられぬミュージック」として、ライブイベントを開催する事を急遽決定[4][5][注 1]

このイベントがアーティスト全員が集まって歌唱する最初で最後のライブとなった。また、当該イベントで販売されたパンフレットにこの楽曲とインストルメンタルが入ったCDが付属し、初のCD化がされた。また、イベントの模様を『オールナイトニッポンGOLD 忘れられぬミュージックスペシャル』として、同年12月19日にオンエアされた[6][7]

出演者[編集]

全員ニッポン放送アナウンサー

メインパーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

リポーター[編集]

  • 飯田浩司(『忘れられぬミュージック』15時台のみ)

タイムテーブル[編集]

ニッポン放送が若かった頃[編集]

8時台
オープニング、「忘れられぬミュージック」初オンエア

ゲスト[編集]

歌謡曲・フォークの時代[編集]

9、10時台

ゲスト[編集]

ニッポン放送の1980年代・90年代[編集]

11時台

ゲスト[編集]

笑いとリズム[編集]

12時台

ゲスト[編集]

アイドルとラジオ[編集]

13時台

ゲスト[編集]

伝説のDJ[編集]

14時台

ゲスト[編集]

Next Stage With You[編集]

15時台

ゲスト[編集]

僕たち ラジオLOVE[編集]

16時台

ゲスト[編集]

忘れられぬミュージック〜エンディング[編集]

17時台

ゲスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ イベントの進行は『ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo』を受持っている、吉田尚記が担当
  2. ^ 当該番組に出演する為、10年振りに糖業会館・ニッポン放送本社を来訪時、同局と仲違いするキッカケとなったディレクターであった、当時:同局経営幹部とニアミスし、再び同局へ出入りしない事を自身のラジオで吐露した

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]