アニマライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アニマライズ
Animalize
キッススタジオ・アルバム
リリース
録音 1984年6月 - 7月
ライトトラック・スタジオ(ニューヨーク
ジャンル ヘヴィメタルハードロック
時間
レーベル マーキュリー・レコード
プロデュース ポール・スタンレー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 8位(スウェーデン[1]
  • 9位(スイス[2]
  • 11位(イギリス[3]
  • 14位(オーストリア[4]、ノルウェー[5]
  • 17位(オランダ[6]
  • 20位(アメリカ[7]
  • 23位(日本[8]
  • 25位(ドイツ[9]
キッス 年表
地獄の回想
(1983)
Animalize
(1984)
アサイラム
(1985)
テンプレートを表示

『アニマライズ』(Animalize) はアメリカのバンド、キッス1984年にリリースした12枚目のオリジナル・スタジオアルバム(オリジナル・メンバー4人が1978年にリリースしたソロアルバム、およびキッス・キラーズは除く)。
前々作暗黒の神話(1982年)、前作地獄の回想(1983年)と続いたグループのヘヴィメタル路線が結実し、1984年12月12日にRIAA公認プラチナ・ディスクを獲得。1977年のアライヴ2以来の売り上げを記録した。


概要[編集]

1984年4月にヴィニー・ヴィンセントに代わってグループに加入したマーク・セント・ジョンが参加した唯一のアルバム。
サウンド面では、前作で成功した「ポップでキャッチーなヘヴィメタル」路線をさらに推し進め、シングルカットされた「ヘヴンズ・オン・ファイヤー」(Heaven's on Fire)、「スリルズ・イン・ザ・ナイト」(Thrills in the Night)といったミドルテンポのナンバーをアルバムの看板に据える一方、「アイヴ・ハッド・イナフ」(I've Had Enough (Into the Fire))、「アンダー・ザ・ガン」(Under the Gun)といったスピード・メタル・ナンバーもバランス良く配置され、全体にヘヴィな音づくりながらも非常にキャッチーなアルバムとなっている。

キッス史上初めて、ポール・スタンレーによる単独セルフ・プロデュースで制作され、サウンド面では前作『地獄の回想』や次作の『アサイラム』(Asylum)がエッジの効いた硬質のサウンドであったのに対し、本作はリッチでぶ厚いサウンドでまとめられた。
ジーンシモンズは、映画「未来警察」の撮影のため本作の制作を途中で放棄した。

マーク・セント・ジョンは本作のギター・パートとジーンがやり残していったベース・パートの一部をレコーディングし、「ヘヴンズ・オン・ファイヤー」のPVにも登場したが、本作リリースに合わせてスタートした「アニマライズツアー」直前のリハーサル中に関節炎を発症、3回のステージでプレイしたのみでグループを脱退している(後任はブルース・キューリック)。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞・作曲 Lead vocals 時間
1. 「アイヴ・ハッド・イナフ (イントゥ・ザ・ファイヤー)」 ポール・スタンレー、デズモンド・チャイルド ポール・スタンレー
2. 「ヘヴンズ・オン・ファイヤー」 スタンレー、チャイルド ポール・スタンレー
3. 「バーン・ビッチ・バーン」 ジーン・シモンズ ジーン・シモンズ
4. 「ゲット・オール・ユー・キャン・テイク」 スタンレー、ミッチ・ワイスマン スタンレー
5. 「ロンリー・イズ・ザハンター」 シモンズ シモンズ
6. 「アンダー・ザ・ガン」 スタンレー、 エリック・カー、チャイルド スタンレー
7. 「スリルズ・イン・ザ・ナイト」 スタンレー、ジョーン・ビーヴァー スタンレー
8. 「ホワイル・ザ・シティ・スリープス」 シモンズ、ワイスマン シモンズ
9. 「マーダー・イン・ハイ・ヒールズ」 シモンズ、ワイスマン シモンズ

脚注[編集]

  1. ^ swedishcharts.com - KISS - Animalize
  2. ^ KISS - Animalize - hitparade.ch
  3. ^ KISS | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
  4. ^ KISS - Animalize - austriancharts.at
  5. ^ norwegiancharts.com - KISS - Animalize
  6. ^ dutchcharts.nl - KISS - Animalize
  7. ^ Animalize - Kiss : Awards : AllMusic
  8. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.122
  9. ^ charts.de - 2014年8月19日閲覧