ポール・スタンレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・スタンレー
Paul Stanley
W0868-Hellfest2013 Kiss PaulStanley 69963.JPG
2013年
基本情報
出生名 Stanley Bert Eisen
出生 1952年1月20日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク マンハッタン
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 シンガーソングライター
担当楽器
ギター
活動期間 1970年 -
レーベル New Door Records
共同作業者 キッス
公式サイト PAULSTANLEY.com
著名使用楽器
ワッシュバーン

ポール・スタンレー(Paul Stanley)の芸名で知られるスタンレー・バート・アイゼン(Stanley Bert Eisen、1952年1月20日 - )は、アメリカロックミュージシャンギタリストシンガー作曲家プロデューサー画家。身長180cm。

ロックバンドキッスの創設メンバーでグループの中心人物である。リズムギターボーカルを担当し、グループのヒット曲の多くを作詞・作曲している。

経歴[編集]

1952年1月20日、マンハッタンユダヤ系の家庭に生まれ、8歳のときにクイーンズに移り住んだ。幼い頃よりロックに夢中になる。

最初にバンドを始めた小学生時代から Uncle Joe、Post War Baby Boom、Tree などいくつかのローカルバンドで活動しており、あまり真剣とは言えないレコーディングを2回経験している。コードを弾くのが好きで早くから作曲を始め、歌いながらギターを弾くため最初からリズムギターを志向しており、リードギタリストになりたいと考えたことは1度も無かった。

1970年、商業デザイナーになるため通っていた、ニューヨークのハイスクール・オブ・ミュージック&アートを卒業。アートカレッジに進むも美術に興味を失っていたため1週間で自主退学し、同年、旧知のジーン・シモンズのバンドウィキッド・レスターen:Wicked Lester)に加入。

1972年、アルバムを1枚作成するも、レコード契約は得られずウィキッド・レスターは維持が困難になり崩壊。ジーンと2人で新しいバンドを作ろうとする。

1973年1月、ジーン・シモンズピーター・クリスエース・フレーリーと共にキッスを結成。21歳になってすぐの1月30日にキッスとして初のライブを行う。 昼間はタクシー運転手やサンドウィッチ店のバイト、夜はバンドで練習やライブという生活を続け、ライブ中に過労で倒れたこともあるが、キッスが正式にマネージメント契約を得てからは仕事を辞めてバンドに専念した。

1974年2月、ファーストアルバムKISSを発表。

キッスでは白地に右目の周りだけ大きな黒い星をあしらい、真紅の唇が印象的なペイントを施して、The Starchildなるキャラクターに扮する。 ステージではフロントマンとしてリードヴォーカル、バックヴォーカル、ギター、ほとんどのMCを担当し、今日までバンドの看板として活躍している。 一部の曲ではリードギターを入れ替わりで担当する事もある。 ステージでは様々なギターを使うが、有名なのはアイバニーズ・アイスマンで、フライングVエクスプローラーも使用する。

(以降キッスでの活動についてはキッスの項を参照)

ソロ活動[編集]

1974年にデビューして以来、その長いキャリアのほとんどをキッスでの活動に充て、それ以外での主だった活動は非常に少ないが、時に興味を持ったバンドのプロデュースをしたり、共同作曲者関連のアルバムに曲を提供したりしている。

1979年、ニューイングランドNew Englandというバンドのアルバム「NEW ENGLAND」のプロデューサーを務めた。

1989年ボブ・キューリックエリック・シンガーらを帯同して初のソロ・ツアーを敢行。この時の縁が元で、後にキッスのドラマーエリック・カーが亡くなった時、後任にシンガーが加入した。

同年、ウェス・クレイヴン監督のホラー映画「ショッカー」のサウンドトラックに収められたタイトルトラックにThe Dudes Of Wrathと名付けられたオールスター・バンドの一員として参加。 長年の共同作曲者デズモンド・チャイルドと共にリードボーカルを担当した。

1999年、5月31日 - 8月1日と9月28日 - 10月31日の期間、ミュージカル「オペラ座の怪人」(トロント版)にファントム役で出演。ロンドンで初めて公演を見て以来どうしても演じてみたいと切望していた役であり、オーディションを受けてキャストに選ばれた。

2006年10月、ソロアルバム「リヴ・トゥ・ウィン」(Live To Win) をリリース。1978年にキッスの4人のメンバーが同時に発表したソロアルバム以来2作目のソロ作品であり、これに合わせて北米とオーストラリアではソロ・ツアーが行われた。 また、その様子を収録したライブDVD「One Live Kiss」はテリーアワード Telly Awardを受賞した。

2008年には、サラ・ブライトマンのアルバム「神々のシンフォニー」 I WILL BE WITH YOU で彼女とデュエットしている。

画家としての活動[編集]

元々ハイスクールで美術を勉強していたポールだが、2001年に離婚するまで正式に絵筆を握ることはなかった。離婚による精神的苦痛に悩んでいた時、セラピーの一環として絵を描く事を友人に薦められたのが再び描き始めるようになったきっかけである。彼の描く絵は感性を重視した非常にカラフルな抽象画が多い。

2005年4月6日、ハワイで自ら創作した絵画による初の個展を開いた。その後も定期的に個展を開いており、現在ではかなりの商業的成功を収めている(2010年度は300万ドルを売り上げた)。

私生活[編集]

アメリカ生まれのポーランド系で家具販売をしていたウィリアムを父に、ドイツベルリン生まれのエヴァを母に持ち、裕福ではないがクラシックやオペラが流れる家庭で育った。2歳上の姉がいる。

現在はビバリーヒルズ高台の、ジーン宅にも程近いトスカーナ風邸宅に家族と暮らす。 本来私生活を公表することを好まないが、家族と一緒の子煩悩ぶりが伺える映像をしばしばキャッチされている。

1992年に女優パメラ・ボウエンと結婚し、息子エヴァン・シェーン・スタンレー(1994年6月誕生)をもうけたが2001年に離婚。エヴァンを引き取って育てる。

2005年11月に弁護士エリン・サットンと再婚。2006年9月にエリンとの間の最初の子供コリン・マイケル・スタンレーが誕生、2009年1月には長女サラ・ブリアナが誕生している。また、2011年8月に、エリンとの三人目の子供になる次女エミリー・グレイスが誕生した。

その他[編集]

レベル3の小耳症 Microtiaを伴って生まれ、数度にわたる外耳形成手術を受けている。生来、右耳は聴こえない。

1999年から異なった容姿を持つ人の為のボランティア団体AboutFaceのスポークスマンを務めている。

2004年に2度の人工股関節置換手術を受けている。1度目は2004年10月のRock the Nation ツアー後に行われ、2度目は2004年12月に最初の手術の合併症によるもの。手術以前は大変な痛みをこらえながらツアーを続けていた。 左股関節の変形は長年のステージアクションによる可能性があり、将来的に3度目の手術が必要になると予想されている。

ディスコグラフィー[編集]

  • PAUL STANLEY(1978年)
  • LIVE TO WIN(2006年)
  • ONE LIVE KISS (2008年)-DVD

舞台[編集]

外部リンク[編集]