白金の夜明け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
白金の夜明け
ももいろクローバーZスタジオ・アルバム
リリース
時間
レーベル EVIL LINE RECORDS
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン[1]
  • デイリー1位(オリコン)[2]
  • 2016年度年間41位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • ももいろクローバーZ 年表
    5TH DIMENSION
    (2013年)

    【コンピレーション】
    入口のない出口
    (2013年)
    AMARANTHUS
    &
    白金の夜明け
    (2016年)
    MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM「桃も十、番茶も出花」
    (2018年)
    テンプレートを表示

    白金の夜明け』(はっきんのよあけ)は 2016年2月17日に発売された、ももいろクローバーZの4thアルバム(3rdアルバムと同時発売)。

    音楽業界では珍しい、オリジナルフルアルバムの2作同時リリースという試みが行われ〝生と死とファンタジー〟をテーマに計20曲もの新曲が含まれる[3]。本作はその2枚目にあたる。

    両アルバムはオリコンランキングで1位と2位を独占。自身2度目の達成であり、女性アーティストとしては初の快挙となった[1][4]。日本レコード協会・ゴールドディスク認定(累計出荷10万枚以上25万枚未満)[5]

    アルバムの世界観を再現するため、グループ初の全国ドームツアー『MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”』を行った。

    両アルバムの世界観[編集]

    起きて見る夢がテーマで、人の一生を扱う。生演奏の比重が高く、リアルな人生を表現。
    • 4thアルバム『白金の夜明け』(本作)
    寝て見る夢がテーマで、ファンタジーを扱う。打ち込みの比重が高く、妄想世界を表現。

    本アルバムの概要[編集]

    専門評論家によるレビュー
    レビュー・スコア
    出典評価
    ミュージックマガジン』(原田和典)9/10stars
    (同氏の平均評点は7.05)[6]
    Billboard JAPAN(杉岡祐樹)肯定的[7]

    『白金の夜明け』は、時間軸を超えたパラレルワールドやファンタジーを描いたアルバム。メンバーの玉井詩織は「現実ではあり得ないような世界観だけど、どこか現実と通じるものもある」としている[8]

    タイトルの「白金=プラチナ」は、決してさびないものの象徴であり、5人で末永く続くグループへの幕開けとしての意味合いがある。

    収録曲の作家陣は、ORANGE RANGEのNAOTO、ヒップホップ集団KING OF DIGGIN' PRODUCTIONを率いるMURO、米国ロックバンドのKISSなど幅広く、アルバム最後のトラックは、シンガーソングライターとしてのキャリアもある、KinKi Kids堂本剛による作詞作曲で、ジャニーズ事務所所属タレント以外への提供は、これが初めて[9]

    アルバム発売前には、ももいろクローバーZと縁のある著名人達が、本作の収録曲を試聴している様子を視聴することが出来る「試聴×視聴ビデオ」が公開された。

    収録曲[編集]

    映像外部リンク

    マホロバケーション - YouTube

    監督は田辺秀伸

    白金の夜明け - YouTube

    ドキュメンタリー・ミュージックビデオであり、早見あかりが在籍していたころの映像も使われている。
    1. 個のA、始まりのZ -prologue-
      作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:NARASAKI
      • 3rdアルバム『AMARANTHUS』からのつながりをイメージして作られ、「HAPPY Re:BIRTHDAY」のメロディが引用されている。
    2. 桃源郷(とうげんきょう)
      作詞:森由里子 / 作曲・編曲:NARASAKI
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • 桃源郷とは理想の世界を意味する。
    3. 白金の夜明け(はっきんのよあけ)
      作詞:前田たかひろ / 作曲・編曲:横山克
      歌詞・動画 - 歌ネット
    4. マホロバケーション
      作詞:六ツ見純代 / 作曲・編曲:invisible manners
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • 本アルバムのリード曲
      • タイトルは造語で「マホロバ(素晴らしい場所)での休暇」という意味。作詞の六ツ見純代は、「きっとファンの方にとってももクロちゃんのライブはそういう場所であろうという発想から」だとしている[10]
    5. 夢の浮世に咲いてみな
      作詞:岩里祐穂 & ポール・スタンレー / 作曲:ポール・スタンレー & グレッグ・コリンズ / 編曲:KISS & グレッグ・コリンズ
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • 13thシングル
    6. ROCK THE BOAT(ロック ザ ボート)
      作詞:岩里祐穂 / 作曲・編曲:ニコール・モリエ & グレッグ・カースティン
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • ブリトニー・スピアーズが"Dangerous"というタイトルで歌う予定であった楽曲を、デモ段階で制作を保留してもらい譲り受けた経緯がある。
      • 作曲のグレッグ・カースティンはグラミー賞受賞作家であり[11]、2015年に手がけたアデルの"Hello"は世界的ヒット曲になった。
      • タイトルは「波乱を起こす」という意味。
    7. 希望の向こうへ(きぼうのむこうへ)
      作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:佐藤晃
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • 高城れにをフィーチャーした楽曲で、ソロコンサートで発した「私からみんなを手放したりはしない」というメッセージが歌詞に反映されている。
    8. カントリーローズ -時の旅人-(カントリーローズ ときのたびびと)
      作詞・作曲・編曲:NAOTO
      歌詞・動画 - 歌ネット
    9. イマジネーション
      作詞・作曲・編曲:清竜人
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • もう1枚の『AMARANTHUS』でも清竜人の提供曲が9曲目となっており、両アルバムを繋ぐ役割となっている。
    10. MOON PRIDE
      作詞・作曲・編曲:Revo
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • 12thシングル
    11. 『Z』の誓い
      作詞:森雪之丞 / 作曲:NARASAKI / 編曲:NARASAKI・ゆよゆっぺ
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • 15thシングル
    12. 愛を継ぐもの(あいをつぐもの)
      作詞・作曲:前山田健一 / 編曲:Tom-H@ck
      歌詞・動画 - 歌ネット
    13. もっ黒ニナル果て(もっくろになるはて)
      作詞:MUROBOO / 作曲・編曲:MURO・SUI
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • 「もっ黒」とは「ももクロとモノノフの一体感が最高潮になった状態」を指す[12]。元ネタは、作曲を手掛けたMUROのシングル『THE VINYL ATHLETES』のサブタイトル「真ッ黒ニナル果テ」である(レコードを扱う手のひらが汚れて真っ黒になることを表現していた)。
    14. 桃色空(ピンクゾラ)
      作詞・作曲:堂本剛 / 編曲:堂本剛・十川ともじ
      歌詞・動画 - 歌ネット
      • 音楽番組などで度々共演している縁から、堂本剛が声をかけたことがきっかけとなり、事務所の垣根を越えた楽曲提供が実現した。野外ライブなどで、空がピンク色になる時間帯に5人が歌っている姿を思い浮かべて書き下ろした曲。2枚のアルバムを締めくくる曲ということで、両作品のテーマである「命」と「夢」を描いている。ギター演奏でも参加、レコーディングの際にはメンバーへのディレクションも行っている。
      • それまでの持ち歌になかったソウル・バラードであるとメンバーは述べている[13]

    Blu-ray(初回盤のみ)[編集]

    1. マホロバケーション(ミュージックビデオ
    2. 白金の夜明け(ドキュメンタリー ミュージックビデオ
    3. Documentary of "白金の夜明け"

    参加ミュージシャン[編集]

    [ ]は演奏時間

    個のA、始まりのZ -prologue- [2:32]

    桃源郷 [4:42]

    • All Instruments:NARASAKI

    白金の夜明け [6:08]

    マホロバケーション [4:29]

    夢の浮世に咲いてみな [4:40]

    ROCK THE BOAT [3:05]

    希望の向こうへ [5:16]

    カントリーローズ -時の旅人- [5:29]

    • Bass & Guitar & Programming:NAOTO

    イマジネーション [4:40]

    MOON PRIDE [3:42]

    『Z』の誓い [4:49]

    愛を継ぐもの [4:06]

    • Guitar & All Programming:Tom-H@ck
    • Chorus:木村綺羅羅
    • Strings:小寺里奈ストリングス
    • Strings Arrange:Tom-H@ck、戸田有里子

    もっ黒ニナル果て [4:06]

    • Programming:MURO、SUI

    桃色空 [5:38]

    出典[編集]

    1. ^ a b 【オリコン】ももクロ同発アルバム1・2位独占 史上初の快挙も達成「なんとっ!!」”. オリコン. 2016年2月23日閲覧。
    2. ^ 2016年02月16日のCDアルバムデイリーランキング(2016年02月16日付)”. オリコン. 2016年2月17日閲覧。
    3. ^ プロローグ2曲と、ヤンキースタジアム限定で田中将大の登場曲として流れていた「勝手に君に」をカウントした場合は23曲
    4. ^ 両作ともオリジナルのアルバムでの達成は、男性アーティストも含めて初である。
    5. ^ 一般社団法人 日本レコード協会|各種統計”. RIAJ. 2018年9月27日閲覧。
    6. ^ 『ミュージックマガジン』2016年3月号 pp.161-162
    7. ^ ももいろクローバーZ「白金の夜明け」”. Billboard JAPAN (2016年). 2016年2月23日閲覧。
    8. ^ TOKYO FM『ももいろクローバーZのSUZUKI ハッピー・クローバー!』(2016年1月31日放送)
    9. ^ ももクロ新作にやくしまるえつこ&堂本剛が楽曲提供”. 音楽ナタリー. 2016年1月13日閲覧。
    10. ^ iTunesでアルバム「白金の夜明け」「AMARANTHUS」120カ国へ配信されてます!”. 公式blog. 2016年3月8日閲覧。
    11. ^ プロデュースに関わったケリー・クラークソンのアルバム『Stronger』で、2013年のGrammy Award for Best Pop Vocal Albumを受賞
    12. ^ テレビ埼玉『HOT WAVE』(2015年12月30日放送)にてメンバーから解説があった。作詞を担当したBOOによるツイートも参照。
    13. ^ 『ミュージックマガジン』2016年3月号

    外部リンク[編集]