地獄のロックファイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
地獄のロックファイアー
キッススタジオ・アルバム
リリース
録音 スター・シアター(ニューヨーク
ジャンル ハードロックショック・ロック英語版
時間
レーベル カサブランカ
プロデュース エディ・クレイマー
専門評論家によるレビュー
キッス 年表
地獄の軍団
(1976)
地獄のロックファイアー
(1976)
ラヴ・ガン
(1977)
テンプレートを表示

地獄のロックファイアー』(Rock and Roll Over)は1976年キッスが発売した5枚目のスタジオ・アルバムである。

ボブ・エズリンがプロデュースを担当した前作『地獄の軍団』で新境地を開拓したキッスが、初期の3作品に通じるワイルドなロックンロールの原点に立ち返って制作した作品。出世作となった1975年の2枚組ライヴ盤『地獄の狂獣 キッス・ライヴ』を手がけたエディ・クレイマーを再度起用し、レコーディングは1976年9月、通常のスタジオではなくニューヨークの劇場スター・シアターを借り切って行われた。今作では(前作でのニューヨーク・フィルハーモニックのような)外部ミュージシャンは一切起用せず、メンバー4人のみですべてのレコーディングを行った。ビルボード・アルバム・チャート11位を記録。ダブル・プラチナ・ディスクを獲得した。

1977年のライヴ・アルバム第2弾『アライヴ2』に、本作収録曲10曲の半分に当たる5曲のライヴ・バージョンがピックアップされるなど、第1期メーク時代の代表曲を多く含む。また前作『地獄の軍団』からシングルカットされて大ヒットした「ベス」に続き、アコースティック・ギターによるバラード「ハード・ラック・ウーマン」でピーター・クリスがリードヴォーカルをとり、こちらもシングル・ヒットした。

翌1977年3月には待望の初来日公演が実現する。

オリジナルLPには、アルバムジャケットのイラストをそのまま使用したステッカーが付属していた。

収録曲[編集]

  1. いかすぜあの娘 - I Want You [3:04] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    静かで優しげなポールの弾き語りから激しく転調する。リードヴォーカルはポール。
  2. 燃える欲望 - Take Me [2:56] 作詞/作曲:ポール・スタンレー、ショーン・デラニー
    アライヴ2の選曲からは外れたが、1996年に発表されたライヴ・テイク集"You Wanted the Best You Got the Best"に、ライヴ・バージョンが収録された。リードヴォーカルはポール。
  3. 悪魔のドクター・ラヴ - Calling Dr. Love [3:44] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    アライヴ2にピックアップされたヘヴィ・ロックンロール。リードヴォーカルはジーン。ヘヴィメタル期、再結成メーク期を通じてライヴで演奏された、「雷神」とならぶジーンの代名詞。
  4. 熱きレディズ・ルーム - Ladies Room [3:27] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    こちらもアライヴ2にピックアップされた。リードヴォーカルはジーン。
  5. 激烈!ベイビー・ドライヴァー - Baby Driver [3:40] 作詞/作曲:ピーター・クリス、スタン・ペンリッジ
    ピーター・クリスがリード・ヴォーカルをとったロック・ナンバー。
  6. 愛の絶叫 - Love 'Em and Leave 'Em [3:46] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    リードヴォーカルはジーン。
  7. 情炎!ミスター・スピード - Mr. Speed [3:18] 作詞/作曲:ポール・スタンレー、ショーン・デラニー
    リードヴォーカルはポール。
  8. 悪夢の出来事 - See You in Your Dreams [2:34] 作詞/作曲:ジーン・シモンズ
    後にメンバー4人が同時にソロ・アルバムを発表した際、ジーンが自分のアルバムでこの曲をセルフカヴァーした。
  9. ハード・ラック・ウーマン - Hard Luck Woman [3:34] 作詞/作曲:ポール・スタンレー
    ポールがロッド・スチュワートに歌ってもらおうと作った曲。リード・ヴォーカルはピーター。シングル・カットされ全米15位まで上昇。
  10. 果てしなきロック・ファイヤー - Makin' Love [3:01] 作詞/作曲:ポール・スタンレー、ショーン・デラニー
    アライヴ2にピックアップされた。リードヴォーカルはポール。