電リク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

電リク(でんリク)とは、放送番組において聴取者視聴者電話を架電し、楽曲等の放送を求める企画で「電話リクエスト」の略。

概要[編集]

日本の放送局では1952年12月24日に、ラジオ関西クリスマス特番である『クリスマス・テレホンリクエスト』として電リクを実施したのが最初と言われており、当日リクエストが2000件舞い込み、企画が成功した事で、ラジオ関西は翌年から深夜番組で電話リクエスト番組をスタートさせた[1] 。以後、他局も追随する事となる。

リクエストの受付の流れは、ラジオ局に架電すると電話オペレータに繋がり、リスナーの個人情報とリクエスト楽曲や番組に対するメッセージの問いに応答し、受付を完了させるシステムである[2]。また、放送尺の都合でオペレーターからサブルームにいるスタッフへメッセージを届ける時間を考慮し、電話受付時間が設定されている。

しかし、2010年台以降オペレーターの人員確保の経費や番組制作費の兼ね合いや、携帯電話の普及率向上やインターネットサービス加入者の増加により、電子メールでのリスナーメッセージ投稿の割合が高くなった結果、電話リクエストを実施する番組は極少数となった[3][4]

2018年4月時点で、ラジオ局では全時間帯にて音楽番組を編成しているが、リスナーメッセージ募集も電子メールやSNSで募る事が多いため、電話リクエスト形式をレギュラーで採用されていない。稀に特別番組として電話リクエスト番組を編成するケースは存在している[5]

放送番組[編集]

現在[編集]

AM局[編集]

過去[編集]

AM局[編集]

FM局[編集]

など

テレビ

など

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]